excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新掲示板とミクシー!!

噂のミクシー・・ご参加ください!
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=9693340
▼長らく、あごひげブログをご愛用いただき、大変ありがとうございました。
a0068770_15314826.jpg

こちらに移動してください!掲示板ですが、携帯からも自由に投稿できます。写真もOKです。登録をお願いします。
http://www.webspace.ne.jp/bbs/jek.html

今後は。

①掲示板
②ミクシー


でお会いしましょう。。。

[PR]
# by kancho39 | 2007-03-29 15:32

■新掲示板

こちらに移動してください。登録をお願いします。
掲示板ですが、携帯からも自由に投稿できます。写真もOKです。



http://www.webspace.ne.jp/bbs/jek.html

※もう少しで、今までの掲示板とブログを一体化し、これらは消します。新しいところで、これまで同様にお願いいたします。
[PR]
# by kancho39 | 2007-02-22 11:13

特別審査会で

■鹿又 伊藤広樹
a0068770_14101547.jpg
4日の審査会で刺激を受け、特別審査会まで広樹は頑張りました。ゲロはいたり、泣きたくなったりの一週間でした。なので、緑帯を締めてもらった時はなんともいえない達成感だったようです。
館長はじめ、副館長、指導してくれる先生がた有難うございました。この気持ちで前に進んでほしいのですが…広樹も啓太も器用なほうではないので少しづつ確実に前進してほしいです。今日の審査会を見学して、基本て大事なんだなぁとつくづく思いました。
私事ですが、茶道を少ししてるのですが、館長の言葉が茶道の精神と重なる所があったりして、子供はもちろん自分のことと置き換えいつも考えさせられます。私も、まだまだ、勉強不足で、門をくぐった位なんですけれど、お茶も礼に始まり礼におわります。心をつくる修行というか人としての基本の考え方が館長の考え方と通じます。一期一会という言葉がありますが、今この時二度とないこの時間に心をこめて一服の茶をたてる…立場は違いますが相手に対し真剣に向き合う…この一瞬その心がお茶をしてる時と重なります。

■桃生 歩夢母

【歩夢母】
特別審査会お疲れ様でした。2/4昇級審査の見学終了後、『なんであゆ今日じゃないの!!賞状もらえないの!?』とダダをこねたのが嘘の様な今の笑顔(笑)。  …と言っても、本当は今日も賞状を頂いた後に帯の色が変わらなかったのが不服の様でした…飛び級したかったみたいです(--;)
審査中の館長からの注意点『突きの拳を真っ直ぐに!!』ですが…「やっぱり…(汗)」というのが率直な私の感想でした。家で練習はしないものの、ふと気付くとお姉ちゃんに突き!?しかりながらも『突きの形が変?』と思っていました(苦笑)
突きはなんとか自覚出来たのか、風呂場の鏡で風呂上がりに裸で練習。飛び級については「兎に角今は練習!!」と私なりの喝(?)を入れた次第です。
次の昇級審査までどこまで成長出来るのか…不安もありますが暖かく、時には厳しく見守りたいと思います。

■米山 千裕

今日は山形帰りでお疲れのところ特別審査会お疲れ様でした。米山での最後の練習の日に副館長に組手の指導を受け、千裕本人も今日の組手には気合いが入っていた様です。真向かいで見ていた親の私も千裕の緊張している顔を見て手に汗をかきながら見ていました。最後まで苦労した組手で館長にお褒めの言葉を頂いた後の千裕の顔は今までに見たことのない嬉しそうな顔と達成感のある顔が混じっていました。やっぱり親に褒められるよりも館長や副館長に褒めて頂く事が一番みたいです。黒帯目指して頑張る…との事ですので今後共ビシビシ宜しくお願い致します。審査会に関わって頂いた役員のお母さん方もありがとうございました。

■桃生 高橋愁 母

返事を大きい声で言えるようにする。あとは足の曲げるのを頑張る…。
愁・母
お疲れ様でした。緊張していたのか?いつもより声が出ていませんでしたね…。前回はキョロキョロ周りを見ながらの試験でしたが…今日は違っていて少しずつですが成長していました。今日注意されたことを忘れないで頑張ってほしいです。
[PR]
# by kancho39 | 2007-02-19 14:10 | ◆日程&報告

秋田 ラッキー!!

今年の秋か来年か、秋田国体だったかな? 秋田は国体に向けて強化を図っている模様。明日あさっての二日間の講習会は国体に向けた全空連主催のスポーツ指導者講習会。蓮見副会長、和道の荒川先生、あの津山先生、そして帝京大の香川監督、と有名人が出揃う。。がんばる。a0068770_2149459.jpg
秋田のイメージ、、正直あんまり良くなかった今までは・・。なぜかはここでは言わないけど。
けれど、ホテルを探して道を聞く事、五回くらい、どの人もまったく警戒もせず親切丁寧ににこやかに教えてくれるのにはびっくりした。いろんなところを歩いているが、東京、仙台、石巻・・ではケゲンそうにされることが多い。東京では、ただ指を指し、あっち! 数年前に大阪に行ったときは今日ほどではないが印象が良かった。大阪のほうは事件、893が多いように思っていたが一般市民はすごく温かいように感じた。
秋田では、駅の中も外も、ホテルまで10分、食べ物や街まで10分、感じた事はゴミ一つない綺麗な町だった。
話があちらこちらになるが、新幹線で降りたとき、綺麗な人がじっとこっちを見ているので私もじーっと見たら、小野寺先生ですよね?と。何度か見ている顔だったが思い出せなかった、大変失礼しました。なんと!JEK会長、安住淳国会議員の奥様だったのだ。秋田が実家ということでこちらに来たようだ。綺麗な人と言えば、道を聞いたのはほとんど若い女性だったが、なんで秋田の女性はみんな綺麗なんだろうっっってー。
今日はラッキーな一日だった。ローソンに行くと、クジを引いてください・・、と。あめでとうございまーす!と。カルピス一本! で、次にコピーしようとしたら前に使った人の100円が残っていた。もちろん店員にやったけど。まあそうことで今日はいい一日だった。明日もいい日でありますように。
[PR]
# by kancho39 | 2007-02-09 21:50

押忍について!!!

押忍について

■和道人
a0068770_22414194.jpg

私も、大学時代は、そうしていましたがたが、「オス」という挨拶の事です。和道会は、一般の人に対し威圧感を与えるという事で「ハイ」とか「こんにちわ」にかわりました。私もそのほうが良いと考えております。一般の社会では、無い挨拶なので慣れないと違和感を感じます。子供たちに、優しさとか思いやりを教える上では大事な事項と思いますので、一度ご検討されてはいかがでしょうか。ごめんなさい、変な事を言いまして。これからもよろしくお願いいたします。

■あごひげ
a0068770_16435494.jpg
はいありがとうございます。
そういう意見は押忍を言う様になった思想的背景絡みで・・私もよく聞きます。ただ指導者の都合かも知れませんが子供たちにしっかり声を出させて挨拶、返事、氣合いを入れてやりたいと思うとき、ハイッよりもオスッ と言ってもらったほうが指導するほうも氣持ちが締まりやすいように思います。大会では挨拶の練習も オスッ でしましたので、和道の人たちがそういう教え方をしているのであれば今年からは オスっ を強制するような指導は大会の中ではしないようにします。協会系では当然のごとくオスッが当たり前なわけで、いまさら 返事も挨拶も ハイ に直せとはむしろ言えません。たしかに一般人には威圧的ですね。空手はオスッ、とむしろ社会通念上においてそのようになっていると思います。今まで習ってきたやり方で問題がなければどの流派のどのやり方でも私は問題はないと思われます。オスっでもハイでも、指導する側の捉え方次第。ハイッ、で十分に徹底できるから和道の世界ではそのようにして何も問題はないのでしょう。。
大事なことは、それこそ一般人から見れば暴力的に見える空手環境の排除ではないでしょうか。和道は四大流派の中でも最も紳士的な流派であると私も昔から思っています。野蛮、暴力的な流会派・・、大会の空氣から言っています。地域性もあります。宮城県なんか、県スポ少大会を見ると流会派別の質の悪さがよく見える大会でもあります。そういえば剣道の応援は拍手だけです。剣道はオリンピック化を避け武道精神に徹しているように思います。ヤクザかチンピラか分からないような親たち、そしてそういう親たちを環境において良しとする肩で風切る空手の指導者たち、そういう指導者が多いからこそ、ヤジ、罵声は多いわ、審判では平氣で暗黙の了解で旗の上げあいっこをしていたり。同じ流派の中でも権力、派閥争いが延々と続いていて、そういうところだからこそのセクハラ問題、横領問題なども次々に出やすい土壌と言えるでしょうか。。。
オスッについては子供たちを取り巻く環境整備として課題の一つではあります。有難うございました。今後も『教育空手』の追求にご指導をお願します。

■総師範 阿部
a0068770_16454356.jpg
山形県でも押忍は余り使われておりませんが、お互いの挨拶には使われることがあります。ようは威圧的な使い方すると今日的に問題になるのでは? 競技空手と武道空手の違い? 白を黒といわれてもハイといわねばならない時代とは違うのでしょうか。 また押忍という言葉の意味を説明することも必要かも知れません。私自身、学生時代、押忍の世界で空手を学びはしたが、思うところあり会活動を始めてからは、押忍を強要しなかったが、宮城県の大会に始めて出さしてもらった時、皆、押忍の挨拶で圧倒され、会員から空心会も押忍を言おう、という声が出、数年続いたら使われなくなった。ということがあった。現在は各人の自由意思に任せているところです。
色んな人との関係の中で臨機応変に、水の流れの如く。構えなき構えとでも言うのか。自由でありたいと思います。ただし自由というのは、どうでも良いというのではない。礼儀礼節を重んじ、人格形成に努め求めることは大切である。それは心を作ることだが、表行「返事・態度等」よりは心行が大事に思うが、心を求めるに表行がいる。どちらも大切に思います。一方に偏ると無理が生じるような気もします。難しいですね。

