excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

教育

■あごひげ - 2006/11/03(Fri)

>大会当日パンフレットを早々と手に入れ、山組みを見て何回戦目で○○とあ当たる。どうしよう。勝ちあがれないかも!?そんな声をあちこちで聞きます。

そうそうおバカな親たちってそうです。子供以上に相手を知り尽くし各学年ごとにどの道場のどの子がどれくらいのレベルかを的確に把握していますね。特に茶帯黒帯になり期待されるようになると子供そっちのけで親も熱くなりやすい。子供が一試合終わるたびに一喜一憂しドキドキハラハラし、帰ってくるとところ構わず誰が回りにいようと関係なく我が子を指導しています。まあ、道場によっては、『親もビデオで勉強し子供に教えてください』、『親も一緒に指導してください』、と普段の稽古でも親たちが道場内に正座あるいは腰掛けて稽古中も熱心に声を掛けているんなそうですが(当方のクレージーな地域ですが)。ビデオ見て試合をたくさん見ていっぱい出稽古もして親たちは目も肥えて口だけは達者になっていくんですわー。
わたしはこういう親たち嫌いなので、稽古の見学を禁止にしています。稽古中に帯がほどけむようと立ち方が悪かろうと一切声がけは禁止、余計な声を出そうものなら親を叱ります。迎えに10分前に来ます。親は見ていれば指導者が何を言いたいかは子供たち以上にすぐ分かる、それで声を掛けたくなる、あるいは親同士で稽古中にも関わらず稽古以上に大きな声で雑談したくなる・・・、こういう場合、『親、ウルサイー!!!』と大声を出し、一喝します。親も親、入門はますます低年齢化し、さっきまで高校生だったような親たちも増えていますから、親の躾もこちらにとっては必要不可欠となります。
ということで、親でもあるけれどもきちんと稽古し努力し指導員となり、かつ、その指導方針であれば問題ないし素晴らしいです。子供だって納得の良きパートナーにうつっているでしょうね。親子鷹、がんばってください。。

■まっちゃん - 2006/11/02(Thu) 23:32 No.20

>これはこれは身に覚えがある。だって気になるんだもの。ここは、昔の親も今の親も気になるところだし・・ここを見逃すと・・子供はだらける。成績なんていいじゃないか~っと言われるかもしれませんが、いや!そんなことはない。良いに越したことはない。

全面的に悪いというのではないのです。比較する対象が問題だと思います。
身近な○○ちゃんが比較対称だと、あまりにもリアルで子の心が荒みます。
親だって叱りが怒りになり、躾から有る意味のいじめに変わります。

自分の場合で空手に例えてみます。私は人並み以上に日本一を息子達と目指して来ました。そして進行形です。しかし少し考え方が違います。
殆どの父母は、大会当日パンフレットを早々と手に入れ、山組みを見て何回戦目で○○とあ当たる。どうしよう。勝ちあがれないかも!?そんな声をあちこちで聞きます。今更なにをじたばた・・・・・と何時も思います。何の偶然性を求めて参戦してきているのでしょうか?私は大会会場で一番にサブアリーナ(練習会場)に出向きその日の選手のレベルを見ます。上位半分以上は大概試合前に稽古してアップしてますよね。そして概略で自分の息子の相対的なレベルを図ります。今日のレベルの大会なら良いところベスト8だと思うとそれをその日の基準値として決めます。それに対しての結果でアドバイスや時には、叱り、褒め言葉を付け加えます。そして良くも悪くも次への課題を必ず与えます。子供もこの方法(論理)だと納得します。
これは比較相手は何時もの息子自信の実力が相手です。他人の○○選手でも、友達の◇◇ちゃんではないのです。10の力しか無い子が突然試合会場で15の力出せません。勉強も同じ。普段の学力以上の力は出せません。
レベルを上げるのは、地道な普段の稽古(勉強)だと思います。
本当の日本一を目指すのは、普段の稽古中が中心です。それを大会会場で披露するだけです。
皆さん、大会会場や、試験会場でのミラクルを期待しすぎていませんか?
これが私の考え方です。大したレベルではないですが、自分の息子達は幼稚園の時に描いた思惑通りに進んでくれています。
大きな目標を目指して、小さな目の前の出来事にはあまり気を取られない。そんな感じで我ら親子は生きてます。
若奥様子育て、苦しんで、楽しんで下さい。自分の子供です。異質な考え方かもしれませんが参考にしてみてください。

やっぱり「若奥様」は先生の奥様ではないでしょうか?時間が証拠です。ふすま越しに送信ボタンを押すタイミング見ていてたのです。多分!!なんちゃって!

