excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


捻り、師匠の教え

■三重県、ちゃちゃい先生  2004/1

 捻りですが、、、、まず、私が私の師匠である県本部長から子供のときに口すっぱく言われたことは、捻ることで相手のダメージが増すということでした。。。それに関しては未だにデータも何もありません。が、、、昔はそう信じてやっておりました。いま、冷静に考えるに・・・空手には裏突きと表突きがあるとかんがえると、引き手の状態はまさに裏突きの状態です。表突きをしようと思うと、必ず手首を捻らなくてはなりません。そうなると、どこでどのタイミングで捻るか・・・ということになると思うのです。そこで、技術的な問題が生じると思います。たとえば、ひじが身体から離れるまえに手首を捻ると、自然とひじが脇から離れてしまって、直線的な突きができないとか・・・ならばどのタイミングで手首をひねるか???そういうことになると思うのです。
 ただし、ひねるか捻らないかということになると練度によるものも出るように思います。ボクシングは基本的にほぼ表で構えますから捻らないと思います。日本拳法(3年稽古しました)も同じく表突きの状態で構えますから捻りません。(ただし、手のひらを水平に巻き込む・・ハドウケンと言ってました)このあたりはそれぞれの武道の固有の理論によるところがあるのでしょうね。
 私は、私の師匠の教えを受け継いで行くつもりですので、相手に当たる瞬間に手首を捻る・・・そういう風に教えてゆくつもりです。だって、それぞれの練度や筋力によって破壊力はちがいますから、どれが正解なんてむずかしいと私は思うからです。わたしは、守・破・離でいえば、いまだ守です・・・師匠の教えが正しかろうが、間違いであろうが・・・それを突き通すことでその良し悪しが分るまで修行してゆきたいと思っています。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-11 00:12 | ◆極めの空手
<< ●極めの● 頭蓋骨の話 ●極めの● 前蹴りが蹴れない少... >>