■大阪の武田 - 2007/01/22(Mon) 12:37 No.440

私達の道場では「押忍について」道場内では大きな声で「オッス」と挨拶をしようと言っております。ただ時と場合によっては考えてみようとーー。
私は、道場生には次のように説明しております。
 「ここで道場でよく使う、オッスの挨拶について一寸説明をつけ加えます。
空手道場で使うオッスは漢字で「押忍」と書きます。私は色々な意味があると思っております。例えば「よろしくお願いします」「有難うございました」「ハイわかりました」「注意します」「苦しみに耐え頑張ります」「こんにちは」「おはようございます」「さようなら」「お気をつけて」「よく頑張ったなー」などいろいろな面で使用できますし我々もその都度理解できると思います。しかしながら、空手と関係の無い方には一寸無作法と思われるでしょう。時と場合を考えて、オッスと言わないで上記の例のような言葉を(普通の挨拶の仕方)使って下さい」

■押忍(オスッ)の必要性について
あごひげ
a0068770_16482743.jpg
阿部総師範、そして大阪の武田先生、大変貴重なご意見ありがとうございます。
私も昨日から、この オスッ についていろいろ考えてみました。意味合い、捉え方、そして使い方についてです。意味合いについては、道場で子供たちにいつも説明しているのは、『忍耐を押し通すと書くから、がんばります!へこたれません!という意味なんだ。だから苦しいときもうれしい時も氣合いを入れたいときもみんな押忍!でいいんだよ!』と、です。
最終的にはこんなふうに思いつきました。やはりこれは、空手の原点ではないのかなあと思ったのです。空手の原点とは何か、沖縄での禁武政策で武器が使えなかった時代に我が身を守る手立てとして(中国伝来のものを基本に)作られ発展していった唐手(空手)。元々は武術であると。そして、唐手を色即是空空即是色の空から取って空手とし、我が国に最初に紹介、普及させた船越先生は空手に道を付けて人の道を若者たちに伝える手段として広めていこうとなされた。。つまり、これは完全なる日本国で生まれた日本の武道であり、武術、護身術を通り越して武士道、日本人古来の伝統文化を伝えるためのものでもあると私は思います。西洋のスポーツと並列に ハイ!ではちょっと空手に失礼なような氣がしますが、ただ、空手も完全なるスポーツ化、ポイント制に移り変わり本来の空手らしい極めの感覚表現でさえも希薄になってきているようで残念ではあります。ということで、空手といえば 押忍!の精神、私の道場ではどうしても崩したくないなあと思います。
 ハイッ、と言うときは口が開いています。オスッ、と言うと口が閉じて歯を食いしばる形になります。コートに入るときに・・・わざとらしく・・ゆっくり礼儀を深々と見せる、魅せるのはあれは何の意味があろうかと私はずーっと疑問に思っていました。コートに入ったら、形であればその時点で敵が四方八方にいるのにあんなにゆっくり礼をしていていいものかと。。まあ、これはスポーツ競技であり、美を競う芸術点なんだよ、きみぃぃぃ、というような声がどこからか聞こえてきそうではあります。
組手の試合では、ただ黙って礼をするよりは自分に喝!を入れるためにも相手をしっかり見据えて大きな声でオスッ、押忍!と言いたいものです。大きな声を出すことは30パーセントのエネルギーが増量するという研究結果も出ています。私は高校時代は重量挙げをしていましたが、何度声を出してもいいので自分に氣合いを入れる掛け声を出してバーベルに向かい、そして必ず氣合いとともに頭上にあげていました。テニスのプロ選手もボールを返すときに大きな声を出しています。私は、空手道が元々は武術、格闘技である以上は、まずは自分に喝を入れて取り組むことで、やる氣、根性、氣概が身についていくのではと考えます。特に基本組手では必ず当てていけと指導しています。もちろん自分よりも明らかに技術が下であったり自分よりも小さい子に当てるのは厳禁であり、怒ります。
押忍そのものはこのように、まずは自分自身の氣力向上になくてはならない一つの技であり、要素であり、自分に十分に氣が入った上で稽古をしっかり積み、成長し、将来は氣概の備わった大人となり、弱いものを助けたり、正しいと思ったことを声高に主張したりして社会に正しく貢献してほしいと願うものです。いろいろな考え、捉え方があっていいとは思いますが、空手の道の伝統を重んじ、よく噛み締めて真の相手への思いやりは自分自身の強さから回りに向けて発信していくことではないかと考えます。

■東京のむさし先輩より
※以前、先輩よりメールをいただいていました。
原文のまま上げさせていただきます。

・・・・・・
押忍
 押忍シリーズおもしろいですね。杉浦最高師範、中原会長はどういう説明をしてくれるのでしょうか?また、若い師範の先生方はどういう解釈をしているのか?知らないでオス、オスといっている道場生はどう思っているのか?
私が高校生の頃、あるきっかけで空手道場へ通いました。日本大学の師範、OBがやっている町道場でした。挨拶は「チワッ」といっており、学生のお兄さんに理由を聞くとこんにちはの省略だと説明を受けました。大学に入り、空手部(空手協会)にはいると早速「オッス」の挨拶の練習です。「おはようございます」を省略してオスというのかと思い、その頃の先輩に聞きますと、漢字では「押志」と書き、志を押し通すということであると教えられました。また、3年になり幹部になったとき、他校の空手部の幹部との話の中で「押忍」が正しいといわれました。

 一字一字は辞書には以下の通りです。
 押す・・さらに、確かめる(念を押す)
 あえてする(病を押して出席する)
忍ぶ・・人の目につかないように行動を押さえる
  我慢して耐える
           
いままでの私なりの解釈は
 押忍:忍びごころを押し通す
おごることなく、威張らず、出しゃばらず、ケンカをせず
こころは謙虚で、控えめで他人には気配り、心配りをし
寡黙で、我慢強く、忍耐力を養っていく

と、かってに解釈し「おすっ」といっております。押忍

■永遠のハタチ
a0068770_16512977.gif
人道的に間違っていることを「それも一つの意見だ!」とするのはさすがに抵抗がありますが今回の「押忍」談義のような展開は大賛成です。各人の「押忍」に対しての思い・・読んでいて清々しいです。

■まっちゃん
自分は、押忍!は止めません。
大切な精神!(武士道が込められているシンボルの言葉だと思います)
方言だってきつい言葉、有ります。それも使わないようにしなくてはいけないのでしょうか?いや!違います。その言葉には沢山の文化、時代、思いが託されています。
押忍!も同じだと思います。

■若奥様
a0068770_22445585.gif
うちの子は、稽古とか大会とか空手絡みの時は返事が『押忍』になっていましたね。ケッコウ・・目も真面目になって『押忍』と言う・・空手マジモードにスイッチ入った時は使う言葉ですね。あんま、ふざけたりオチャラケた場面では使い辛い言葉ではあるかもね。オチャラケて使いこなせるのはドリフの長さん『おぃ~~っすぅ』くらいか・・
暫く前になりますが、相撲の表彰を巡って・・大阪府知事が女性であると言うことで、女人禁制の土俵に女性が上がるか上がらないかって話題がありました。結局、土俵に上がることはなかったんですが。 男女同権ジェンダーフリーの世の中に流れてはいるけれど、誰に何を言われても古いだなんだ言われても、継承して行かなくてはなんない歴史・文化ってあっていいと思うし、有るべきだと思うんだよね。
ね!まっちゃん。

■大阪の武田

a0068770_2249394.gif押忍の意味について、私なりに勝手に解釈し、使っておりましたが、「東京のむさしさん」の解釈が一番いいと思いました。

「東京のむさしさん」の解釈

いままでの私なりの解釈は
 押忍:忍びごころを押し通す
おごることなく、威張らず、出しゃばらず、ケンカをせず、こころは謙虚で、控えめで他人には気配り、心配りをし、寡黙で、我慢強く、忍耐力を養っていく

私は道場生に伝え、説明をして徹底していこうと思いました、有難うございました。

■あごひげ

押忍について、いいですねー。清々しいですねー。三十数年も先輩や先生への挨拶、応対に押忍を使ってきた一人としては実にうれしいです。皆さんもまた オスッ にそれぞれの思いがあって使っているということを知りました。まっちゃん、和道会内部の温度差なのか、または地域性なのか、ということだと思います。東北の和道の親分の方針だと聞いています。東北特有なのかどうか他見の和道の人にも聞きたいっすね。若奥様、思い出した、そうだね・・・ドリフ、いかりや長介さんの おい~っす て何十年も前だよたしか・・。(いつもありがとう)

今、東京のむさし先輩から来たメールに感動しました。
文章っていいですね。見つけて拾ってくる先輩はたいしたもんです。
オスッを大きく言う訓練をしておけば、社会に出てもハキハキと ハイッ と言える様に思います。ハイッ と言うときの目と オスッ て言う時の目の使い方、意味合いは少々違うように思います。武道、格闘技の氣合いの入った稽古には オスッ が一番 屁理屈抜きで理由や解釈を述べなくとも オスッ だけで分かるような氣がします。オスッ て、あらためて本当に素晴らしいと思いました。
武田先生の むさし先輩紹介文を読んでやっぱりなあ、と思いました。いい文章です、私も大切にしたいです。