■ チョーびつくり!!! あごひげ - 2006/11/01(Wed) 23:46 No.19

>空手に期待するものは精神的なところとなりますよね。

みんなそうあってほしいのです。が、最初はそういう氣持ちで入っても人間ていつも変わるんですね。館長応援します、と言いいろいろ世話役で手伝ってくれていた人があるとき豹変するときがある。信頼していた人に裏切られた感覚かな。人間だからお互いの環境とか置かれた立場って違うから考えも随時変わってはいいと思うけど、でも最終的にはみんなのためにではなく、我が子、、というよりも自己主張のためにそういう役職についていたかったのかー、て役員を改選したときのことですがそう思いました。
だからなおさら『主人公は子供たち』を掲げて、大人の世界のごちゃごちやを極力排除しないと変な方向に行ったりするので要注意と思っています。このことは形は違っても空手の組織の問題であったり、政治家の世界でも似たようなことはたくさんあるのでしょうね。

>>・他人の成績と自分の子供の成績を比べて、必要以上に気にする親
>これはこれは身に覚えがある。だって気になるんだもの。

そうね、たしかに言われてみればある程度はそれで正常かもしれないですね。でもその延長で、ひどいときは親同士が名前を呼び捨てにしたり、あるいは私にいちいち相手側のことをチクったり・・ということもありました。子供自身がライバルとして認定し頑張るのはいいけれど、親が子供以上に親同士、相手の親を意識した言動ってのはいかがなものか、と思うわけです。子供にとっても必要以上、というか訳の分からないプレッシャーを掛けることで子供たちは空手を嫌いになっていいくわけです。

>そんな事なんて大した事でもないというか、。生活上どうでもいいというか。
そう、ここにみんな早く辿りついてくれればもっと大きな目で我が子を見られるわけですね。
若奥様はもうそういう心境のねんだいでしょうか・・・、おーっと禁句でした。

■若奥様 - 2006/11/01(Wed) 22:55 No.18

『若奥様』の響きに喰らい付いてくれて・・ありがとう。
館長様へ
>あなたはとても真面目な若奥様ですね
そりゃ、自分の事ならまだしも我が子の事となるならば、真面目に考えますよね。それは、当たり前のことだし親の責任でもあるし。
サッカーならば、中田とか中村とか、野球ならば・・イチローとか松井だとか、そういうなんてんですか・・ど素人な親でも現実追いかける追い駆けさせてみたい夢って存在すると思うんですけど、空手って・・ど素人には、そういう存在に値するヒーローって知らないんですよ。極真でしたか?あの、ほれっ・・熊を倒したとかいう大山?なんとか?くらいしか・・分からない。『熊を倒せる人間に!』っと、親が期待をするのもちょっと無理もあるし、やっぱり・・空手に期待するものは精神的なところとなりますよね。
そういう期待感は、私だけでなく誰でもあるんじゃないですかね。

まっちゃん様
どうもこんばんは、はじめまして『若奥様』です。
本来の意図・・私が伝えたかったことはそこにあります。気付いてくれてありがとうございます。
勘違いする親・・
これですね、、あ~私も引っ掛かるとこありますね~。空手といわずとも
・他人の成績と自分の子供の成績を比べて、必要以上に気にする親
これはこれは身に覚えがある。だって気になるんだもの。ここは、昔の親も今の親も気になるところだし・・ここを見逃すと・・子供はだらける。成績なんていいじゃないか~っと言われるかもしれませんが、いや!そんなことはない。良いに越したことはない。
っとは言っても上に書いたように、
>大人になって仕事して結婚して子供育てて、そんな事なんて大した事でもないというか、。生活上どうでもいいというか。
ここにたどり着いてしまうんですけどね。へへ。
すみません、私は館長の奥様ではないです。


■あごひげ - 2006/11/01(Wed) 22:55 No.17

>失礼というか!全くその通りというか!よく言い当てた!というか・・・・もしかして先生の奥様が別の部屋からペンネーム「若奥様で」投稿しているのでは?

