excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●極めの● 引き手について私の考え

■あごひげ

 引き手について、すごくいい提言ですね。剛柔流は三戦を見るように息吹にも関係してか?胸前に取るようですね。松涛館では骨盤腸骨(バンドの当たる両側の大きな骨)より上で柔らかいところに床に対し水平に、かつ、出すときは肘までが離れないようにし、そして肘が離れるときから突きの回転を使います。松山先生は、乳頭ライン(膻中=中丹田)に取るとおっしゃっていると思います。引き手を高く取ることにより奥におさめて『溜め』ができるのだということですね。組手の形(かたち)により各流少しづつ違うのかなと思います。
 a0068770_9525859.jpg私の引き手の考えはこうです。中国では、『甩手』(甩は日本に入って来なかった文字で、ブラブラするという意味)、つまり、脱力が武術の原点として古来より研究されてきました。私の道場ではスワイショウをよくやらせます。スワイショウは、左右、前後、あるいは歩くスワイショウ、移動のスワイショウなど、私の考えたものも含めると二十種類以上もありますが、いずれもその動きの起点は腰、もっとはっきり言えば下丹田です。丹田を意識し、でんでん太鼓のコマの芯棒を動かすようにです。すると大地に根ざし天の氣、地の氣を集めた臍下丹田を中心にエネルギーの回転というか、地球のマグマのような根源のエネルギーが湧き出るようにしてパワーが出るということになります。ここを起点にして腸骨上の柔らかい部分に乗った引き手の拳を言わば身体全体の遠心力(円心力?)を使って出すのです(あくまでも私の考えです)。脱力からは、想像も出来ないような重みと、意識を向けることによっての身体の反応が出ます。よく空手はゼロから百の力を瞬時に出せ、と教わりましたね。ゼロの状態とは力を抜くことであり、百に一番近い位置にいるということでもあると思います。そういう意味で、引き手を高く取りすぎれば肩関節周囲に緊張が生まれ、ゼロの状態が出来にくいのではと思います。即ち、引き手を高く取るのと腸骨の上に取るのとでは両方ともに長所短所もあるのではないだろうかと思います。いずれにしても、引き手が緩くなりがちであり厳しく戒めなければなりません。高さは別にして、力を溜める、という点に関しては同じだと思います。
 尚、稽古では、刻み突きも、姿勢の重要性とともに引き手をしっかり取るように指導しています。また、極めでは、『残心』を取ることも非常に大切ですよね。しかし、実際の組手では、『防御』(ガード)もしながら攻撃もしなければならず、その辺で空手の基本理論と実践理論にはややズレが生じてくるのかなあと考えます。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-31 19:51 | ◆極めの空手
<< 引き手の甘さ ●極めの● 植木先生の講習会 >>