excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●JEK&● JEKの行く道

■2ちゃん人 - 2006/03/01(Wed) 23:22
これでJEKもスポーツ空手に成り下がるのか。いままでやってきた武道空手は何だったのだろう?
------
■あごひげ - 2006/03/02
>いままでやってきた武道空手は何だったのだろう?
a0068770_929425.gif 2ちゃん人さんありがとう。はい、武道空手というのはまずは『極め』にあると思います。しかしもっと大事なのは武の道、つまり人の道であろうと思います。人の道とは何か、人は人によって刺激されたり感化を受けたり大きく影響を受けるわけです。会長が全国大会の挨拶でよく言ってました。『全空連(財団)は金の集まりであり、協会(社団)は人の集まりである、』と。どこの組織もそういう面もなきにしもあらずですが協会も末端に行けば人の集まりを越えて金の集まりになっていないか考えてみるべきです。私は指導者です。協会の指導者は未来ある人(子供たち)を集め文部省認可という大旗の下で明日の日本を担う青少年を育成しているはずです。しかしそうでしょうか。指導者たちは現実どう導いているでしょうか。ひずみは起きていないでしょうか。それらは各種大会、審査会などにおいて教育的な観点から子供たちを中心にとした導きがなっているかどうか総点検される時期に来ています。文部省と言えば学校です。学校と言えば教育です。空手を通じた教育(教え育む)になっていますでしょうか。武道ってなんでしょう。武道空手ってなんでしょう。極め、だけでなく、協会をあげて追求していくべき大きな課題であり忘れてはならない部分ではないでしょうか。武道精神から外れた指導者たちの行為をこの一年たくさん見てきて今、『教育』の二文字を入れたNPO法人日本教育空手協会を立ち上げ、ありもしない誹謗中傷、今始まるというときの選手への悪口雑言、指導員の引き抜き工作、大会開催妨害工作など雨、嵐(荒らし)を潜り抜けてきて(まだまだ渦中)感じることは、切り替えのスイッチを入れられて良かったという安堵感です。(親たちと共によろこんでいます) スイッチを入れるときは暗がりで手探りでやっと歩いていたけれど親たちはもちろんのこと若い指導者たちも子供たちもこの今だからこそ現在の明るさに氣付きはじめています。
a0068770_936586.jpg (←写真は、JEK総本部修空館道場)
 人生二度なし、と言いますが、そんなことはありません。人生はスイッチを切り替えることで新しく理想郷を追い求め、努力することで理想郷もまた少しずつ近づいてくることに氣がつきました。私にとっては空手が人生です。一度目の人生は死に絶えました。今、二度目の空手人生を歩み、うれしくて楽しくて希望に燃えて仕方がないのです。全空連系の大会に出ると『今までのあの大会は何だったんだろう・・』(審判員、指導者の質の問題)というような声が親たちから子供たちから自然に聞こえてきます・・。その分厚い殻の中に閉じこもっていれば分からなかった世界が、ここ一年の本格的全空連参加により見えてなかったものが見えてきたということです。協会も早く氣付いて真の人間教育を中心にした世界に誇る最高最大最強の団体になること、歩むこと、スイッチを切り替えていくことを強く願っています。
 ご意見、ご遠慮なく書き込みください。またはメールください。
[PR]
by kancho39 | 2006-03-02 09:32 | ◆JEK&総本部
<< 矢原先生すっごいです!!  空手大好きの息子を応援したい!! >>