excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「ほりえもん」の挫折

■「ほりえもん」の挫折   武田正弘先生(大阪府、交野青山支部) 1月24日(火)

ライブドアの堀江貴文社長(ほりえもん)及び幹部が昨日、証券取引法違反容疑で逮捕されました。昨夜から今日にかけて新聞、テレビはこの件で大変な騒ぎになっております。政治、経済にとって今後大きな問題になるであろうと云われております。一時はIT(情報技術)の勝ち組、時代の風雲児として脚光をあびておりました。600万から始めた事業はまたたく間に資産8000億の巨大な企業になりました。ある時は野球の近鉄球団の買収を企て、昨年は日本放送の株を卑怯な手を使い大量取得をはかり、業務提携を迫り、又衆議院議員選挙に出たりして大変注目をあびました。金がすべての考え方を押し通し、不当なうその情報を流し買収を繰り返し、粉飾決算を隠して、マネーゲームに徹し、今回の逮捕になったと云われております。
 なぜこの問題を取り上げたかというとー、以前(1年ぐらい前か?)「ほりえもん」が毎日新聞のコラムに子供の教育について述べていた内容が忘れられないのです。
「ほりえもん」は小学時代からとても頭の良い子だったそうです、試験の時間でも半分の時間でやり終え退屈だったと言っておりました、自分の好きなことは徹底的に集中できたとも言っております。ただ私が大変驚いた点は以下のようなことでした。
「子供達に、嫌いなそうじをやらすのは反対だー、誰もそうじを喜んでいないのに、なぜそうじをやらすのか?、そうじは、そうじのおばちゃんを雇いやってもらったら良い、子供は自分の好きなことをやらせておけばいいと思うー」という考え方でした。私はえー?と思いました。時代の最先端を行く「ほりえもん」の言うことだから、そうじ重視の私の考えが間違っているのかとも思いましたがーーーこの日から私は「ほりえもん」が大嫌いになりました。私が毎月発行している「会報あおやま」は永遠の目標として「そうじは立派な人間になるための基本です」と述べております。金がすべてーといっている「ほりえもん」はおかしいと思います。金をいくら持っていても立派な人間とは言えません、金よりもっともっと大切なものがあると確信しております。

■大阪府、交野青山支部ホームページ
http://www5e.biglobe.ne.jp/%7Ek-aoyama/
[PR]
by kancho39 | 2006-01-31 15:27 | ◆子育てしよう!

武田先生、ほりえもんの話から

■感激しました。 あごひげ 06/01/31
「ほりえもん」の挫折 投稿者:武田正弘 投稿日: 1月24日(火)
a0068770_1516188.jpg
※写真は大阪、武田先生の道場で。写真向かって右が武田先生、左にはA級審判員に一緒に昇進の赤木先生。

(大阪、交野青山支部)武田先生の、子供たちに対する愛情の深さが感じられるとてもいい文章です。今の時代は、親たちさえも、例えば500円の強化稽古参加費でさえブーブー言う時代です。本当に大変なのかと思えば、スキーに何十回行ったとか、あるいは子供を待つ車の中でタバコをぶかぶか吸っていたりします(車はタバコ臭いでしょ!)。。子供の教育に掛ける費用、空手に掛ける費用などは、言わば他人様の懐(ふところ)具合であり、、自分の財布だけは少しでも残るように死守したい・・と言ったところでしょうか。そういう環境で育った子が何十年後かにまたまた未来の環境を作って同時にその時代の子供たちに影響を与えていく・・。
 どこかで今、教育、子育て、躾などの歯車が社会全体の渦の中で狂い始めているのではと思いました。武田先生は、子供たちの教育に実に熱心です。そしてご自身も大病されるなど、健康のありがたみ、人と人とのつながりなどについても考えが思いやり深く、文章を読むといつも感激してしまいます。先生の文章には人間としての本来あるべき基本的行動マニュアル・・が書いてあるように私は思っています。
こういう道場こそが全国に増えるべきであり、私も含めて、世の指導者達よ少しは考え直せ!と声高に言いたいところです。突然の訪問失礼しました。武田先生、お元氣でご活躍ください。

■大阪府、交野青山支部ホームページ
http://www5e.biglobe.ne.jp/%7Ek-aoyama/
[PR]
by kancho39 | 2006-01-31 15:19 | ◆子育てしよう!