笑ったー!面白いね掲示板て。顔が見えない。で、若奥様・・という響きにあごひげ同様に関東のまっちゃんだ。うちの愛妻は 若奥様10/31(Tue) 00:24 こんな時間にはもう口をあんぐりでブ○ネしてますよ。化粧すると若く見えるけど夜は化粧を取って寝てるから怖い、、見ないようにしてます。。

イジメられ・・については、、これは人生の空手版だと思ってるんで、あるときは押されるけれどもあるときは押し返す、あるときは中段にもぐって一発いいのを当ててやる。まだ試合は始まったばかりなんでフットワーク使って逃げる振りしてるだけですよ。あごひげは常に学習し成長してるので大丈夫です。。

それにしてもその勘違いする親、面白いっすね。そのまんまです。どこに行っても同じような勘違い親はいるってことです。

みんなあるね、面白いこれ↓
・形振り構わず「日本一になることだけを目的」とし、空手の下手な子供を馬鹿にする親
  →いるね。何様になったつもりか!!
・小さい子供に決定権をやたら与え、「あなたが自分で決めたことでしょう!」とやたら切れる親
→いるね。小さい子には威張っていても子供が大きくなったらどう変わるかだ。
・自分の子供が大会で優勝すると、親も子も他の人より偉くなった気がする親
  →たくさん見てきた。まさに勘違い親のお手本です。何を勘違いしたか指導の範疇にも入りたくなるようで・・。
・他人の成績と自分の子供の成績を比べて、必要以上に気にする親
  →あるある。自尊心が高いのか、脳ミソが半分なのか、居ますねこういう親。
・大会において子供の敗退に切れる親
  →子供が負けると笑顔がなくなりしゃべらなくなる。世話人の立場も忘れてしまう。

まあ、今度はいい親のことも書きたいですね。


■ (割り込み) まっちゃん - 2006/11/01(Wed) 14:37 No.16

投稿者の「若奥様」の響きに つぅい 誘われて!!
>大人になって仕事して結婚して子供育てて、そんな事なんて大した事でもないというか、。生活上どうでもいいというか。
大事なのは、ここですねぇ~!この一行に思う事が有ったので書きます。(本来の若奥様さんの意図からは外れてるかなぁ?!)

空手界、勘違いする親
・形振り構わず「日本一になることだけを目的」とし、空手の下手な子供を馬鹿にする親
・小さい子供に決定権をやたら与え、「あなたが自分で決めたことでしょう!」とやたら切れる親
・自分の子供が大会で優勝すると、親も子も他の人より偉くなった気がする親
・他人の成績と自分の子供の成績を比べて、必要以上に気にする親
・大会において子供の敗退に切れる親
自分の子供をどうしたいのか?
空手の道場で何を期待しているのか?
自分の子供は、ディープインパクトでは無い。
勝つことだけが目的ではない。最終的には空手で頂点を目指して、その苦労の中で人間性を磨く!!だと思うのですが・・・・・

それにしても、「イジメられ上手な館長」ですか。。。。。。。失礼というか!全くその通りというか!よく言い当てた!というか・・・・もしかして先生の奥様が別の部屋からペンネーム「若奥様で」投稿しているのでは?


■最後の言葉、笑ったー!!! あごひげ - 2006/10/31(Tue)
a0068770_1785246.gif
>イジメられ上手な館長はどう思います?。

あのー、私の場合はイジめられることでエネルギーがどこからともなく入って来て、、、ちっくしょー~~って芸能人がいたけどあんな感じかなあ。結果として自分が頑張っていられる大きな力になっているのですからイジメしてくれる人ありがたいし、大好きですね。。

と皮肉はさておいて、
たしかに、
>TVで「そんな事で死ぬな!」というコメントが少ないのが残念だと思いませんか?

すみません。テレビ全然見てないけど、最近毎日のように、イジメ自殺とか、長期に軟禁したとか、母が子供を、子供が親をてな感じではもう麻痺してます。昔、たしか、ニューヨークの裏側って殺人レイプがひんぱんの世界、そんな感じって聞いたことあるけど、つまりは日本人の意識レベルももう教育もくそも、自分達の好き放題に生きていければいいーってか!!! ざけんな!!! 大和魂、武士道、日本人の誇りはどこに行ったのだ!!!

