excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●元氣が● 勇気、希望、忍耐

■東京、むさし先輩。
「春の夢」:宮本輝:文藝春秋より

哲之はロビーに戻り、団体客のボストンバックに客室番号の札をつける作業を手伝いながら、ふと父が死ぬ一ヶ月前に言った言葉を思い出した。
「人生、先に何が待ち受けているか判るものではないが、勤め人として一生を送るつもりなら、断じて大企業にしろ。それが駄目なら役所勤めをしろ。そのどちらにも就職できなかった場合は、どんな会社でもいい、まじめに勤めながら十年くらい時期を待ち、金を貯め、何か商いをするのだ。大会社か役所に勤めたら、絶対に何があっても辞めてはいけない。風は南風ばかりでもなく北風ばかりでもない。いつか必ず自分の方へ吹いてくる時がある。やれあの上司がいじめるとか、この仕事は自分に合っていないとか考えて辞めていく奴がいるが、どこに職場を変えても結局また同じ事で悩むように出来ている。そうやって転々と会社を変わり、気がつくとちっぽけな職場のセールスマンになっているのが落ちだ。しまったと思った時はもう四十も半ばを過ぎ、つぶしがきかなくなっている。
焙烙(ほうろく)売りも我が商売という言葉もある。大会社にも役所にも就職できなかったら、どんな小さな商売でもいい、一国一城の主(あるじ)になるために準備と勉強をするのだ。ラーメン屋でもいい。屑屋でもいい。小さな畑をこつこつ耕して行くのだ。それが70年生きてきて、様々な人間を見、多くの失敗を重ね続けた俺の、たったひとつの確信を持って言える生き方のコツだ。」 そう言い終えたあと、息子の掌(てのひら)を両の手で撫でまわしつつつぶやいた父の言葉が、哲之の耳に聞こえてきた。「俺はこんな説教めいたことをいうのはすきやないけど、ちょっと気障(きざ)な遺言やと思うて聞いといてくれ。
人間には、勇気はあるけど辛抱が足らんというやつがいてる。希望だけで勇気のない奴がおる。勇気も希望も誰にも負けんくらい持ってるくせに、すぐにあきらめてしまうやつもおる。辛抱ばっかりで人生何にも挑戦せんままに終わってしまうやつも多い。勇気、希望、忍耐。この三つを抱き続けた奴だけが、自分の山を登りきりよる。どれひとつが欠けても事は成就(じょうじゅ)せんぞ。俺は勇気も希望もあったけど、忍耐がなかった。時を待つということが出きんかった。この三つを兼ね備えてる人間ほど怖いやつはおらん。こういう人間は、たとえ乞食に成り果てても、病気で死にかけても、必ず這い上がってきよる」

哲之は、父の言ったことは本当だと思った。だがこの陳腐と言えば言える三つの言葉を己に課すことはなんと至難であろうか。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-03 21:39 | ◆元氣が出る言葉!
<< 最近の日本は・・・・・ ●氣と空手● 武道とスポーツ >>