いいですね、雨ニモマケズ・・・

■あごひげ  06/01/31
明日からもう2月です。宮沢賢治のようには生きられないけど、、、1月も終わりもう正月氣分を一新して進まなければなりません。あるホームページから面白い記事を見つけました。


賢治七不思議(その7) (雨ニモマケズ)
a0068770_1534718.gif
花巻の賢治記念館に、この草稿の写真があります。それを見たときから、いまだに不思議に思っていることがあります。

 それは、写真を見る限り、「ヒデリノトキハ」は、「ヒドリノトキハ」と読めるのです。つまり、「ひとりの時は」ということでしょう。これを、従来のように、「日照り」と読む理由は、次行の「寒さの夏」と対照させてよんでいるからではないでしょうか。(学校でもそいう風に教わったような記憶があります。)私も、写真を見るまでは思ってももみないことでしたが、いっぽう、「ひとりの時は」と読んだ時の賢治の寂しさのほうが、気候による寂しさよりも数段増すと思えるのです。あえて、「日照り」と読む理由はありませんので、そのまま、「ひとりの時」と読みたい、そう思います。

 そして、最近、発行された、「新校本」全集ではどうなっているか確認してみようと思ったら、どうでしょう。写真入りで、「ヒドリノトキハ」とされているではありませんか。しかもなんの説明もなく。

 私たちはたいていの人がいまだに、ヒデリノトキと思っているはずです。誰がどうやって、いや実は、と説明してくれるのでしょう。誰がいったい読み換えをしたのでしょう。

-----------------------
Seiichi Nakahashi さんからのメール

「雨にもまけず・・・」の「ヒドリ」は、やっぱり「ヒドリ」で、日雇い労働者の意味だそうです。

----------------------
Takeuchi Yasuhiroさんからのメール

「ヒドリ」は日照りと日取りの二説があるようですが、前者が有力です。

あそこを「ひとり」と読むと、東や西や云々という文脈の中で不自然な気がします。自分とその外の世界(人を含めて)との関係の上での「詩」(ほんとうは詩ではないかもしれない)なわけですから。

 いきなり自分だけのことを一行だけ言い出したら変ではありませんか? 雨や風、寒さ、他人など、ぜんぶ自分を取り囲む「世界」です。そして日照り、なわけです。では。

-----------------------
Ayako Motoishi さんからのメール(12/3)

私は賢治が大好きですが研究者でも、研究好きでもありません。 「ヒドリ」のことは聞いたことをそのまま憶えているなりにお知らせします。

10年位前の賢治祭で、賢治の農学校の教え子でいらして、賢治の脚本を演じる子供の演劇 活動をしておられた照井謹二郎さん(記憶だけで書いているので名前の字が間違ったら すみません。もう90何歳かになられます。賢治学会賞かイーハトーウ゛賞をもらわれた 方です。)が「日照り=日どり(日雇い)」説を言われたのが最初です。冷夏は農業にとって打撃ですが、 日照りは、あまり心配ないのだそうです。

山形県のある地方では「日照りに不作無し」 と言うことを昔からいうということを知っていた私は、なるほどなあ、と共感する思い がありました。照井さんのお話では、あの時代農業だけで食べられない貧しい農民がたくさんあり、農業以外に 日雇いで収入を得なければならない過酷な状態だったそうです。その日雇いのことか、日雇いで得る 現金のことかを「日取り」と花巻のあの辺りでは言ったとのことです。その説はその後岩手の地方紙などで 少々論争になりましたが、権威のある研究者の方たちの一致した意見として、「日照り」に落ち着いた経緯を覚えています。もっと論じられてもいいように思いましたが。その後さらにどうなったかは知りません。

「一人」という発想も面白いですね。

「日雇い」説に興味がおありだったら、花巻の照井さんはまだお元気だと思いますので、訊ねてみられたらいかがでしょう。賢治記念館でも分かると思います。

おせっかいまで。

-----------------------
たんぱく質さんからのメール(2001.5)

私は賢治の教え子の孫(28歳)です。 花巻生まれの私としましては「ヒドリ」説の方に一票です。

夏の晴天は、今でも喜ばれるものです。 作物が大不作で涙を流すほどの日照りは、まだ経験したことがありません。 (多少困るようになったのは、温暖化が進んだ近年だけだと思います。)