と怒って見たいけど、やはり、一番は『教育』のあり方だね。新聞テレビでは、、阿部総理になり教育問題を一番に?取り上げていたけれど、けどけどけどさ、何とか委員会とかそういうのはすべて扉をシャットアウトして話をしているようだね。話し合いの中身が見えない、そういうのはどうなんだろうかってまず思います。世の中には・・、あごひげ館長も含めて・・子供たちの未来、教育に非常に熱心に取り組もうとしている人たちだって各職域(社員教育)にも、各団体にもたくさん居るはずです。そういう人たちを応援して行くシステム作りってのはどうなっているのかな。。何とか委員会で骨子を作るのもいいけどさ、未来をあずかる、学校の先生、スポーツ・武道界の持って生き方、それこそ、先生達の教育が先ではないかと私は思うのです。先生と言われている、子供たちの教育環境になっている私たち、そういわれている先生たちといえど結構悪いことしてるし問題になってるし、イジメの原因になってたりしてるさ。どこか、日本全体の歯車が狂ってきているんだと思うね。
どうしたらいいんだろうか、
私にできることってなんだろうか、っていつも考えてJEKも進みたい。
教えて、あなたの意見。

■続き あごひげ - 2006/11/01(Wed)
a0068770_8463011.jpg
>小梅太夫のことかしら。

名前知らない。おばちゃん風になんか女装してたように思う。あともう一人、中身は覚えてないけど、竹刀を持ってセーラー服着て観客と対話するような独り言? の芸能人いたね。芸能人の世界もだいぶ変わってきているんだねー。

>空手なり武道を習い事させるとき、親が求めるものは独特の世界観の躾であったり、強い心であったり、忍耐力を養えれば・・の精神部分への期待

あなたはとても真面目な若奥様ですね。我が道場? 他の道場? まあどっちでもいいけどそういう捉え方はすごくうれしいし、そういう親が増えてくれると有難いですね。つまり、若奥様のような考えは本当は正常だし子育てをするに必要な親心だと私は思うのですが。。どうも最近の入門状況を見るに親の信念!!は薄く子供を横目で見ながら、ときにはご機嫌を伺うようにしての入門が多くなったということ。先日ね、またまた子供に『○○くんどうするーっ?』ってしつこく子供に聞いている親がいたので、近づき、『お母さん、親がいいと思ったら親の判断で決定し道場に入れてくださいよー!!』と言ったら、逆ギレ? されてしまった、、、。『私が決めるんですかー?!』って目を丸くして言いやがるんだよね・・・。アホですかーあなたは・・!!、と思ったね。。。
だいたいはウルトラマンとか、何かカッコいいマンガの世界でも想像して空手道場にやってくる親子? なのでしょうが現実は、声出せー、返事しろー、氣合い出せーー・・が多く、大きな声で、かつ全員が揃って、異様な雰囲氣に写って唖然!とするのではないかと思う。で、子供の、『こんなはずでは・・』の顔色を伺いながら親は入門に自信をなくし? 子供にその決定結論を託すわけですな。一事が万事これからの子育てもこんな感じなのでしょうね。すると、子供が思い悩み、あるときは誰々ちゃんにシカトされたとか・・、そう子供に言われると逆上し、文句だけは学校、教育委員会に目をむき出しにして言えることは言えるんだよなーこれが。どう言うわけか我が子供にだけは弱い・・。そんな風に私は最近の親を見て思いますがいかがでしょうか。。
名誉のために言っておくと、我が道場では私(他の指導者も)がこの通り思ったことをズバズバ言うし、古い親たちもみんな修空館道場のやり方としてよく理解してくれているので『道場そのものの体質? 』にもなっており、時にはそれが方針、親たちの指針になって居るようにも思います。まあ、若奥様は(なんとなくですが・・)男氣・・のあるお方のようなのでこれからもどうぞその信念を曲げないでしっかり子育てをお願いしたいし、若い人たちの模範になってほしいですね。。。
・・と言うと、、、少し先輩に当たる若奥様かなあ・・と。

