excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:◆JEK&総本部( 33 )

●JEK&● 指導者五訓

■指導者五訓  あごひげ

一、目標と目的を捉えさせるべし
・・・今、何を目標にそして何を目的に稽古しているか。 

一、木を見て森見ずにならぬべし
・・・常に全体の締まりにこそ注意し指導すべし。

一、生徒にこそ汗を掻かせるべし
・・・ポイントを言い過ぎて自分が汗を掻き過ぎぬべし。

一、挨拶返事に氣を注ぎ込むべし
・・・声(氣)が小さい時に指導しても身にはならない。

一、極めの有用性を叩き込むべし
・・・ただ届けばいいではなく、極め技を出させること。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-04 23:10 | ◆JEK&総本部

●JEK&1● 丹田、道、天氣

■修空館のみんなへ
東京、むさし先輩 ※修空館本部道場にて。

◎その1 丹田
丹田という言葉がある。
丹田の丹は、長生きの薬という意味があり、田は田んぼの田です。丹田のある場所は、肛門とおへそを結んだ真中にあるといわれています。肛門は食事をして、無用となったものを出すところ、お臍はお母さんの体の中にいるとき、必要なものを同じ体内で入れていくところ・・、その中間にあるのが丹田です。「努力の精神を養うこと」、養った努力が丹田と言う田に刻み込まれたときは、幾つになっても残っています。学校で習う勉強は大脳皮質に、空手の形は小脳に刻み込まれます。しかし一度覚えても10年、20年何もしないでいるとすっかり忘れてしまいます。特に大脳皮質で覚えたことは忘れやすい。

◎その2 道
a0068770_114107.gif丹田に刻み込むとは何か。努力して、頑張って、踏ん張って黒帯を取る。空手の黒帯を取ったということで一生忘れないものがあります。空手の動き、形の順序をすっかり忘れても、苦しいときには努力をしないと、頑張らないと、踏ん張らないと人生の黒帯は取れないと言うことはいつまでも残っています。つまり努力をした結果、丹田に刻まれているということは氣を入れる田んぼ(器)が出来ていると言うことです。その器が大きければ大きいほど、氣が入ります。弱気になったとき元氣(元の氣)を呼び入れることが出来ます。病氣(氣の病)になったときも元気になれば免疫力が上がり治ります。悪い氣を吐いて、良い氣を呼び戻し、元氣になり、活氣、覇氣が出て平氣になっていくのです。先天の一氣を呼び寄せるのです。

◎その3 天氣
a0068770_1143738.gif後天の気は電気、水蒸気、磁気の気です。氣が入ったとき動き出します。しかし先天の一氣は人間だけが呼び寄せることが出来る氣です。無から有を生じさせます。足場が無く高いところへ上りたいと氣を集中させ真剣に思うと梯子を作り出します。素直で、正直で、人に迷惑を掛けないで、努力をして一所懸命になっているお天道様に見られても恥ずかしくないことをしていると天氣(天の氣)が良くなってきます。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-04 17:57 | ◆JEK&総本部

●JEK&2● 教育とは・・・

■教育者、森 信三

・教育とは人生の生き方のタネ蒔きをすることである。
・教育とは流水に文字を書くような果てしない業である。だがそれを巌壁に刻むような真剣さで取り組まねばならぬ。
・自己に与えられた条件をギリギリまで生かすということが、人生の生き方の最大最深の秘訣。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-04 17:46 | ◆JEK&総本部

●JEK&2● 目標設定について

■あごひげ
目標設定について       

 私たちのJEK日本教育空手協会は、子供たちが未来を力強く歩んでもらいたいという願いからその教育目標を『人づくり』『子育て』に位置付けして活動しています。普段の稽古だけでなく、各種大会や各種行事、そして昇級昇段審査会に目標設定し、努力することの大切さを学ばせたいと思っています。高校受験があるときは寝る時間も惜しんで受験勉強します。家族もケーキを運んだり、テレビの音を低くしたりみんなで協力します。普段は歩いていてもマラソンの時は走ります。マラソンにはゴールがあり競争しているからです。審査会や大会も同じです。しかし、いくらこちらが氣合いを入れて強化稽古など設定しても、ずーっと同じペースで我れ関せずで歩いている人もいます。当然、目標設定が出来ていなければ、欠点の矯正もできず、こちらが考える目標レベルにも到達しません。顔だけ必死に取り繕ってもたーだ歩いていてはゴールは見えてこず、他のみんなから置いてきぼりです。昇級昇段審査会はだいぶ前から『一所懸命に努力し、上達したもの』という厳しい受験条件を設定しています。一所懸命に努力したけれど実力が少々間に合わない、これは受験させます。よういドン!でスタートしたのに走る努力をしない、上達もしない、これは次回です。『努力の精神を養うこと』とは、夢(目標)に見合う努力をすること!なんです。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-04 10:13 | ◆JEK&総本部

