excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●武道と● 万が一の実践とは。

■2005/11  あごひげ

空手は沖縄の禁武政策から発展した経緯があり元々我が身を守る武術であったことはもちろんです。ですが、ひとつ現代において忘れてはならないこと、それは沖縄の空手が本土に紹介されるにあたり、『沖縄の唐手から本土の空手』に変わったようにその目的自体も変化しているということです。危険な業だからこそ自分を戒める、自分を制することの出来る人格を同時に磨け、ということになります。
開祖、船越先生は『空手に先手なし』ほか松涛二十訓を私たちに残しました。言わば、現代の競技スポーツ空手の先手必勝とは考えが180度違っているのです。競技では如何にして相手よりも早く突き蹴りを出すかですが、実践の場合は、今やったら完全に正当防衛が成り立つという時点でしか使えないと自分を戒めておく必要もあります。現代ではすぐ裁判になりしかも自分では正当と思っていたことでも相手の弁護士次第で自分が犯罪者にもなりうる、こともあるわけです。
『いかなるときも空手を使ってはならない』、これはギリギリの段階まで待てという意味です。空手の稽古を積む目的が100人が全員我が身を守るためということで強さのみを習得しようとしているわけではありません。年をとってくると周りの人たちの死によく出くわします。親戚のおじさん、知り合い、お世話になった人など、年齢が高くなるに連れて大事な人が他界したりします。でもそういう中でも、殺された、と言う人は私の周りではいません。今後はどうか分かりませんが少なくとも、万が一というのは極端に少ない確率でしかないわけで、むしろ死の確立が高いのは病氣や老齢化、その次の交通事故などの不慮の事故です。まだまだ日本は平和であり、自分から危険な場所に近づかない、あるいはその臭いを察知する氣構え、心構えをもって居るならば、少なくとも殺される確立はもっともっと低くできるわけです。
私が、『我が身を守る』とか、『護身』を考えるときは、一応指導者の立場として、元々ひ弱な女性や、最初から体力がない、腕がかぼそいなどの人が護身として捉える場合のことです。理想は自分が強くなり、いつ如何なるときでも闘える力がある、ということでしょうが、みんながみんな、空手をやって、自分よりもデカイ暴漢に立ち向かえるような空手家に上達するとも思えません。空手をやる目的や、自分の置かれた環境がみな違うのですから、最初から『万が一』のときにと脅しても、そういう場面に何度か遭遇しない限りは本氣で取り組むこともないでしょう。もともと非力な人間が、大男や数人に取り囲まれたときどうするか・・・。それは、第一にまずそういう場面を作らないことであり、第二に、そういう場面では大声を出せるようにしておくということ、第三に一撃を食らわせて如何に素早く逃げるか、そしてそれでもつかまった場合においてのみ、『万が一』の手立てということになります。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-26 22:40 | ◆武道と空手
<< ●氣と空手● 氣の使い方 ●武道と● 『実践』の捉え方・・ >>