祖父の影響もないとは言い切れませんが・・・。 因みに、祖父は、その詩をあれこれ綿密に推敲したとは思わない、とも言います。 生きていた宮澤賢治を知っていたからこそ言える言葉だと思います。 対句法だとかいう技法の類は、あまり考えていなかったのではないでしょうか。 あまり深く考えずに、人間としての宮澤賢治と見ても悪くは無いと思います。 (学会の先生方や研究なさっている方には申し訳ありませんが。)

-----------------------
Tatsuo Sasayamaさんからのメール(2001.5)

諸説紛々、ますます興味深くなっているのですが、私も次のホームページに私のヒドリ説を載せておきましたので、ご連絡もうしあげます。でも、やっぱりヒデリでは無く、ヒドリであることは、間違いないとおもうのですが。


・・・・・・・・・・・

雨ニモマケズ
 
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシズカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ

アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松の林ノ陰ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ

西ニ疲レタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイイトイヒ

北ニケンカヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサニナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ

ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

賢治七不思議http://www.geocities.co.jp/SweetHome/4066/kenji/kenji0.htmlヒドリノトキ

■「雨ニモマケズ」とは
宮澤賢治(宮沢賢治)の詩。賢治の没後に弟の清六氏によって大トランクのポケットから発見された黒い表紙の手帳に書き付けられていた。1931年(昭和6年)11月3日の日付があり、これは東北砕石工場に技師として勤務し東京出張中に死病となる結核に倒れて帰郷後病床に伏していた時期にあたる。賢治作品で最も膾炙されているものの一つ。
[PR]
by kancho39 | 2006-01-31 14:53 | ◆あごひげ吼える!

武川さんは綺麗でした、ホント。

■あごひげ   06/01/29
a0068770_014321.jpg
武川さんて相変わらず美人だよねー、、女優みたい。その辺のおばちゃんにしておくのはもったいないぞ!!(※武川さんは家庭の事情により空手から離れて一年です)

今日は午後から、東松島市の公民館まつりでした。趣味の講座各種の発表会、展示会が行われました。私は会員50人以上の大所帯となっている氣功&太極拳の講師としてみんなをまとめて大舞台に立ちました(演武者は25人くらい)。いつものことですが一番緊張するのはわ・た・し・・。氣功→太極拳→氣功 の表演が終わって拍手喝采、終了して舞台を降りると次々に声を掛けられ、どこでやっているだの、いつ募集するのかとかたくさんの人に聞かれました。大勢の中での心地良い音楽と表演者の爽やかな表情から、またまた新年度に新しい仲間が増える予感です。。。
さて、終わって控え室に戻るときになんと!・・・ママ空初代部長の武川さんが近づいて挨拶してくれました。『太極拳をやるというのできっと館長だろうと思って、見ました、素晴らしかった』、とお褒めの言葉をいただきました。『館長に会えてうれしい・・』となぜかすごくよろこんでくれました。

a0068770_21574971.jpg
武川さんは今日は二階の展示館?のほうで、『押し花コーナー』にいるということで二階に上がって武川さんのいろんな作品を見せていただきました。素晴らしかった!感動した!私の一押しは、『秋保大滝の藤・・』(私が考えた名前です)。
※写真の白い部分はガラスに反射した光です。実物はほんと、吸い込まれるように藤の色が鮮やかに出ていて実に見事な作品でした。。油絵よりさらに立体的で素晴らしい・・と感じました。

■思い出した!!
2年前の芸能大祭で武川さんと2人で、オヨネーズの『麦畑』やったんだよねー・・。楽しかった。
[PR]
by kancho39 | 2006-01-29 22:11 | みんなの笑劇場(日記)

辰朗先輩の稽古・・・

■あごひげ
a0068770_12123424.jpg
道場の外から聞こえる子供たちの声は実に楽しそうです。ですが・・、本人たちに聞くと、『厳しかった、明日学校に行けねえ・・』と。。楽しく、厳しく、、、NPO日本教育空手協会のスタイルかも知れません。。子供たちの感想を待っています。メールください。

▲米山道場の萌です。
辰朗先輩のメニューはスゴいきつかったけど、良い経験になったと思います。(筋トレがきつかったです)また今日のような特別練習があったら休まず参加します。
[PR]
by kancho39 | 2006-01-29 12:13 | みんなの笑劇場(日記)

第二道場の小さい子教室

■あごひげ
a0068770_18345158.jpg
第二道場の月曜と土曜日は小さい子教室です。昇級審査が近いので米山道場、今野道場からも来ていました。30人以上の小さい子が集まってみんな頑張ってました。