>どうやったって大人の悪いは無くならない、悪代官みたいなのはいつでもいて

そうねー。でもそういう大人も子供のときがあったよね。どこでどう悪い大人たちが増えたか、ですね。私は一番に『大元(おおもと)』が悪いと思いますよ。政治家に、行政側に、学校の先生に、お寺の住職も警察官もテレビのコメンテーターも大学教授も・・・。昔はほとんどなかった悪いことをする職域の人たちが今はテレビでは、子供たちを取り巻く環境の悪化、性犯罪、イジメ、殺人・・それ以上の量で次々に悪さが、テレビ、新聞をにぎわしています。たしかに世界全体の問題かもしれないが、でも日本は島国で平和憲法もある独立国家。他の国と違うやり方ってないのか、って思います。まずは、いろんな犯罪をいかにも誘導するようなテレビ新聞雑誌の悪辣ページの排除でしょうね、まず私が総理だったら!ズバリ指摘し関係各期間に研究委員会を急げと命令します。。。
夜遅くにテレビのチャンネルを回すと、内容がひどすぎる、昔から深夜番組と言ってね、いろいろエロいのやらあったけど、今は子供たちも夜遅くまでテレビを見ている時代になったし、コンビニにも夜遅くまで出歩いているのだから、『未成年禁止』と表示したってそんなの意味ないって・・。
大事なことは、子供を取り巻く環境作りという意識の問題だと思うよ、一番に。
だから、私たちにも大きな責任があると思うし、一人一人の親がもっと強く我が子の行く末に責任を持った生き方をしてもらいたいと思うわけです。

弁舌のときもあるというか・・、とにかくべらべら、制限時間25分で書いてしまいました。出かけます、これからも若奥様、よろしくお願いします。

教育
■若奥様 投稿日:2006/10/31(Tue)

いつぞや・・運動会の時に、走るのが遅い息子を持つ母が「私ね~、走るの遅かったのよ~私に似たのね~」とワッハワッハ我が子をみて笑ってました。
きっと、その母も子供の頃は足が遅い事がコンプレックスだったんだろうし、でも・・大人になって仕事して結婚して子供育てて、そんな事なんて大した事でもないというか、。生活上どうでもいいというか。

最近、中・高校生のイジメによると思われる自殺が連鎖していますよね。
学校が悪い・いじめが悪い、親が悪い何が悪い、勿論そうだと思います、っし、イジメにあった子にとっては耐え難い日常だったんだろうと思う。
TVで「そんな事で死ぬな!」というコメントが少ないのが残念だと思いませんか?本人にとっては「そんな事」で片付けられないのだろうけど、そんな事で片付ける強さを育てないとイカンのではないか・・と。
5年先10年先に、ワッハワッハと笑い飛ばしてしまう時が来るかもしれないのに、。

そう思いませんか?イジメられ上手な館長はどう思います?。
[PR]
by kancho39 | 2006-10-31 17:08 | みんなの笑劇場(日記)

神奈川全国大会速報!! 

投稿者:事務局内海 投稿日:2006/10/08(Sun) 22:30 No.1595
館長より、神奈川の全国大会の速報が届きました。

《JEK山形分》
◎1~2年男女混合形
  準優勝 斎藤述比呂 
◎5~6年男子形
  準優勝 佐藤一成 
◎5~6年男子組手
  準優勝 佐藤一成
  第3位 佐藤友希 
a0068770_859514.jpg
《JEK宮城分》
◎3~4年男女混合形
  準優勝 大槻廉
  第3位 千葉まみ
  第4位 青木耶比
◎3~4年女子組手
  準優勝 千葉まみ
◎5~6年女子組手
  優勝 佐藤沙恵
  準優勝 吉田美里
  第3位 中舘彩乃

《親たちの感想》

■来年もお願いします!!! 奥野 父 - 2006/10/10
神奈川の大会では、館長始め父兄の方々には大変お世話になりました。大会だけでなく、バスでの移動や宿泊と…子供たちにはスゴく良い経験だったと思います。今回、私も行きたかったんだけど、仕事の都合がつかなくて行けなかったけど、まわりのお母さんたちに一人で行った瞬を見て頂いたので感謝してます。。来年こそは私も一緒に行きたいって思ってましたから… できれば来年も参加できる方向で館長には検討して欲しいです。 二日間本当にご苦労さまでした。

■継続は力なりデスヨね! 廉の父 - 2006/10/11
 いつもお世話になっております。来年は優勝したいと反省文を読んで、親としてこれからも廉と共に頑張って行きたいと思います。 継続は力なりデスヨね!これからもご指導宜しくお願いします。

