excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●JEK&● 道場の経営?について質問いただきました。

■弐茶庵音羅先生へ  あごひげ   06/02/02

▲道場の経営について  弐茶庵音羅  06/02/02
>「そういえば順調になされてる方々があちらにいたっけ」と思い出し、こちらに参りました。
>道場の経営についてですが、どう思われますか。
a0068770_1435958.jpg
私の場合は人生強運・・といつも捉えて前向きに進んでいます。今何か大きなことが起きてもそこを頑張って潜り抜ければ大きな光が見えてくる、そして苦しかったときの経験が力になると捉えています。数年前に私は、空いている町に道場を開いたことで隣りの大きな市の指導者より、『そこはオラホ(俺たちの土地)だ』と言われて理由がよく分からないような騒ぎ方をされました。そうでしょうね、きっと怖かったのでしょう。何せそこでは一氣に70人もの会員が集まったのですから。。でもね、世の中で一番大事なこと、それは、何を大志にして前向きに進むか、ということですよ。上の方の大人の世界でごちゃごちゃしていたら未来ある子供たちを私たちの空手道でしごいてしごいて何とかしようという大望は達成できません。偽善者だとか言われそうですが、今この世の中を変えていけるのは、大志と大望を持って進んでいける我々指導者であるということです。人の財布の中をのぞいたり、人を羨ましいと思う前に、自分はどう生きてどう社会に貢献できるのかという、社会の一員としての子供たちの前に立つ責任感というか自立心というか、そういうものが大事ではと思うのですがねー。。
a0068770_10574644.jpg経営としてはあまり深くは考えていません。(妻に見放されそうです、どちらかと言えば・・)。ただこの命、空手の中で死ねたら本望です。子供たちをしごいて鍛えて、大きく立派になった奴が自分より大きくなって、、、ある時うしろを振り向いたら、『館長、○○です!』と立っている、、そういう時くらい幸せを感じることは私はないですね。グッと来ます。だから、子供たちができるだけ親の都合とかで辞める不幸・・とならないように私はいつも、全体メール(連絡網は平成13年よりパソコンメール)の中で方針を打ち出し、親たちに物の見方、考え方の上でハッパを掛けるように努力してきました、、、思うまま、感情のままにですが。。
経営として捉えるならば、今どんな道場が社会に求められているのか、ということだと思います。私は8道場からの会長たち(全員女性)、そして約20人のママ空たちといろいろ相談をしながら、アイデアをいただきながらこれまで、遊びの寺子屋、母と子の護身講座、芸能大祭、などなどを(一緒に)企画し続けてきました。いろんな職業、特技、すばらしいセンスを持った有能な人材、お母さんたちがいっぱい居るんです道場には。継続はまさに力です。続けてきたことで他に真似のできないような私たちの道場が出来上がってきたと思います。
[PR]
by kancho39 | 2006-02-02 14:04 | ◆JEK&総本部
<< 今日は富士山がきれいです...  大雪の日 >>