excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●極めの● 骨盤と脱力の関係。

■あごひげ  2003/08

>お腹で腰から下を締めへそをきゅっと出す

a0068770_0422337.gif足の切り返しの時にへそを前方にしっかり意識していないと、そのさい骨盤が斜め前方に傾いて前傾姿勢が起きます。骨盤をいつも平らな状態にしておいて足の移動をすると上半身、肩のブレが見えなくなるので・・私は子供たちにはわかりやすく骨盤の傾斜、ということで縦横のブレがなくなるように指導しています。骨盤、つまり帯の高さを平らにしておくと肛門(または会陰)は常に床に向かい合う形をとっている、すると丹田にも力、氣の集中が出来やすいのではないかと思います。後足を前に寄せる方法、前足を後ろに寄せる方法、肛門の下でスイッチする方法・・とありますが、へそ、骨盤、丹田、ここに意識を集中して切り返しができれば肩の力は抜けます。
ちなみに。
この辺は太極拳にはない悩みかもしれません。太極拳ではゆっくり動作の中で説明できているので皆さん理解されているようです。。が、おばちゃんたち、どういうわけか股関節みんな固くて、弓歩の状態において、先ほどの骨盤の傾斜が中々取れないのです。そして肩のブレ、目線が下、が何度注意しても出てきます。。。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-11 00:04 | ◆極めの空手
<< ●極めの● 前蹴りが蹴れない少... 姿勢の矯正の件 >>