■神奈川全国大会!! 神奈川県・小澤 - 2006/10/11
a0068770_934524.jpg 神奈川へ迎えた側として、また来年も参加したいと聞いてありがたく感謝の氣持ちでいます。あいにくの天候の中を出発、渋滞渋滞続きで到着して稽古・夕食・ミーティングで1日目が終わり。翌日の大会は天候に恵まれ(すぎ)て27℃の中で試合。試合は白熱の戦いが各コートで行われていました(1・2年生、形試合には昨年の全小2位の選手VS美鈴)審判をしたコートではある団体の1・2年生の礼・気迫のすごさに驚きの一言でした。山形JEK選手・修空館の選手ともに氣合の入った試合をしていました。
たいへん過密なスケジュールの中お越し頂いた阿部総師範・佐藤山形県本部長・斉藤先生お疲れ様でした、ゆっくり話す時間もなく失礼いたしました。
宮城JEKの選手・監督・お母さん方神奈川の印象はいかがでしたか?とぉ~い!田舎?(神奈川=横浜だけ知ってる?)それでも懲りずに、ぜひまた来てくださいね、待っています。

■神奈川とても楽しかった!... 英治母です - 2006/10/11
神奈川の全国大会とても楽しかったです!!
和やかな雰囲気、会場みんなが選手に応援とてもよかったです。英治はメダルは取れなかったけど、怖いだろうに一生懸命相手に向かって行く姿に成長が見られ親としてとても嬉しく思います。これからも親子共々宜しくお願いします(^O^)

■来年もまた!!! まみ 母 - 2006/10/11
a0068770_94783.jpg  館長、小澤先生お疲れ様でした。そしてありがとうごさいました。まみの母です 今回初めて大会に参加してまずとても楽しかったです。天候も悪くどうなる事か不安でしたが、何とか神奈川に着いた時は、ほっとしました。大会の雰囲気もとても良く沢山応援する事ができました。まみも自分の力を精一杯出し思っていた以上に良く出来たので喜んでいました。でも修空館の子は元気が良くていい(^0^)/ 他の子供達以上に返事も良かったし氣合も凄かった。本当に皆頑張りました。また来年も是非行きたいと思いました。

■神奈川大会 雄勝道場 カイ - 2006/10/11
  館長、小澤先生お疲れ様でした。今回の大会は皆頑張り結果も良かったですがそれだけでなく次回に繋がる良い大会だったと思います。氣合いもでておりましたし、先輩後輩関係なく子供達皆がお互いに応援しあい励まし合い仲間同士まとまりJEKらしさがでておりとても雰囲気が良かったですね。今度はNPO大会に向けて皆更に頑張ってくれると思いますのでご指導を宜しくお願いいたします。皆で来年も神奈川の大会に出場したいと話しておりましたので宜しくお願いいたします。館長、小澤先生本当にありがとうございました。

■ 神奈川全国大会!! 今野 母 - 2006/10/12
  館長・小澤先生はじめ、世話人の皆さん大変お世話になりありがとうございました。神奈川の大会はすごく温かな雰囲気で子供達も伸び伸びと大会に望み、選手全員頑張りましたね!大樹と美鈴は今回の大会に参加し、新たに目標ができたようです。(特に美鈴は、組手の一回戦負けがかなり悔しかったようです)今後共ご指導の程宜しくお願い致します。いつも影の力になって頂いている内海さん。今回みんなをまとめて走り回ってくれたゆかりちゃん。本当にありがとうございました♪