※パソコンが開けないので携帯から書いてます。
[PR]
by kancho39 | 2006-01-28 18:25 | みんなの笑劇場(日記)

よしのぶクン

■畑中ヨシノブくん   あごひげ  06/01/25
a0068770_1011373.jpg
畑中よしのぶくん(6年生)は子供好きというか、小さい子の面倒見がとてもいいです。小休止になるといつもこのように小さい子を抱っこしたりおっかけっこしたりして遊んでやります。小さい子もよろこんでよしのぶクンのお相手となっていますが。。。



■河南の第二道場前で
a0068770_1015495.jpgモグラの掘ったあとが何箇所かありました。モグラくんも寒いのかなあ・・。土の中深く入って冬眠?してるのだろうか・・。あっいや、モグラに冬眠てないか。冬は何を食べて生きてんだろうか。土中を掘っていき見つけた虫とかミミズとかを食べてんのかなあ。モグラってネズミに似てるけどたしか口が尖がっていて手はオケラ状態ではなかったかなあ。。。
[PR]
by kancho39 | 2006-01-26 00:38 | みんなの笑劇場(日記)

道場トピックス・・・

■こいつら一番うるさいんだなー  あごひげ  06/01/24
a0068770_22293575.jpg
これは矢本の須田みきとクンです。起きると恐怖なのだー。。
a0068770_2231222.jpg
みきとクンが起きるととなり(写真手前)の井手段しん君とのコンビでピストルごっこ、怪獣ごっこ、マット投げ、マラソン、大声出し・・と続く。。時々館長が、『こらーー!』と怒鳴るも五分くらいかな、持つのは。あまり怖くはないらしい・・・、ナメラレタモンダワイィィィィ

▲写真に空手衣を着ている二人は四歳と五歳の兄弟。鹿又道場から時々やってくる。今日はうるさいから二人を離して稽古、しかも中々覚えない太極初段を覚えさせようとしごいたもんだからすこぶるご機嫌ナナメなのです。写真を撮るときも『おらはいいから』と二度も拒否。なこと言わないで・・とお願いしてやっと撮らせていただきましたです。。。

a0068770_22352388.jpg
■矢本の木村親子はすごく真面目に稽古しています。月土の小さい子教室、水曜の河南、金曜の鹿又もかな、ほかに火曜日も木曜日も本部道場に来ています。よくもまあ毎日毎日稽古にくるもんです。感心します。がんばる人、館長は応援しますね!! 
[PR]
by kancho39 | 2006-01-23 22:39 | みんなの笑劇場(日記)

鶴岡第五中学の指導者より

■只今山形に着きました! 鶴岡第五中学代表指導者 - 2006/01/22
こちらは 大雪 吹雪でも 着きました。たいへん お世話になりました。帰りの車中では 来て良かったの大合唱でした。子供たちも 目標が出来たようで明日から練習が楽しみです。どうもありがとうございました。又団体形 カンクウ大ーウンスーの仕上げは息子さんにお願いしたいと思いますので宜しくお願いいたします。こちらの方で出向くようにしますので後でご都合お伺いしたいと思っております。どうもありがとうございました。

■とにかく突きが早い… 外部中学生娘の母 - 2006/01/22
勉強になったと言ってたし、楽しかったーとも言ってました。とにかく、辰郎?君には驚いていました。とにかく、突きが早い…怖い、強い、がアリアリだったようでした。高橋さんの、組手みたら凄いんだろうな~っと。刺激の強い一日だったようです。ありがとうございました。

■楽しかったそうです。 外部から参加の母より  2006/01/23
お菓子ご馳走さまでした。息子が「うめぇ~♪」と言いながら、食べていました(笑)。帰りの車内では高橋先輩と楽しく話が盛り上がったそうです。一日ご指導頂きありがとうございました。楽しかったそうです。お世話になりました。息子は指導部長さんにジオンの重心移動を教えて頂いたらしく、丁寧でコツが良く分かった!と言って喜んでいました。組手は中学生相手だったらしく、中学生はやっぱり強いな!と感想を言ってました。お世話になりました。また、都合を見て参加したいと思います。

■お邪魔しました。 外部 - 2006/01/22
活気溢れる練習の場を設けて頂きありがとうございました。
沢山の子供達が集まり、準備等々大変だっただろうっと思います。。
指導部長をはじめ・・若い指導者の厳しくも楽しい指導ありがとうございました。。。