●JEK&3● 努力すれば目標に到達するか

■あごひげ
努力すれば目標に到達するか

 a0068770_1058583.jpg人生は思うようにいかない。努力して実力向上して、こいつは合格すると思っても落ちることもあります。一所懸命にがんばって蓄えたエネルギーを最大限に発揮させたはずなのに不合格であったり、大会であれば一回戦負けであったりします。こんなとき、結果だけを見て子供以上に嘆き悲しみ、人生の終点を迎えたかのような哀れな態度を取る親がいますね。最初に述べた『人づくり、子育てに位置付け』していることを忘れてしまっている場合です。それでは子供は絶対に救われません・・。本人は、一所懸命がんばった、この次こそガンバロウ!とせっかく反省点を見つけていても、親や家族が、結果だけを見つめて情けない態度を取った場合には、子供は絶対に立ち上がれないのです。『あっそうか、お母さんは僕(わたし)のせいで落ち込んでいるんだー・・』と思えば、毎日一緒に生活していく中では前向きの氣力など湧くはずがありません。結果ではなく、次回につながる努力が十分であったときは、誉めて称えて『いい経験』と捉えてやってください。親も努力です。JEK日本教育空手協会では、『親も子も共に学びましょう!』としています。身体は大人でも・・・大人(保護者)が皆々人間が出来ているとは思えません。目標設定し、人間性の向上と努力の精神が私たち大人も(あごひげの私も)身に付くように努力していこうではありませんか!
[PR]
by kancho39 | 2005-12-04 10:12 | ◆JEK&総本部

●JEK&4● 人づくりとは

■あごひげ

a0068770_14502725.gif人(指導者、親)が作るものではなく環境が作るものだと思います。道場という、あるときはピリピリした環境づくりこそが、目には見えないかもしれないが、小さなハートで掴むたくさんの人生経験なのではないでしょうか。また家庭では、いつ、どのようなときも、前向きに努力できる精神を養うことができる環境づくりこそ皆さんにお願いいたします。JEK日本教育空手協会では、親と指導者がそういう意味に置いて心を一つにして進んでいきましょう。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-04 10:10 | ◆JEK&総本部

●JEK&● 流派は?

■あごひげ

>「日本教育空手協会」としての活動は基本的に流派を超えるということ?

※↓修空館道場の前から見える夕日。(携帯で撮影)
a0068770_14542728.jpg
はい。基本的には船越先生、中山先生が追い求めたはずの教育空手道をそのまま継承する形で進みたいと思っています。教育ですから偏ってはいけませんね。いわば流派は偏りとも言えます。日本教育空手協会は、『教育空手道の趣旨に賛同する人たち』で構成しています。子供たちを主人公に置いてどう空手道を通じた教育にしていくかについて、流会派には関係なくお互いに交流する中からいいものを見つけていく団体だと思います。私たちはこれまで『井の中の蛙』でした。日本武道館の全日本練成大会、そして全小、全中と初体験した平成十七年は、親と指導者が共に別世界を見て感動した年となりました。内にこもった状況を打破するには外に出ること、とつくづく思ったこの一年でした。。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-04 09:22 | ◆JEK&総本部

●JEK&1● あごひげご挨拶

■御挨拶
この度、『教育空手道』(子供たちを主人公にし空手道を通じた教育を行う)を掲げて以下の通り、NPO法人日本教育空手協会を設立登記いたしました。教育の二文字を入れ、取り巻く環境を整え、空手道を通じた教育(武士道をお手本に躾・道徳教育、護身など)が正しい子育てとなるよう努力いたします。試行錯誤しながらですが、ご指導とご支援をよろしくお願いいたします。

『子供たちを主人公に』、を合言葉にして教育空手道を推進していきます。
◆平成16年12月30日 ⇒修空館の本部道場で設立総会を開催。
◆平成17年 4月 8日 ⇒お釈迦様の降誕会に県庁に認証される。
◆平成17年 4月15日 ⇒中山正敏先生の命日に設立登記される。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-03 20:00 | ◆JEK&総本部

●JEK&2● 設立に至るまでの経過

■あごひげ
a0068770_1114389.jpg
 何故名著ベスト空手が出来たのか、その素晴らしい理論構築の根本にあるのは大学教授でもあった中山正敏先生(故:社団法人日本空手協会首席師範)の教育に対するお心であり、さかのぼれば、身心体育としての平安形を創作された糸洲安恒-船越義珍先生(松涛館流開祖)たちの教育に対する信念というものが松涛館空手道の根底にあったのだと思います。しかし、その理念(少年指導理論と実践方法)は少年大会、少年指導にこそ構築されていくべきものと思いますがまっとうな理論は未だ構築されていないのが現状ではないかと思います。ここに特定非営利活動法人日本教育空手協会を設立し、『教育空手道』の模範となる組織体にすべく、しっかりした理念を持ち、活動方針をマニュアル化するなど変革を試みていきたいと思います。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-03 19:57 | ◆JEK&総本部

●JEK&3● 事業実施の方針

■あごひげ

以下をもって、次世代を担う子ども達の人間的・社会的教育の推進、子育て支援に寄与することを目的とし、事業方針を立てます。

▲1)少年少女に対し『教育空手道』を指導理念として、空手道の技術及び心術の普及に関する事を実施し、次世代を担う子供たちが智育・徳育・体育の基本を体得した人間として成長するよう活動します。
▲2)太極拳・氣功・各種健康法の研究、普及と啓発を進め、人生経験と豊かな知識を備えたシニア世代の活力を社会に生かしていくため、空手道に励む少年少女との世代間・技術交流を推し進めます。
▲3)ママさん空手教室・母と子護身講座の開催により親子間のコミュニケーションを作る中から、武道精神、道徳教育を世代を越えて理解し、伝承し、思いやりのある心豊かな人づくりにつなげます。
▲4)遊びの寺子屋、自然と触れるレクリェーション活動を通じ、自然環境保護思想の啓蒙、保全活動を推進し,人間と自然が共生する社会、合わせて子供たちの健全育成、リーダーの育成を図ります。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-03 19:56 | ◆JEK&総本部