《子供達の感想》
a0068770_914450.jpg
▲カイ『組手は思うようにできなかったけど猫背が本番になおせて良かったです。形は最初少し緊張したけど自分なりに頑張りました。来年は優勝したいので頑張ります。』
▲英治『今日は形も組手もメダルを取れなくて悔しかったです。11月の試合では優勝したいです』
▲大樹『組手の時、思うようにできなかった。相手のスピードに合わせてしまって負けてしまった。』
▲廉『今日は全力をだして頑張れてすごく良かったです。来年は準優勝ではなく優勝したいです』
▲瞬『今日は去年よりレベルが高くて勝てませんでした。でも来年は中学生になって腕を磨いて優勝したいです』
▲美鈴『組手は一回戦で負けてしまったけど、一歩も下がらないで出来ました。形はベスト8まで入りましたが、今度は優勝目差して頑張ります。』
▲まみ『形では3・4年男女形で3位になりうれしかった土曜日の夜に自分で駄目だった所を注意しながやったので良かったと思う、 組手は積極的に攻める前に相手に突きなどで攻められてしまい決勝で負けてしまったけど2 位になれうれしかった。』
▲彩乃『目標にしてた事ができた。組手は上位にいけたし、背の高い人にも攻撃できて良かった。』a0068770_901574.jpg
▲紗恵『形は上位にいけなかったけど、後ろ足を伸ばす事ができた。組手は優勝できて良かった。上段をうまく決められて良かったです。』
▲美里『形は上位にはいれなかっけど、全力でできた。組手は準優勝になって嬉しかった、少しだけしか上段刻みができなかった。次の試合では、いっぱい技を出して優勝したい
です。』
[PR]
by kancho39 | 2006-10-08 22:38 | 審査・審判・大会

遊びの寺子屋 運動会

■初めての寺子屋  東松島 小野 - 2006/10/04(Wed) 21:03 No.1590

☆泰誠
 すごく楽しかった!館長のリヤカーに乗ったり・・・あめ探しは顔が真っ白になったり・・・初めて、大縄くぐりでができて嬉しかった。あと、ともきくんとはるかちゃんとゴミ拾いをして楽しかった。

☆母
 久しぶりに青空の下で楽しく一日を過ごすことが出来ました。学校の運動会とは違い、子供たちの姿を近くで見れて良かったです。父兄の大縄跳びも楽しかったです。遊びと思っても結構マジに飛んでしまいました。父も参加したかったと言ってました。
 空手だけではなく色んな事を通じて、お兄さんやお姉さんのなんでもチャレンジする姿を見て今までだったらすぐにあきらめていたのに、大縄くぐりに挑戦してびっくり・・・そして、飛べたときの嬉しそうな顔を見てたら、こっちまで嬉しくなりました。改めて、子供は子供達の中で変わるんだと思いました。
 佐藤会長、役員の方々ほんとうにお世話になりました。そして、楽しい企画ありがとうございました。

■桃生 高橋 愁 - 2006/10/04(Wed) 23:50 No.1591

寺子屋運動会の感想です。子供達が楽しんでくれたので、すごく良かったです。初めての参加で不安もありましたが…、上の子達が下の子の面倒を見てくれてすごく嬉しかったです。親達の大縄とび何年ぶりに跳びました。体力の低下にビックリしましたね(笑)お昼の焼きそばと豚汁も美味しいかったし、東松島の皆さんに感謝です。子供達は車の中でぐっすりでした。

■子供たちに関わり・・・ 東松島 堀智暉・晴香の母 - 2006/10/04

遊びの寺子屋に参加させて頂いたのは二回目ですが、参加するたびにチームワークの良さというか、協力体制のすばらしさには驚かされます。与えられるだけの習いごととは違って、ここは、みんなが深く子供達に関わり、子供たちのことを考えて行動していていると言う事がよく分かりました。今の親は、子供よりもまず自分が優先な人が多く、信じがたい事件を起こす人達もそういう身勝手な親がほとんどだと思います。仕事を持っていても、忙しくても子供たちのために時間をさいて協力する方がたくさんいて、ほんとに素晴らしいですよね。何だかうれしいです。おかげさまで有意義な一日を送ることができました。早起きはつらかったけど、参加して良かったです。ありがとうございました。みなさんお疲れさまでした。

■東松島 後藤 悠希 - 2006/10/04

寺子屋感想帰り際の悠希の笑顔は最高でした。「帰りたくない、もっと遊びたい!」この言葉に疲れも吹っ飛びました。休日がつぶれるのは、大変な面も確かにあります。でも、参加者みんなの笑顔がありました。知らない人同士かわす挨拶、自然とそばにいる子が、小さい子を世話する姿、今時すごくいいつながりですよね!稽古以外のこのような時間に深まる絆、広がる輪、大事にしていきたいと感じます。皆さんお疲れ様でした。また、ありがとうございました。これからも宜しくお願いします!

