excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


教育について

■東北プラン 淀川様より(管理) 投稿日:2006/11/14
a0068770_11374617.jpg
お世話様です。毎日、このようないじめによる子供の自殺、子供がまきこれる事件があると、本当に深刻です。心がガサつく信じられない事件です。一体、この国の教育はどこに進んでいくんでしょうか?館長、原因はどこにあると思いますか?私は要因のひとつとして考えている事があります。それは親、先生、子供のトライアングルの信頼関係がなくなってしまった事。私が子供の頃、先生に怒られ家に帰って親に言えば、お前が悪いんだ、と言われ、また怒られたものです。でも今、同様の事があったら今の親は怒った先生が悪い、と言います。もしくは悪い事をした子供の原因を他に転嫁し、うやむやにして本当の矯正指導ができない。結論、親は先生を信頼・尊敬していない事になります。先生と親の信頼関係を築き上げる事が一番の早道かもしれません。このトライアングル、もう一度考え直してみませんか?では失礼致します。草草

■あごひげ - 2006/11/14
a0068770_1139638.jpg
夜分すみません。いつもすごく大事なところでの感想をいただき共鳴しているところ大です。大変申し訳ないとは思いますがうちの親たちも何をどう考えたらいいか、というか、現実にそういう現場に直面したときに、ただただ感情のおもむくままに動くのではと思われます。よってこういう考えがあるというのをできるだけ多く情報として入れておくことで、正しい選択、判断ができる一助になればと思います。すみませんが淀川さんの文章、またまた全体メールなどで活用させてください。大変ありがとうございます。
トライアングルの信頼関係、なるほどと思います。ただ私が思うにはもう一つ、例えば授業崩壊で先生が泣いてしまって授業ができないでいる、、という状況を想像するときに、もっと強くて威厳のある先生を送り出す教育機関がほしい、あるいは、私たちのような??礼儀などに厳しい機関に子供を預けるよう奨励する、など、それぞれのところでの見直しが必要ではと考えます。先生は先生らしく振る舞えるようになった人に教員免許証を交付する、、子供は子供らしく大人の言うことをきちんと聞く子供に育てる、親たちは仕事をがんばって大人って働いているんだという背中を見せる。。そういうそれぞれの位置での努力の構図を日本社会全体で見直し修正していけないものかと考えます。
信頼関係を追及するにはあまりにも崩れすぎてどこをどう直していったら訳が分からないほどに変になっていると思います。
また明日。ありがとうございました。

■もう一つ あごひげ - 2006/11/15

>でも今、同様の事があったら今の親は怒った先生が悪い、と言います。もしくは悪い事をした子供の原因を他に転嫁し、うやむやにして本当の矯正指導ができない

そう言えば今年、最近にないとてもいやな事件・・がありました。ちょうど淀川さんが言うこれと同じです。各大会で優勝する子を持つ親ですからどこか勘違いが出たようです。でもその前に道場全体のことを考えて親たちの役員を変えていったことが(先生と親の信頼関係が崩れた?)発端でもあったようですが。変に自尊心の芽生えた親は我が子の環境だけを中心に考えるようになり指導の範疇にも入ってくるようになります。言わば勝負の世界だができれば子供のそれとは切り離したい、でも中々そうは行かない。だからこそ『子育て・礼儀・躾』の教育を柱にしていかなければならない、とこんなことがあると強く思うこのごろです。
トライアングルの信頼関係を取り戻すには淀川さんはどうしたらいいと思われますか? 何か具体的にアドバイスがあったら教えてください。時間のあるときにお願いします。

■私が思うには 石井 - 2006/11/15(Wed) 21:28 No.94

私もいろいろ見てきました。子供たちは素直でわがまま、(当たり前ですが…ヾ(^_^;)だから、いくらでも変えられるんですね、私が思うに4年生くらいまでかな?高学年になるとなかなか難しい気がします。書かれているように、親と先生方の信頼関係が薄れ、何かあると、すぐに親が口を出す!親が先生を信頼、尊敬できないのに、子供が先生を尊敬するはずがない!
私がPTAの本部役員をやってからいろいろな問題がありました。親が騒がなければ…と思うことがほとんどです。子供の話だけ聞いて、先生に抗議。子供は自分の都合いいように、自分の悪かった所は削って話します。そこで、もっと探って聞かないのでしょう?必ず原因があるはずなのに…!それを繰り返す事で、子供は親に対して不信感をいだいたりするのではないですか?本当の自分を見てくれてない、知ろうとしない。親は、こんなに、あなたの事を思っているのに…と、勘違いの愛情で子供を苦しめている。信頼できる大人がいないから、一人悩み、自殺・リストカット・ドラックに逃げてしまう子が増え続けているのではないでしょうか?
鹿又では、地域との関わりを取り戻そうと、今年度から、子供会と分館の行事を一つにし鹿又地区の祭りを作り先日行われました。地域で子供たちを守ろうという考えで、働きかけ実現しました。地域の人々と関わる事で、子供たちも変るのでは?親がダメでも、救ってくれる近所のおばちゃんと考えています。いろいろ考えていますが、長くなると自分でわけわからなくなるのでこの辺で終わります。失礼しました! m(_ _)m

■朝日新聞より
クリン 投稿日:2006/11/17

『いじめられている君へ、死なないで逃げて逃げて 』 劇作家  鴻上 尚史さん

 あなたが今、いじめられているのなら、今日、学校に行かなくていいのです。 あなたに、まず、してほしいのは、学校から逃げることです。逃げて、逃げて、とことん逃げ続けることです。学校に行かない自分をせめる必要はありません。大人だって、会社がいやになったら、会社から逃げているのです。
 次にあなたにしてほしいのは、絶対死なないことです。そのために、自分がどんなにひどくいじめられているか、周りにアピールしましょう。思い切って、「遺書」を書き、台所のテーブルにおいて、外出しましょう。学校に行かず、1日ブラブラして、大人に心配をかけましょう。そして、死にきれなかったと家にもどるのです。それでも、あなたの親があなたを無視するのなら、学校あてに送りましょう。あなたをいじめている人の名前と、あなたの名前を書いて送るのです。はずかしがることはありません。その学校から、ちゃんと逃げるために、「遺書」を送るのです。
 死んでも、安らぎはありません。死んでも、いじめたやつらは、絶対反省しません。あなたは「遺書」を書くことで、死なないで逃げるのです。だいじょうぶ。この世の中は、あなたが思うよりずっと広いのです。あなたが安心して生活できる場所が、ぜったいにあります。それは、小さな村か南の島かもしれませんが、きっとあります。僕は、南の島でなんとか行きのびた小学生を何人も見てきました。
 どうか、勇気を持って逃げてください。

■相談先
管理SS - 2006/11/18

文部科学省の連絡先は、以下の通りとなっております。

文部科学省初等中等教育局児童生徒課
電話:03-6734-3298(直通)

 皆さんの不安や悩みを受け止める相談窓口は、周りにたくさんあります。一人で苦しまず、ぜひ利用して、話をしてみてください。

◆ 全国の教育委員会などに置かれているいじめ問題相談機関について
http://www.nicer.go.jp/integration/user/map.php
◆ こころが苦しい方へ、ぜひご利用ください。【日本いのちの電話連盟】
http://www.find-j.jp/
◆ 18才までの子どもがかける電話です。【チャイルドライン】
http://www.childline.or.jp/
[PR]
by kancho39 | 2006-11-24 11:39
<< 諺から思うこと 2 護身術の感想。 >>