押忍!!!  むさし先輩からのメール ↓

▲東京、むさし先輩メール

押忍(おす、おっす)とは、
主に空手道・剣道・柔道などの武道の関係者の間で使われる挨拶の一つ。 由来としては、戦前に京都に存在した武道専門学校(大日本武徳会が運営)の学生の間で生まれたもので、特に先輩が後輩に返礼する際に使われたものが発端という説が有力である。元々は「おはようございます」だったものが「おはよーっす」→「おわーす」→「おす」と縮まり、そこに「押して忍ぶ」(自我を抑え我慢する、の意)という言葉の漢字を当てた結果、現在の形になったのではないかと言われている。
一説では、佐賀・鍋島藩においては山本常朝の「葉隠」が武士道の基本とされ、藩校において厳しく躾が為されていた、若い青年武士たちは互いに励まし合う意味で、往来などで出会った際、押忍!と声を掛け合ったと言われている。応援団や武道家が使う押忍はこちらのほうの意味であり、友達同士でオスというのは前記のように「おはよう」などが縮まったものであると考えられる。
武士道からなぜ応援団などが使うようになったかは定かでないが、旧日本海軍などで使われていたこともあるようで、拓殖大学が最初に「押忍」を使った大学であるとの説もある。
現在では特に朝の挨拶に限らず、何かの問いかけに対する返事など、武道関係者に限らず一般に広く使われる言葉となっている。
☆出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

会津藩の教え
江戸時代、会津藩に日新館という藩校がありました。白虎隊も教えを受けていた藩校なのですが、ここに入る前の子弟に対して「什の掟」というのがありました。
そこにはこう書いてあります。
1つ、年長者の言うことに背(そむ)いてはなりませぬ
2つ、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
3つ、虚言を言うことはなりませぬ
4つ、卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ
5つ、弱いものをいじめてはなりませぬ
6つ、戸外で物を食べてはなりませぬ
7つ、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ
武士道精神に帰依している私には非常に納得の出来るものです。7つ目を除いて。
そして、これら7カ条の後は、こんな文句で結ばれます。
「ならぬことはならぬものです」
本当に重要なことは、親や先生が幼いうちから押しつけないといけません。
たいていの場合、説明など不要です。頭ごなしに押しつけてよい。
もちろん子供は、反発したり、後になって別の新しい価値観を見いだすかもしれません。
それはそれでよい。初めに何かの基準を与えないと、子供としては動きが取れないのです。

 藤原正彦著、新潮新書 「国家の品格」より

■ムサシ - 2007/01/26(Fri) 13:30 No.535
a0068770_22453135.gif
あごひげ先生、メール掲載ありがとうございました。
ご参考にと思い本から抜き出したもので、私の意見は入っておりませんので本日書き込みをさせて頂きます。
空手をスポーツ的にやることも、武道的にやることも両方必要であると思っております
 子供に空手を稽古させ、いろいろな試合で活躍させ、子供に自信を付けることは必要なことです。しかし余り目に見えない現代にもっと大切な、忍耐力つけることも重要だと思います。
(試合で負けても負けても頑張る子供、そして直ぐに切れない子供等、忍耐力をつけ我慢強い子に育ててやること)
宮本武蔵が「千日の稽古(けいこ)を鍛(たん)とし、万日の稽古を練(れん)とす」という言葉を残しています。武道は3年ほどで身体は鍛えられるが(技の世界)、30年練り磨かねば精神(道の世界)は創れないということではないかと思います。私の経験から社会に出たときに役立ったのは後者です。空手の精神(空手5訓)の本当の意味も判らずにいた学生時代に押忍の世界で知らないうちに押忍の精神が心の奥底に創られたのは秘められた宝であると思っております。社会へ出るといろいろなストレスがありました、それを乗り越えていく人間に育ててもらったのは、若い時代に押忍、押忍と挨拶をして空手部生活では、空手が強くなったことや、押忍の言葉ではなく、押忍の精神ではなかったかと思っております。終戦の玉音放送の始めに「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び」という言葉があります。ある有名な先生が「忍びがたきを忍び、押さば押せの精神を創る」と言われていました。会津の什の掟の「ならぬことはならぬものです」はすばらしい言葉だと思います。
「本当に重要なことは、親や先生が幼いうちから押しつけないといけません。たいていの場合、説明など不要です。頭ごなしに押しつけてよい。もちろん子供は、反発したり、後になって別の新しい価値観を見いだすかもしれません。それはそれでよい。初めに何かの基準を与えないと、子供としては動きが取れないのです。」と「国家の品格」著者藤原先生が言っておられますが、子供は親の背中を見て育つという言葉もあります。「ならぬことはならぬものです」と教えるのは人格の出来た親、先生、指導者が言えば役立つものと考えます。
きちんとした空手の指導者が押忍の挨拶を教え、子供達に「ならぬことはならぬものです」を教えていけば、忍耐力のある子供が育てられると思います。きちんと起立して、教えを頂く先生の目を見て、両手を真っ直ぐきちんと身体に付けて、70度くらいのお辞儀をして、大きな声で「押忍」という。
 稽古の初めの「押忍」は
    押・・あえてする(病を押して出席する等に使用)
    忍・・こらえる。我慢する。
稽古の終わった後の「押忍」は
    押・・さらに、確かめる(念を押す)
忍・・人の目につかないように行動を押さえる(教えて頂いた空手を)
 通常の「押忍」は
空手5訓の精神での挨拶
*押忍の言葉は空手5訓が全て入っているのではと思う今日この頃です。軍隊でも敬礼がありますが、一般社会では真似をしても本当の敬礼はしていないと思います。オスッという言葉も空手の稽古(松濤館?)をするための言葉であり、意味は社会に出てから分かればよいと思います。
 30年の空手のブランクがあり、再度稽古を初めて8年目を迎えます。まだ先生方に稽古をつけてもらっている身ではありますが、「押忍」という挨拶をするたびに、人格完成に近づけのではと思い押忍に感謝しております。

■福島県本部@事務加藤

福島県本部@事務加藤です、失礼致します。
本部長にもお話を聞いたのですが、
やはり協会系は「押忍」というのはどなたかも書いていた通り
「しのびがたきことをたえ・・・・」です。
私はそれで良いと思っていますし、稽古を見ていてでちょっと
したことで指摘しても子供他たちは「押忍ありがとうござい
ます。」と返してくれるのが気持ちよいです。
どなたか、「会津士魂」を照会していただきました。
私も出身地が会津の猪苗代なんで話は染み付いております。
細かいことはありますが「会津士魂」で一番大切なのは
「ならぬことはならぬ」というこです。
それを曲解しないようお願いします。
[PR]
# by kancho39 | 2007-01-23 17:00 | ◆武道と空手

楽しかった鏡開き!やっぱり修空館はいいなぁ 

■佐藤惟 中2
a0068770_1350392.jpg
賞状ありがとうございます。もうすぐ、吹奏楽祭があって昨日も今日も部活で猛練習です。鏡開きに行けなくてすいませんでした。阿部さんに賞状を届けてもらってとてもびっくりしましたが、すごく嬉しかったです。寒風マラソン、餅搗き、寺子屋。メールを見てやっぱり、修空館はいいなぁと思いました。来年は受験なので気を引きしめるために絶対参加したいです。少し休みますが今年もどうぞよろしくお願いします。

■雄勝 青木カイ
a0068770_13503138.jpg
▲カイ:
マラソンでドロをふんだ時、痛かったけどだんだん慣れてきて走れるようになって最後まで氣合いを入れてがんばりました。おもちでキナコモチが一番おいしかったです。遊びの寺子屋ではビックカルタが一枚もとれなかったけど楽しかったです。表彰されてうれしかったです。氣不動明様に『今年、空手で優勝できますようにとお願いしました』僕は今年も毎日空手をがんばります\(^O^)/
▲母:
館長、内海さん各道場の役員やお世話係の皆様本当にお疲れさまでした。m(__)m皆様の前々&早朝の準備のおかげで今年も楽しい鏡開きが成功しましたね。子供達と一緒に走ることができ今年も頑張るパワーをいただきました\(^O^)/お餅もとてもおいしくいただきました(*^^)v 一番うれしかったのはカルチャーママ空の梶原さんが『修空館で空手をやることができてすごくよかった』といってくれたことです。 私の今年の目標は渡辺さん、庵原さんと一緒に黒帯になれるように稽古を頑張りたいと思いますのでビシビシご指導をお願いいたします。

■指導者、副館長の言葉! 
庵原晃太 父
a0068770_13504611.jpg
晃太・・・もち九こ食べてうまがった。おれもうでづもうでたかったなあ。今年のもくひょうは心をきたえる!父・・・鏡開きご苦労さまでした。指導者の方々の新年の挨拶、とても心に響きました。特に副館長の継続という言葉は今の子供達にとってものすごく大事な事だと思います。何か失敗したりつまづいたりすると直ぐに諦めてしまう子供達が多い中、継続という言葉に気づかされた親も多いのではないでしょうか。指導者の方々の言葉を噛み締めて自分にできることを精一杯頑張っていきます