■ようこそ修空館へ。 内海 - 2006/01/22
a0068770_8572377.jpgきょうも、朝から元気な声が道場いっぱいに響いておりました。指導部長は形を中心に、高橋先輩、伊藤先輩は、目いっぱい動き回り、実践してくれた組手は、子供達にとって、とても新鮮ですばらしい指導であったと思います。鶴岡第五中学校の生徒さんや、今日は他からもたくさんの子供たちが、出稽古にきてくれました。お互い刺激しあいながら、かつ和気藹々と稽古ができたことよかったと思います。館長、今後も、継続できる体制を強く希望します。

■辰朗も元氣もらいました! 伊藤辰朗の母より - 2006/01/22
>今日は辰朗がお世話になりました。有意義な時間だったようですね。山形の子に一本取られた!って笑ってました。きっと山形の子は自信がつき、空手が大好きになり益々練習に励むことでしょうねo(^o^)o 辰朗にもこんな時間がありましたね。子供たちのパワーは元気があり透明な氣がします。みんな、頑張って下さいね。毎週土曜日と行けるときはみなさんの元気をもらいにいきますのでよろしくお願いします

■とても良い稽古でした。 木村 母 - 2006/01/22
山形鶴岡第五中学校空手部の皆さん、先生、指導者、保護者の方々遠い所お出で頂き、又他道場の皆さん方、先生方ありがとうございました。子供達の元気に真剣に稽古をしている姿。目の輝き、色々勉強になった事でしょう。これからも交流を大事にし、それぞれの良い所を学び刺激を味わいながら大きくなって行けたら良いと思います。今日は本当にお世話様でした。ご苦労様でした。とても良い稽古でした。最後に高橋一先輩、伊藤辰朗先輩お世話様でした。ありがとうございました。

■天氣良かったね! カルチャーセンター ○○子 - 2006/01/22
1日中良い天気で、さぞかし皆さんは思う存分に体を動かすことができたでしょう。よかったですね。
[PR]
by kancho39 | 2006-01-23 08:57 | みんなの笑劇場(日記)

来ました山形から・・。

■あごひげ   06/01/21
a0068770_23351877.jpg修空館道場、夕方六時・・。山形からバスで4時間もかけて遠路、鶴岡第五中学の生徒たち十数名が来ました。付き添い指導者は四名かな。稽古は、東京農大キャプテンの高橋と茨城県水城高校キャプテン伊藤の二人でした。子供たちは先輩の説明と動きに目を輝かせて聞いていて動きもいつもよりハツラツとしていて良かったのではないでしょうか。現役で若さあふれる、実際にカラダを貸しての指導は子供たちの感想では、厳しかった、でも楽しかったと一様に大よろこびでした。小休止になると高橋と伊藤は必ず組手をしています。それがまた楽しそうでいてなおかつ子供たち、そして山形の指導者も『はっえーー(早い)』と驚くほどの攻防、しかも楽しくやっていました。二人は周りをぜんぜん氣にしないでやっていても周りの子供たちはそうはいかない。全日本トップ選手たちの動きにみんな釘付けで見ていましたね。動いて勉強、見て勉強の一日だったのではないかなあ。。鶴岡第五中学のこどもたちは、帰りに(またまた組手している二人の先輩に近づき)うれしそうに先輩達に挨拶し、また明日お願いします、と言い残して本部道場を後にしました。引率の指導の先生方もお疲れ様でした。。。

▲明日の予定
 8:50 集合、
 9:00 ①体操。稽古。全体でその場基本=指導部長。
10:15 小休止
10:30 ②稽古再開、形の稽古が主。ただし、組手やりたい者は高橋一先輩、伊藤辰朗先輩
11:30 早い昼食とする。午前の者は解散。
13:15 ③稽古再開、体操。組手中心、ただし、形をやりたいものは指導部長へ。
14:30 小休止
14:45 ④稽古再開。
15:45 終了。閉会。
16:00 解散。
・・・
紫帯以下は待合室(小道場)とする。
茶帯以上は大道場とし、指導は指導部長が統括し、組手は高橋一、伊藤辰朗が行う。
▲午後懇談会
午後の稽古開始とともに、別室にて、山形と宮城のの指導者と親たちの懇談会を行います。内容は、JEKの説明と今後の交流、子供たちの強化についてです。
[PR]
by kancho39 | 2006-01-21 23:35 | みんなの笑劇場(日記)