■東松島 佐藤 - 2006/10/02

はいありがとうございます
a0068770_23205422.jpg
今日は大変お世話様でした!館長、副館長お疲れ様です、、楽しんでいただけましたでしょうか?今野先生、焼きそばおいしかったです!内海総合会計、今野さんはじめ寺子屋委員の皆様、かげになり協力していただき東松島の我々をたててくださり感謝の気持ちでいっぱいです。。また、東松島の皆さんもお疲れ様でした!とくに新しい父兄の皆さん、嫌な顔ひとつせず協力していただきましてありがとうございます!ホントぬけてる会長としましては有り難いの一言です、、これからも宜しくお願いしますね~!!すごく楽しく1日がおわりました。障害物リレーは最初どうなるかと思いましたが子供達も少しずつコツをつかみ順調に進めました。館長、副館長とお父さんたちのリレーも盛り上がりましたね!お昼もおいしかったしアームレスリングも大縄も盛り上がり良かったです!反省点がうかばない私ですが…?伊能クン、菅原パパ、佐藤さんでしたか?清水パパ…イケメン、アームレスリングチームでも作りましょうかね?あっ、中里さん、レディースも!! ホント今日は皆さんありがとうございましたm(_ _ )m東松島 佐藤

a0068770_23212451.jpg■鹿又 伊藤兄弟 投稿日:2006/10/02
▲広樹
フランクフルトがおいしかったです。
あーむれすりんぐでかってうれしかったです
▲啓太
とん汁がうんとおいしかったです
▲広樹父
今日は子供達にとって大変楽しい一日になりました。準備していただいた方々にお礼申し上げます。

■楽しかった! 鹿又 朱里 - 2006/10/02

今日はすごく楽しかったです。障害物リレーでは準優勝できて、チームのみんながとても喜んでいたのでうれしかったです。豚汁もやきそばもとてもおいしかったです。

■遊びまくった一日! 菅原魁人彪夢母 - 2006/10/02

寺子屋運動会サイコーに楽しかったです!子供達のはしゃいでる姿を見て、うれしく微笑ましく思っていたのも束の間、子供以上に私自身がはりきってしまうほどでした。とくにアームレスリングでは旦那があのマシーンを見た瞬間から「あれやりたーい!」の連発で、念願かなってアームレスリングができたことをとても喜んでいました。子供達もお父さんの勇ましい姿(?)に大喜び!親子で一日触れ合い、童心にかえって遊びまくった充実した一日でした。また、まだうるさい我が家の三男をやさしくお世話してくれた女の子達に感謝です。小さい子の面倒を見てくれるやさしい心や精神が自然に身についているのだと感激!しました。佐藤会長さんはじめ、役員の皆様本当にお世話様でした。

■事務局内海 - 2006/10/02

昨日、晴天の下、矢本海浜公園にて開催されました「温故知新、なつかし村の大運動会、大塩バージョン・・・」
今年は、東松島の保護者の方々が中心となり、企画、運営すべてにわたって引き受けていただきましたこと、心より感謝申し上げます。障害物競走、アームレスリング、大縄とびと、親も子も共に楽しみました。
お昼には今野先生のマイ鉄板で作ったおいしいおいしい特製焼きそばと、みんなで野菜を持ち寄ったトン汁が振舞われ、これまた、至福の喜びを感じました。
お天気が良過ぎて日に焼けてしまいましたよ~。
佐藤会長ほか、東松島の保護者の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました~。
飛び入りで参加した、館長と副館長のあめ玉探しとリヤカー引きがなんとも、おかしくて(本人たちは本気のところすいません)脳裏に焼きついています(笑)

■とても楽しかった! 東松島 遠藤 - 2006/10/03

▲彩世
全部楽しかった!みんなでお昼を食べておいしかった。
▲母
佐藤会長他役員の方々ご苦労様でした。
東松島が担当でしたが、父兄のチームワークの良さにとてもびっくりしました。
いつもは、あまり話す事ができなく親同士の横のつながりを持つ事が難しいのですが、子供達は、週二回の練習なのにすっかり縦・横のつながりができていてそのつながりのおかげで親同士もいい雰囲気が生まれつつあるのかなと実感しました!家族四人で参加させて頂きとても楽しかったです。彩世の弟を競技中面倒を見てくれたお姉ちゃん達「ありがとうね!」
(父:みんな元気だったなぁ~ つかれたなぁ~でもたまにはいいな!)
[PR]
by kancho39 | 2006-10-02 23:19 | 寺子屋・護身術