■どこで食べるより美味しい...
河南道場 奥野
a0068770_13541538.jpg
▲瞬→とても寒かったです。寒風マラソンをすると一年間頑張れる気持ちになれます。中学生になっても頑張る!
▲愛→寒くて足が痛かった。でもさいごまで走れたからよかったです。
▲父→鏡開きでは大変お世話になりました。あまり手伝いをできなくてスミマセン… 準備をしてくださった父兄の方々にはスゴく感謝してます。毎年のことなのに、いつも新鮮な気持ちで参加させてもらってます。裸足でのマラソンは何回見ても感動しますね!今年一年を乗り切る力をここでもらっていると思います。私は他にも楽しみにしてるのが鏡開きで食べるお雑煮… どこで食べるより美味しいんですよねv(^-^)v 今年も行事や大会、みんなで頑張りましょう\(^_^)/ 私もできる限りの協力をしたいと思いますので宜しくお願いします。館長はじめ、役員の方々・父兄のみなさん本当にご苦労様でした。

■桃生 佐々木歩夢
a0068770_1312146.jpg
《歩夢》
あしがいたくてさむかったけどがんばってはしった。もちおいしかた。
《歩夢母》
発走前に走路を掃きながら『雪ふらなきゃいいなぁ、これ絶対足痛いよね(汗)』と思っていましたが、息子はそんなに痛がらず、弱音も控え目に(笑)頑張っていました。天気にも恵まれ(?)無事完走することができホッと一息(つω-`*)… ジャンボカルタも声高々に応援・騒ぎ楽しかったです。腕相撲…明日は筋肉痛になる予感( ̄▽ ̄;)
年明け早々楽しい時間が過ごせました、皆様お疲れ様でした。今年も一年宜しくお願いしますm(цц)m

■小さい子教室 荒井
a0068770_1315453.jpg
☆荒井魁斗(小1)
きょう、から手のかがみびらきがありました。
はじめに、はだしでマラソンをしました。足がつめたかったけれど、がんばってはしりました。
つぎに、正ざをしてごきとうがありました。
そのあとに、もちをついてもちを七こたべました。
さいごに、かがみびらきでぼくがおねがいしたことは、しょうきゅうしけんできゅうがたくさんあがりますようにとおねがいしました。
(宿題日記「あのねノート」より)
☆荒井翔吏(年中)
あしがいたかったですけどがんばりましたねがいわにいちゃんよりつよくなりたいですおもちお6こたべましたかるたお1まいとりましたにわでころびました
あらいしょうり
☆母
2年目ですが、泣き言ひとつ言わず走るふたりの姿にまた感激してしまいました。本当に、楽しくて美味しい1日をどうもありがとうございました(^-^)
今年が、皆さんにとって素晴らしい1年でありますように!

a0068770_2124143.jpg

■指導員 佐藤ゆり
a0068770_21113630.jpg
今日は本当にありがとうございました。久しぶりに空手衣に手を通し、気持ちが引き締まりました。また、子供達と一緒に裸足で走って、みなさんから元気をもらえた気がします。それに何よりも、はじめは恐がって泣いていた子供たちが、周りのお兄さん・お姉さんに遊んでもらって、後半はお昼寝をするのも忘れて、楽しそうに走り回っていたのが印象的でした。これも、修空館の、「先輩が後輩の面倒をみる」という教えが、みんな自然に身についているからなんだなぁと思いました。 これからも、折りを見て練習に参加していきたいと思っています。ただ、まだ私一人で幼い子二人を連れて練習に行くには、少し勇気がいるので、東松島市の佐々木沙希ちゃん・凌馬君、また、ママ空のみなさんの協力を得ながら、徐々に慣らしていきたいと思います。聞き分けがなく、泣き虫の子供で、何かとご迷惑をおかけすると思いますが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

■楽しかった鏡開き! 鹿又 伊藤兄弟
a0068770_21115783.jpg
□広樹 父
仕事のため、途中でぬけたりして、途中からの参加でした。
鏡開きの行事をするにあたり、館長はじめ役員のみなさん、ありがとうございました。お手伝いできず、いつもすまない気持ちでいます。空手をはじめて子供がたくましくなっているのを感じています今年もよろしくお願い致します。
□広樹
雑煮のおもちがうんとおいしかったです。今年は平安二段ができるのが目標です
□啓太
あんこもちがおいしかったです お兄ちゃんとおなじきいろ帯になりたいです

■美味しかった! 佐藤さえ母
a0068770_21263410.jpg
今日は大変お世話様でした。今回の鏡開きもたくさんの皆さんの協力で無事に終えることができましたね。今年のお餅もとっても美味しかったです!ありがとうございました。今年も頑張る子供達の支えになれるように親も努力を続けていきたいと思います。親子共々、宜しくお願いいたします。
▲良・・今日はちょっとだけ足が痛かった。カルタは2枚取れてよかった。おもち美味しかったよ。
▲沙恵・・きょうはマラソンのときさむかったけどがんばって気合いを入れてがんばりました。おもちはとってもおいしかったです。寺子屋はカルタは1枚しかとれなかったけれど楽しかったです。

■感激しました! 仙台弘氣会 小幡
a0068770_21132114.jpg
本日は大変お世話になりました。感激しました。幼い小さな素足で駆け抜ける寒風マラソン、そして有難い和尚さんの講話は、子供達の心そして体を たくましく成長させたとおもいます。正に今日の講話で教えられた技と心は同時に強くならなくてはならないのお話の通り です。それからおもちバイキングに子供達おおよろこびでした。昔ながらの、きねうすでついたオモチ、くるみ、しょうゆ、あんこ、ぞうに、ごま、書ききれないほどのご馳走ほんとに幸せに、子供達と頂きました。お世話人のかたがた、実行委員のかたがたお礼を申しあげます。ありがとうございました。初参加の、横田パパは、自分も空手をしたくなりましたと感想をのべてました。次回は横田さんも、空手着を着ていることでしょう。なんといっても、技術局長の人間の大きさ人柄にも深く心を、打たれました。まさに心やさしく人を包み込む立派な若武者でした。今日はほんとにありがとうございました。

■カルチャー梶原母と子2人
a0068770_21265852.jpg
◇梶原大輔より→
楽しかった。おもちつき、2回やったけど、もっとやりたかった。走る時最初は痛かったけど、あとは全然痛くなかった!
◇まひる→
すっごく楽しかった~。(と言って寝てしまいました)
◇ 陽子→
寒風マラソン、そばにいた子がケガをして出血して、私も足の裏に小石がくっついて、本当に走んの~?って心境でしたが、不思議と痛くなくなりました。大泣きするまひるについていてくれた副館長さん&渡辺さん、ありがとうございました!他の道場のママ空さん達や、知り合えた子供達の顔と名前が一致して、大笑いして話す機会があって、すごく嬉しい一日でした!‥きなこ餅が甘くて美味でした(≧ω≦)!
a0068770_21313434.jpg
[PR]
# by kancho39 | 2007-01-14 21:14

感謝⇒そして、輝ける新年に当たり

■JEK総師範 阿部 信行
(一年の感謝と御礼)
a0068770_21404969.jpg
NPO本格的にスタートし、活動が展開できたこと本当におめでとう。
これも理事長の情熱の賜物にほかならないものです。来年からはNPOの真価が問われることが多くあるかも知れません。 子供が主人公を土台に、子供・親・指導者が共に育つ、共育を目指して行きたいものです。微力ながら私も努力させて頂きます。 今年一年に感謝し、至らなかったこと、気付かなかったことを詫び、来年の活動展開を願って行きたいと思っておるところです。 一年間、ありがとう。 山形・阿部

■JEK守護神!
(関東地区本部長) 小澤 智
a0068770_2243944.jpg
1年ありがとうございました
年が明けて、今年はどんな年になるかな?と思いますよね。期待よりも不安が先立つ中でJEKの2年目は皆さんどう感じましたか。山形県本部が出来、年末には福島県本部とすばらしい先生方が一緒に活動していただけるようになりました。未来が見えてくるような嬉しい思いです。ただ決して順調に良い事ばかりでこの1年を過ごせた訳ではありませんね。そんな重苦しい雰囲気を乗り越える力(パワー)は、いつも一致団結したJEK指導者・スタッフ・保護者の皆さの思い、協力体制だったと思います。来年はもっともっと大きな輪(和)となりJEKを押し進めていきたいと思います。ことし一年大変お世話になりました、ありがとうございました。

■JEK山形県本部長 佐藤 孝司

NPO(法人)日本教育空手協会総本部、各道場の皆様新年明けましておめでとうございます。昨年度は大会等、いろいろお世話に成り山形県本部一同心から御礼申し上げます。又 総本部の昨年は、第一回全国大会の成功、福島県本部の設立、又 各大会での好成績、これも理事長を初め皆様方の努力結果が実った事と思います。皆様に取って今年は昨年度より良い歳に成る様に遥か山形より祈って居ます。各道場の皆様、今年も頑張って下さい山形県本部も負けないように頑張って行きます。最後に皆様、今年も宜しく願います。押忍

■JEK護身強化部長 玉田 光一

館長、この一年間大変お疲れ様でした(__)。第一回全国大会で館長が見せた(涙)いまでも忘れません。組織も意思統一された、他に類をみない協会に着々と構築されつつあることは、実に素晴らしいことと思います。空手の道は、人の道、教育のため、正に教育空手協会は、 「救道無限」。館長を中心に、各先生方、優秀な指導者の方々さらにママ空の皆様、縁の下て゛支えてくださっている役員こ゛父兄の方々本当お疲れ様でした。会員の皆様、どうか、自信と誇りさらにプライドを持ち来年も、修空館ここにあり、意地と根性さらに気合いで稽古に励んでください!私は、今日も、大晦日も夜勤で休みはありませんがこれも修行であると心に決め、不平不満を言わず淡々と住民の皆様の安心、安全を守っております。つたない文になったことをお詫び申し上げます。一年間大変御世話になりました。 押 忍 !

■JEK事務局長 内海 裕子
a0068770_2223816.jpg
今年も数時間で新年を迎えようとしています。一年間、めまぐるしく日々が過ぎました。特に館長においては晴天だと思うと急に台風が来たりと全国大会開催に当たって相当な苦労をみてきた私にとっては当日の開催を迎えられることに大変感動しました。また役員の方々はみな協力的でこれから益々充実した体制がとられていくものと思います。仲間が毎年増えて行くことは大きな喜びであります。来年は今年以上に沢山の仲間と出逢えることを願っております。一年間お世話様でした。ありがとうございました。

■JEK普及部長 石井 夏子
a0068770_221864.jpg
皆さんが言う様に、一つ一つの大会、行事を終える度に、達成感を味わう事ができた一年でした。(^-^)これまでにない、素晴らしい協力体制でした。そして、JEKに新しい仲間が増え、これまでの大会とは違ったとても良い環境の中での大会になりました。多賀城での組手練習会も雰囲気よく、他の指導者の方々が子供たちに声をかけてくれたり、指導して下さる様子が、当たり前なのだろうけど、すごく嬉しい事でした。最後になりましたが、指導者の皆さんありがとうございました。今年は、遠方より小澤先生が何度も来て下さり、東京でも…そしてDVDの作成、たくさんお世話になりました。玉田先生もちょこちょこ稽古にも来て下さってました。本当に言い尽くせない程たくさんの方々にお世話頂き、子供たちは幸せです。これを当たり前と思わず、感謝の気持ちを持って欲しいと思います。皆さんお疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。(^-^)v

■JEK副事務局長 佐藤 真紀
a0068770_2201313.jpg
沙恵母です。今年も一年間たいへんお世話になりました。今年は4月に良の入門と同時に母は総務の仲間入りをさせていただきましたが本当に何も分からずに皆さんに頼りっぱなしでした。内海さんはじめ、先輩総務の皆さんに教えていただきながらなんとか一年が無事に過ごせたかなぁと思っています。色々な事がありましたが、JEK全国大会の成功はとてもうれしく、印象に残っています。まだまだ足りないところもたくさんある私ですが、来年も子供達のパワーに負けないように、充実した毎日にしていきたいと思っています。来年もよろしくお願いしますm(__)m

■JEK副事務局長 千葉 ゆかり

総務千葉です。館長、副館長、その他先生方ご苦労様でした。また内海さん初め総務、役員の父母の方々ご苦労様でした。今年初めて総務役員としてやって来ましたが、はっきり言って大変でした。でも内海さん佐藤さんなど沢山の役員のお母さん方の協力の元一年やって来れた事、本当に感謝しています。今年一年で大きく変わった事は総務役員のお母さん方が館長の仕事を自ら引き受けてくれ、この様な役員体制を作ってくれた事がとても良かったと思いました。来年も皆さんの協力を貰い頑張りたいと思います。宜しくお願いします。

■JEK総務部長 吉田 いずみ

この一年間大変お世話になりました。修空館でお世話になった数年間の中で一番充実した一年間だったような気がします。大会や行事が終わる度に感じる達成感、充実感はとても言葉では言い表せないですね!まさしく《わ》の一言。和+輪。指導者の方々&父兄たち、子供たちの先輩&後輩みんなの輪… その繋がりが子供たち、みんなのエネルギーとなり、次に向けての力になったと思います。そして今年新しく仲間入りしたみなさんもJEKの輪の中に自然に入れたようですね!これからも二重、三重とますます大きな輪が広がるように来年もみんなの“和”でがんばりましょうねぇ~! って事で一年間有り難うございました!!来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

■雄勝会長 阿部 久利

漸進!JEK!!今年一年を振り返って、あえて漸進の文字で表したいと思います。意味は、順を追ってだんだんに進むこと。「目標に向かって漸進する」。2 少しずつ進歩すること。「漸進的に改良される」歩みは小さかったかもしれないけど確実に、ゆっくりと前に進み出したのではないでしょうか。館長をはじめ指導者や幹部の皆様、保護者の皆様、苦労の中に手応えがあったのではないでしょうか?少なくとも自分はそう思います。そして何よりこの大切な時間を共有できたことを私は嬉しく思います。飛躍に繋がる漸進の年である今年に経験した苦労や失敗、そして喜びは今後JEKの発展と共に良き歴史となると確信しています。

■東松島会長 佐藤 明美

お世話様です!!一年締めくくりの芸能大祭…皆々様、大変楽しく、ほのぼのした時が流れていましたね!館長感慨ひとしおだと思います。。東松島道場も新しい子供たちが増え親の平均年齢もググググッと若返りをしましたv(^-^)v 特に若いお母さんたちには、まだまだ道場の事を把握しきれていないのに秋の寺子屋大運動会、NPO全国大会、そして昨日の芸能大祭と一生懸命に手伝っていただきました。(古いと言われるようになってしまった皆さんも同じですよ~) 有り難き幸せです!!来年も忙しくも楽しい時を過ごせたらなと思います。。娘は、小さい子供たちと芸能大祭に出る事ができて嬉しかったそうです!年が明けて鏡開きも頑張って小さい子供たちのお世話をすると言ってます。。では皆様、今年一年大変お世話になりました!良いお年をお迎え下さい。また来年も宜しくお願いします!その前に今日はクリスマスイブでした。。メリークリスマス♪(*^ ・^)ノ⌒☆

■河南会長 庵原達也

河南道場の庵原です。今年はいろんな皆さんに大変お世話になりありがとうございました。自分自身もさまざまな勉強や経験をつませていただき本当に感謝しております。これも道場関係者の皆様方のおかげだと深く感じております。さまざまな大会での子供たちの堂々とした姿、目標を持って稽古に励む姿には大人としてだんだんと夢を持って人生を歩んでいくことが難しいと感じている自分には、よい経験になったと感じています。これからもっと道場全体がよくなるようにがんばっていきましょう!今年一年、本当にありがとうございました。

■桃生今野会長 今野 まゆみ
a0068770_22632.jpg
今年1年大変お世話になりありがとうございました。1年というのは本当にあっという間ですね‥。大会全出場の子供達に私も追っかけをしてきましたが、忙しいながらも特に山形、神奈川、武道館での大会では得る物が多く1年間の中身はたっぷりと身が詰まり身も心も満腹です♪ また、第1回全国教育空手錬成大会を開催できましたこと心より嬉しく思われます。ひとまわり成長した我が子に目を細めるばかりです。今後共親子共々ご指導の程宜しくお願い致します!

■豊里会長 秋山 礼子

お世話様です。今年も、あっという間の一年でした。鏡開きから始まって遊びの寺子屋、芸能大祭と楽しかったですよね。子も親もその都度新しい経験や懐かしさを覚えているのではないでしょうか?試合でのコート係としてルールや点の入り方を勉強会し実際やらせて頂きそれもまた良い経験となりました。来年もお世話になります。
[PR]
# by kancho39 | 2007-01-02 22:01 | ◆日程&報告

寄贈がありました!

■館長がしたことに・・・と言われましたが・・・いただきました!
a0068770_10562755.jpg

a0068770_10581519.jpgトイレの手洗いで皆さんに不自由を掛けていましたが、大きな入れ物、つうのか、水道の工事関係とセットですべてやっていただきました。大変恐縮です。。
そう言えばある人が、『芸能大祭の宝くじ当たったら館長、まずトイレは水洗にしましょう!』と言われましたが・・・、私は、何でも便利すぎて子供たちの物の有り難味が薄くなった今日においては・・、『ぽっとんトイレ』もまたいいのでは・・と思っています。ぽっとんトイレだと、3m下に落ちる音が心地よいのですよ。なんか悪運が出ていったという爽快感というか・・・。まあ、、宝くじが当たってからの話です。

◎芸能大祭での宝くじ・・・1~3等、並びに一等前後賞に当たったら、半分はJEKに。そしてJEKでは恵まれない子供たち関係の団体ほかに寄付する内容についてみんなで協議の上使う、として全体メールで流しています。誰かがきっと1~2億円が当たりますのでそしたら、人間を変えないでください。空手も続けてください!

■技術局長より杵(きね)を作ってもらいました。
a0068770_10551999.jpg
鏡開きしか使いませんが、今までのでは小さい子供たちが持てない、ということで技術局長は持ち前の器用さで少し小さい、子供たちでも持つことのできる 杵(きね) を二本も作ってくれました。小さい子供たちが歓声をあげて餅つきする様子が目に浮かびます!

■技術局長のお爺さんより 臼(うす) を作っていただきました。
a0068770_10555687.jpg
北振社寺工業KK社長より、技術局長が作った 杵 に合わせて、総本部二つ目の 臼 が寄贈されました。今舞台にある臼よりも一回り小さくとてもかわいい臼です。
これで、新年の鏡開きは二つの臼で効率よく餅つきができます。小さい子供たち、乞うご期待です。
[PR]
# by kancho39 | 2006-12-30 10:59

JEK漸進の一年でした!

一年の締めくくり!
■JEK総師範 阿部 信行
a0068770_2250558.jpg
NPO本格的にスタートし、活動が展開できたこと本当におめでとう。
これも理事長の情熱の賜物にほかならないものです。来年からはNPOの真価が問われることが多くあるかも知れません。子供が主人公を土台に、子供・親・指導者が共に育つ、共育を目指して行きたいものです。微力ながら私も努力させて頂きます。今年一年に感謝し、至らなかったこと、気付かなかったことを詫び、来年の活動展開を願って行きたいと思っておるところです。 一年間、ありがとう。 山形・阿部

■山形県本部長 佐藤 孝司
a0068770_2250984.jpg
芸能大祭の成功おめでとうございます。NPO《法》日本教育空手協会に加入しての今年を振り返ります。まずは、鶴岡市での東北大会は記念すべき第一回目の大会でしたが、阿部総師範を初め、父兄会、指導者、役員が一致団結して日夜時間を惜しまず協力しあったことで大会を成功のうちに終えることができました。本当に皆様ありがとうございました。それと、遠距離の所、技術局長から子供達のご指導をいただき、子供達に大きな勇気と希望を与えてくれ、また我々指導者にも良い勉強の機会になりました。又来年もお願いします。最後に、同じ目的を持つ仲間が福島県に発会設立したこと、山形県本部一同心より喜んでいます。本当に今年はいろいろお世話になりました。山形県本部は来年も総本部と共に歩んで行きます、宜しくお願いします。山形本部 佐藤  押 忍。

■JEK護身強化部長 玉田 光一
↓☆写真は護身イメージ
a0068770_22513946.gif
館長、この一年間大変お疲れ様でした(__)。第一回全国大会で館長が見せた(涙)いまでも忘れません。組織も意思統一された、他に類をみない協会に着々と構築されつつあることは、実に素晴らしいことと思います。空手の道は、人の道、教育のため、正に教育空手協会は、 「救道無限」。館長を中心に、各先生方、優秀な指導者の方々さらにママ空の皆様、縁の下て゛支えてくださっている役員こ゛父兄の方々本当お疲れ様でした。会員の皆様、どうか、自信と誇りさらにプライドを持ち来年も、修空館ここにあり、意地と根性さらに気合いで稽古に励んでください!私は、今日も、大晦日も夜勤で休みはありませんがこれも修行であると心に決め、不平不満を言わず淡々と住民の皆様の安心、安全を守っております。つたない文になったことをお詫び申し上げます。一年間大変御世話になりました。 押 忍 !

■JEK総務 佐藤 真紀
a0068770_2254546.jpg
沙恵母です。今年も一年間たいへんお世話になりました。今年は4月に良の入門と同時に母は総務の仲間入りをさせていただきましたが本当に何も分からずに皆さんに頼りっぱなしでした。内海さんはじめ、先輩総務の皆さんに教えていただきながらなんとか一年が無事に過ごせたかなぁと思っています。色々な事がありましたが、JEK全国大会の成功はとてもうれしく、印象に残っています。まだまだ足りないところもたくさんある私ですが、来年も子供達のパワーに負けないように、充実した毎日にしていきたいと思っています。来年もよろしくお願いしますm(__)m

■JEK総務 千葉 ゆかり
a0068770_23412283.jpg
総務千葉です。館長、副館長、その他先生方ご苦労様でした。また内海さん初め総務、役員の父母の方々ご苦労様でした。今年初めて総務役員としてやって来ましたが、はっきり言って大変でした。でも内海さん佐藤さんなど沢山の役員のお母さん方の協力の元一年やって来れた事、本当に感謝しています。
今年一年で大きく変わった事は総務役員のお母さん方が館長の仕事を自ら引き受けてくれ、この様な役員体制を作ってくれた事がとても良かったと思いました。来年も皆さんの協力を貰い頑張りたいと思います。宜しくお願いします。

■JEK総務 吉田 いずみ
a0068770_22564851.jpg
この一年間大変お世話になりました。
修空館でお世話になった数年間の中で一番充実した一年間だったような気がします。大会や行事が終わる度に感じる達成感、充実感はとても言葉では言い表せないですね!まさしく《わ》の一言。和+輪。
指導者の方々&父兄たち、子供たちの先輩&後輩みんなの輪… その繋がりが子供たち、みんなのエネルギーとなり、次に向けての力になったと思います。そして今年新しく仲間入りしたみなさんもJEKの輪の中に自然に入れたようですね!これからも二重、三重とますます大きな輪が広がるように来年もみんなの“和”でがんばりましょうねぇ~! って事で一年間有り難うございました!!来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

■雄勝会長 阿部 久利
a0068770_23424018.jpg
漸進!JEK!!
今年一年を振り返って、あえて漸進の文字で表したいと思います。意味は、順を追ってだんだんに進むこと。「目標に向かって漸進する」。2 少しずつ進歩すること。「漸進的に改良される」歩みは小さかったかもしれないけど確実に、ゆっくりと前に進み出したのではないでしょうか。館長をはじめ指導者や幹部の皆様、保護者の皆様、苦労の中に手応えがあったのではないでしょうか?少なくとも自分はそう思います。そして何よりこの大切な時間を共有できたことを私は嬉しく思います。飛躍に繋がる漸進の年である今年に経験した苦労や失敗、そして喜びは今後JEKの発展と共に良き歴史となると確信しています。

■東松島会長 佐藤 明美
a0068770_23472618.jpg
お世話様です!!一年締めくくりの芸能大祭…皆々様、大変楽しく、ほのぼのした時が流れていましたね!館長感慨ひとしおだと思います。。東松島道場も新しい子供たちが増え親の平均年齢もググググッと若返りをしましたv(^-^)v 特に若いお母さんたちには、まだまだ道場の事を把握しきれていないのに秋の寺子屋大運動会、NPO全国大会、そして昨日の芸能大祭と一生懸命に手伝っていただきました。(古いと言われるようになってしまった皆さんも同じですよ~) 有り難き幸せです!!来年も忙しくも楽しい時を過ごせたらなと思います。。娘は、小さい子供たちと芸能大祭に出る事ができて嬉しかったそうです!年が明けて鏡開きも頑張って小さい子供たちのお世話をすると言ってます。。では皆様、今年一年大変お世話になりました!良いお年をお迎え下さい。また来年も宜しくお願いします!その前に今日はクリスマスイブでした。。メリークリスマス♪(*^ ・^)ノ⌒☆

■桃生今野会長 今野 まゆみ
a0068770_22573192.jpg
今年1年大変お世話になりありがとうございました。1年というのは本当にあっという間ですね‥。大会全出場の子供達に私も追っかけをしてきましたが、忙しいながらも特に山形、神奈川、武道館での大会では得る物が多く1年間の中身はたっぷりと身が詰まり身も心も満腹です♪ また、第1回全国教育空手錬成大会を開催できましたこと心より嬉しく思われます。ひとまわり成長した我が子に目を細めるばかりです。今後共親子共々ご指導の程宜しくお願い致します!

■豊里会長 秋山 礼子
a0068770_2344627.jpg
お世話様です。今年も、あっという間の一年でした。鏡開きから始まって遊びの寺子屋、芸能大祭と楽しかったですよね。子も親もその都度新しい経験や懐かしさを覚えているのではないでしょうか?試合でのコート係としてルールや点の入り方を勉強会し実際やらせて頂きそれもまた良い経験となりました。来年もお世話になります。

■河南会長 庵原達也
a0068770_22461695.jpg
河南道場の庵原です。今年はいろんな皆さんに大変お世話になりありがとうございました。自分自身もさまざまな勉強や経験をつませていただき本当に感謝しております。これも道場関係者の皆様方のおかげだと深く感じております。さまざまな大会での子供たちの堂々とした姿、目標を持って稽古に励む姿には大人としてだんだんと夢を持って人生を歩んでいくことが難しいと感じている自分には、よい経験になったと感じています。これからもっと道場全体がよくなるようにがんばっていきましょう!今年一年、本当にありがとうございました。
[PR]
# by kancho39 | 2006-12-28 22:59 | ◆JEK&総本部

♪芸能大祭の感想♪

◆みんなで作った福笑い! カルチャー梶原
a0068770_10201683.jpg
▲梶原大輔…なんかドキドキした~☆
▲まひる…楽しかった!
▲母陽子…初参加させていただき、ありがとうございました!!司会の中舘さん、後ろにいらしたバニ-ガ-ル?さん、私のモジモジ君タイツ姿に元気をもらいました!と。あんなにステ-ジが高いと思わず、目が点になりましたが、みんなで作った福笑いの館長クマと共に、ステ-ジに立てて良かったです!!

◆《歩夢》 とママ
a0068770_12594038.jpg
《歩夢》
ビンゴでDSとれなかったのが残念だった。次はスカートは履かない!楽しかったです。
《歩夢母》
『芸能大祭』皆様ご苦労様でした。我が子の晴れ姿(女装)しかと目に焼き付いています(笑)。 練習時は空手の稽古とは違うものの、ニヤニヤしながらも頑張って振りを覚える姿が印象的でした。本番で沢山の方々からの拍手に感動(涙) わたしもおにゃんこ頑張りました( ̄▽ ̄;)g゛『芸能大祭』一年を締め括るにはもってこいのイベントですね!早くも来年が楽しみです!!空手を習い始めて約半年ですが、中身の濃い充実した日々が過ごせました。これも、館長・先生方・先輩方のお陰であると思います。皆様本当にお疲れ様でした、そして来年もよろしくお願いします(八∀-`)

・・・・・・

皆さんお陰さまでした!↓まずは舞台作りから!ということで前日にお父さんたちにご協力いただきました(感謝)。
a0068770_12562426.jpg

司会者の中舘さん(病院の婦長さん)マイク持っていざ出陣!
a0068770_20161049.jpg
a0068770_23171886.jpg
◆石井ママ 投稿日:2006/12/23(Sat) 23:38 No.163
a0068770_2013220.jpg ・夕菜…グループのみんなと、ステージでダンスをおどってつかれたけど、芸能賞をもらえてよかったです。
・星也…賞がもらえなかったけど、しゅわがうまく出来て、よかったです。
・朝香…ゲイノウタイサイで、しょうを、もらえなかったのが、くやしかったです。でも、おもちゃがもらえました。あと、さいごに、たのしかったです。
・母…皆さんお疲れ様でした。m(_ _)m芸能大祭も無事に終了しほっとしました。σ(^◇^;)。。。子供たちも練習の成果が出せたかな?ヾ(^_^;子供たちも頑張りましたが…朝から焼そばを焼いていた今野先生・大槻さん・井手段さん頑張ったかいあって好評でした。中舘さんの素晴らしい司会進行・舞台裏で音響をしてくれていた副館長、たくさんの方々が芸能大祭の為に頑張ていただきました。ありがとうございました。来年も皆さんよろしくお願いします。m(_ _)m

a0068770_1257379.jpg

◆井手段 - 2006/12/23(Sat) 23:39 No.164
a0068770_20144153.jpg お疲れ様でした
今日はありがとうございました。家族総出で楽しい一日になりました。心の感想の代わりにおさるの絵を送ります。では、よいお年を!

◆米山ハジメより - 2006/12/23(Sat) 23:41 No.165

◎ハジメより→演技では大賞を取れなくて残念でした。でも自分なりに良く出来たと思います。今年一年を振り返って、空手で一番の思い出は全国大会に行った事です。夏の強化稽古は頑張ったけれど決勝まで行けなくて残念でした。来年の目標は、もっと上達して黒帯を取りたいです。
◎母より→今日は大変お世話様でした。役員の皆さんもお疲れ様でした。とても楽しい芸能大祭でしたね。来年の鏡開きも力を合わせて頑張りましょう(^o^)
それでは良いお年を~

◆米山伊藤 - 2006/12/23(Sat) 23:42 No.166
a0068770_2081049.jpg
お世話になりました。米山伊藤です。博斗の感想です。(^O^)/芸能大賞になれてうれしかったです。三人で練習して上手く踊れたので楽しかった。焼きそばも美味しくて、二個食べました。母o(^-^)oみなさん本当にお疲れ様でしたm(__)m今回はなにもお手伝いが出来なくて大変申し訳ありませんでした。オニャンコママーズも楽しく踊れたのでよかったです(^O^)役員の皆様大変ご苦労様でした。ありがとうございましたm(__)m
a0068770_1259061.jpg

◆秋山たいき&母 - 2006/12/24(Sun) 01:46 No.168
今日は皆さんお疲れ様でした。私たち親子にとって今年で三回目の芸能大祭でしたが一年の締め括りとしてに楽しみとしている行事であり今年もかわいい・たくましい・笑える…などなど沢山の芸や踊りや歌を見せて頂きました。バザーも値切って買い物できたし、ビンゴも六枚中三枚も当たり息子は高価な物を頂くことができました。宝くじも購入しておけばよかったかな?
大輝→今日は踊りふざけないで頑張った。間違わなかったから良かったです。最後に俺の狙ってた剣当たったのでラッキーだった。

◆中里 母と子 - 2006/12/24(Sun) 11:10 No.169
a0068770_12591755.jpg
◎萌衣…れんしゅうの時は何回も間違えたエンピがまちがえないでできてよかったです。うたもまちがえないでうたえたけどおかあさんがまちがえたのでガッカリでした!
◎母…今日は大変お疲れ様でした!今頃は皆さん安心して爆睡中でしょうか?私は帰り道、緊張が完全に解けトンネルの手前で仮眠を…f^_^;実は前の晩あまり眠れなくて(*_*)見かけに寄らず小心者なもので人前はめちゃくちゃ苦手。歌の反省、、声が上手く出なかったし歌詞を間違え………(:_;)
今年の焼きそばも美味しかったです。今野先生・大槻さん・井手段さんありがとうございました(^O^)/中舘さんお疲れ様でした。総務の方々、父兄の皆様ありがとうございました。来年も皆さんよろしくお願いします。<(__)>

◆吉田家四人の子供たち - 2006/12/24(Sun) 11:12 No.170
a0068770_130281.jpg
昨日は大変お疲れさまでした… とても楽しい一日となりましたね!笑いあり、感動ありの発表でみんなどの子供(プラス母達)も一生懸命でした。司会の中舘さん初め、裏方のみなさんが頑張ってくれたおかげでスムーズに時間通り進行できた事も素晴らしいですね!我が子の発表さえ見れないで動いてる方がいるのに、「申し訳ないなぁ~」とおもいつつ私は一人ビデオとにらめっこしながらゆっくり、じっくりと拝見してしまいました… 演技も年々バージョンアップしてきて、すごいなぁ~と感心しながら… 来年は是非、館長の発表を楽しみにしています♪ 今野先生たちの“おやじ焼きそば”とても美味しかったです(^-^)v
ps.我末娘たちがビデオ録画中にうるさくするので、ついに私の怒鳴り声が…テープに入っていたらすみません!
▲美里:今年が最後の芸能大祭で賞をもらうことができてとてもうれしかったです。ビンゴは当たらなかったのでくやしかったけど、とても楽しかったです。
▲匠:しょうはとれなかったけど、ビンゴがおもしろかった。ケンがもらえてよかった。
▲美緒&亜美:とてもたのしかった。おもちゃとおかしをもらってよかった。
以上、子供たちの感想です。良いお年を迎えて下さいね!!一年間有り難うございました☆彡☆彡☆彡☆彡

■加茂 母
メリークリスマス♪
a0068770_2231882.jpgイブの夜楽しくお過ごしでしょうか?我が家は去年に続き喪中の為サンタは来ません。にもかかわらず、娘が枕元に靴下を置いてたので 私が1日履いた靴下を中に入れといてあげました☆すいません…、芸能大祭の感想ですが、
◎飛鳥「おもしろかった、ビンゴでけん当てた」一言でしたが、その剣が気にいってずっと手から離さず ジャックスパロウになったつもりです。
今野先生、ナイス!母の感想ですが、毎年グレードアップしてますよね~、私の中のNo1は中里さん親子です。あと高学年の女の子のダンス見て楽しかったしタラコもいいし、おにゃんこブラボー!最初から最後まで楽しめました(^O^)表舞台のたくみな進行から裏方さんの見えない協力により大成功に終わった芸能大祭、役員の方々、お父さん方、関わった人達、有難うございました。楽しかったデス!

■今野兄弟
a0068770_2221980.jpg
▲大樹~舞台に上がったとたん心がどきどきしました。だけど歌ってるあいだに慣れました。ビンゴではさいごに当たったのがくやしかったですo(T□T)o
▲美鈴~ぶたいにでてからすごくきんちょうしました!でもがんばってやりました。2月になったらしょうきゅうしんさ、3月になればぜんしょうのたいかいなのでがんばります!
▲瑞樹~げ―の―たいさいにやったのわ。そらぶねです!一ばんたのしかったのはびんごたいかいです。あたらなかったけどたのしかったです。
▲ハハ~今年最後の恒例イベントも皆さんのご協力のもと、大盛況に終わりました事、心より感謝申し上げます!今年も内容盛り沢山で楽しませて頂きました。舞台の裏で待っているみんなの緊張がなんとも言えず、影ながら応援していました。桃生の新しいママも一緒におにゃんこママ―ズに入会してもらい楽しく参加できたので良かったです♪中舘さん・内海さんはじめ、役員の皆さん。本当にありがとうございました。祝・おやじ達の焼きそば\(^O^)/今後共宜しくお願いします♪
a0068770_22213530.jpg
■■バザー!
みんなありがとうございました!
当日バザー他売り上げ 136966円

a0068770_10263676.jpg
a0068770_1026533.jpg

[PR]
# by kancho39 | 2006-12-24 11:33

カルチャーのみんなへ

あごひげ
a0068770_13173225.jpg
今年の最大の出来事は、カルチャー『たのしい教育空手』を(4年前に太極拳のカルチャー講師となって)やっと実現できたということでしょうか。お母さんと一緒ということで和やかな雰囲氣の中で、あるときは『赤ちゃんを』おんぶしてまでやる空手の、母は強しが新聞の話題になったり、11月5日の全国大会には桃華ちゃんが組手の優勝、形の準優勝を遂げてくれるなど(これも写真入りで新聞に)、カルチャーの空手ここにありを外にも十分に示せたと思います。たびたび新聞記事にしてくれたカルチャーの及川部長さんの、子供たちに注ぐ愛情を感じています。来てくれているみんなが仲良しなのでみんな昔からの知り合いかなあと思っていましたがそうでもないですね。ママ空たちがいて、そして休まない永岡さん、阿部あすかのおばあちゃんが世話人としてみんなの面倒を見てくれていましたね。12月に入った鈴木康太くん、牡鹿半島の一番先っちょの鮎川から一時間も掛けてお母さんが送り迎えしてくれています。もうみんなの中に入っていてまったく心配なく、お母さんもまた氣さくで溶け込み芸能大祭の練習にも参加してくれています。芸能大祭・・、カルチャーのみんなには断られるかなあと思いきや何と当日どうしてもの人をのぞいてほぼ全員出場です。うれしいですね。チョー張り切っている??梶原さんがいろいろ着ぐるみ? とか用意かな??、是非お母さんたちも楽しんで一緒にご参加ください。※梶原さん、親の参加についてメールで教えてください。a0068770_13161579.gif
約束なので当たりそうな・・宝くじを用意しておきます。当たっても人生にダレることなく空手は続けさせてくださいね。(当たったときの心配)芸能大祭でのまとめをしてくれているのは西崎さんです。テキパキと子供たちをリードしている姿はまるで保育園の先生のようです。どうかいろいろあったこの一年を芸能大祭で締めとし、来年のエネルギーにしていただきたく思います。
先日、年末年始に一度、審査会の強化をしたいが、とメールをしましたが返事はありませんでした。みんな忙しいものね。ただ、12/24からは空手も全道場が休みに入るので、河北ビル2階またはどこかの集会場を借りるなりして稽古してもいいですから希望があったら良かったらメールください。来年は1/13 からかな?、1/5はカルチャー休みですよね。週に一回の稽古日数なので一月は稽古時間を延長して2月の審査に向けた強化をしていきたいと考えます。尚、その級に合わせた指導はきちんとしています。目標をとらえて今何が必要なのかを子供たちに指導して行く、これを積み重ねていくことで子供たちには目的を持った稽古努力が身についてくるものと思います。子供たちは柔軟です。少しづつでもその子なりに変化、成長しています。どうか(今までのように)他と比べることなくたとえ帯の色が違っていったとしても親は温かく見守る距離をおいてよろしくお願いいたします。道場(2階)にきてまずやることは靴を脱ぐことです。子供たちは下駄箱に入れています。ある子はお母さんに入れてもらっています。私は、、、家でまで靴をしっかり脱がなければならない、空手で指導されているでしょ!! ・・などとは思っていません。子供が家に帰るときは、腹減った~~とか、お母さんあのね学校でね~~、が優先して当たり前だと思っています。しかし、道場での礼儀挨拶重視の稽古をしていることで、例えばお客さんが来たりしたときなどの大事なときにだけでも少しづつでもカルチャーで覚えた礼儀が発揮できればいいのではと考えています。親が異常なまでに、『空手を習っているんだからこう成らなければ意味がない』と(目くじらを立てて)通わせることが子供のためにいいとは思っていません。親だって子供時代があったのにそのことを忘れて子供にだけ高いレベルを要求している場合があります。子供は3~5才位までは母親がいつも抱きしめて愛情をたっぷり注ぐ時期です。次に6才位からは徐々に親離れさせて一人で何でもできるように導く、しかもゆるやかにです。そのためには子供以上に、これらの段階を踏まえた親の自立!!が必要です。。
a0068770_131831.jpgアメリカの学者によれば幼年期の10歳くらいまででその子のあらゆるほとんどの能力や知力が決まって行くと書いてありました。三つ子の魂と言うけれど、小学三~四年生くらいまでの魂、躾などが最も人格、体力、知力に関係するようです。私は教育とは環境作りだと思っています。親が子供のやることをいちいち監視しいつもべったりでは子供本来一番大事な時期に親のエゴで知らず知らずのうちに新しい芽を摘んでしまっていることに氣が付かなければなりません。まして想像力を膨らましての考え違いの要求を指導者に要求するなどもってのほかです。(そういうのは今はありませんが)親が成すべきことは環境を見ることです。空手の環境もまたどうぞよく温かい目で見ていてください。そしてどんな環境作りの手伝いをしたらいいかはそれぞれの感性、センスで関わってください。ゆるやかにです、遠くからです。指導の範疇には入らないでください。
靴の脱ぎ方ですが、新年より、下駄箱に入れないで上がり口のところに脱ぐクセを着けさせたいと考えます。これは雄勝、河南など下駄箱に入れるところはすべてそのようにします。靴は手で揃えるのが本当ですが、履いたまま揃えて上がってもいいと指導します。和尚さんもそうしていますから取りあえずは形がきれいになればいいかと考えます。礼儀と言えば、カルチャーの礼儀が一番ダラダラしています。それは先輩も後輩もまだできていないのが一番の原因かと思いますが、館長がかんしゃくを起こして怒鳴るよりも親たちが氣づいて指導者に礼をするクセをつけるようにすれば変わってくるものと考えます。※今は親たちに率先してそのようにしてもらっており有がたいです。
先日、鹿島台中学校に講演(ハッタリ講演)・・(中3生徒123名+親+先生)をしに行きましたが子供たちの礼儀の良さにはびっくりしました。石巻館内の荒れた?中学校にはよく呼ばれていましたが今までで一番礼儀、学校の雰囲氣が良かったのです。校長先生に聞きました。『礼儀ができるようになった秘訣はなんですか??』と。そしたら、校長先生が『まず私が元氣を出して礼儀しています』と答えました。遠くからでも見つけたら声を掛けるそうです。そしたら他の先生方もそうするようになり子供たちも自然に挨拶をしてくれるようになった、とのことでした。素晴らしいと思います。こうしなければならない・・ではなく、まず校長先生、そして氣づいた他の先生たちがいたのです。新年はこの辺に最大目標を置き私もまずは自分から頑張りたいと思います。靴の脱ぎ方、挨拶・・これらは『心のしまり』です。心の締まりをもって日々前向きに生きることを最大の努力目標に掲げます。

ということで、12/23芸能大祭、そして1/14 「一年の計は鏡開きにあり!!」頑張りましょう。。
■子供のことでのお悩みその他遠慮なく携帯にメールください。
[PR]
# by kancho39 | 2006-12-18 13:16 | 子育て

光のページェント空手演武!

12/10 北村小学校体育館を会場に北村、光のページェントお祭りがあり、例年のごとく子供たちが空手の演武をしました。5才の心くん良くんを含めた17人の演武は、限られた持ち時間5分の中で目いっぱい頑張ってくれました。会場のあちらこちらから、『かっわいい!』『おーっ!』『かっこいい!』という声が聞けました。何度も何度も練習してのぞんだ子供たちにとってはとてもいい勉強にもなったと思います。いろいろ手配してくれた加茂さん吉田さん、応援で遠路送迎、駆けつけてくれた皆さん、ありがとうございました。
a0068770_9551093.jpg
■ろれつが・・・
加茂 母

今日はお世話様でした、有志の方々の協力により無事演武が終わってホッとしています。我が小5の娘が「形が凄く良かった!あと組手すごいよ~!」と感想言ってました。さえちゃんのファンになったようです…私個人の反省は、スピーチが下手な上に寒くてろれつがまわらなくなった事です(>_<)すいませんでした… 遠路来て下さったみな様有難うございました。去年から簡素化という事で 小さいページェントになってしまいましたが、これからも皆様の協力を賜りたいと思います。ヨロシクお願いします。

※(館長)→そんなことないよ。加茂さんの紹介・リードがあって子供たちも安心して予定通りに演武できました。また来年!!!

■子供たちの記憶力は・・・
美里 母
a0068770_954468.jpg
今日はお忙しいなか、そして寒いなか貴重な休日を北村の為に有り難うございました。皆さんのご協力のおかげで大成功に終了する事ができました。とても素晴らしい演武でしたね!(おさるの二人、大人気でした)子供たちの記憶力はスゴイ!!たった一回の練習で全部順番を覚えるんだから…!館長もお疲れのところ、有り難うございました!皆さん本当に有り難うございましたd(^O^)b

■豚汁、お餅美味しかった
カイ 母

本日の北村ページェント演舞お疲れ様でした。加茂さん、吉田さん北村の皆様お世話になりした。豚汁やおもちとても美味しかったです。空手の演舞はとてもまとまっていて一番カッコ良かったですね。とても楽しい時間を過ごさせていただきましてありがとうございました。来年も是非参加させて頂きたいと思いますので宜しくお願いいたします。

■心が心配でしたが・・
咲と心 母

■今日はお世話様でした。無事終わりよかったです(とくに心が心配でしたので)吉田さん加茂さんはじめ北村の方々暖かい気持ち、本当に感謝!感謝!です。参加させていただきありがとうございました。お腹もいっぱいになり、楽しい一日になりました。ごちそうさまでしたm(._.)m>

■りょうくんとしんくんが可愛かった
沼田 母

今日はお世話様でした。りょうくんとしんくんがすごく可愛いかったですね。
[PR]
# by kancho39 | 2006-12-11 09:55 | 今後の日程

バードウォッチング??  カケス?のカケちゃん

■カケス? という鳥かなあと思う。
a0068770_9583468.jpg

カケスは柿が好きだ。よく小さい頃、赤く熟したようだから明日の朝に取って食べようと思っているとカケスがやってきて最初に食べられていたなー。。。

カケスくんを紹介しよう。。
a0068770_959459.jpg


一週間前から道場の西側の窓に飛んでくる 『カケちゃん』 です。オスなのかメスなのかは分かりません。何歳なのかも聞いていないので分かりません。

なぜか、6:30頃になると毎朝やってくるのです。
いやもっと前の時間だろうと思います。
私が起きるのがその時間なのでやってくる時間に間に合わないのかも知れません。
a0068770_9592969.jpg


窓の外から内側(待合室)を見て、次に窓ガラスをいっしよう懸命に突っつきます。
時にはガラス越しに入ろうとしてバタバタしています。
そばには道場建立時に植えた『トゲなし栗』があり、私が窓に近づくと取りあえずはこの木に避難? し、こちらの様子を見ています。
何度も何度も、窓に来ては窓をツツく、木に避難しては様子を見る? を繰り返しています。
一時間くらいもいるかなあ。。
a0068770_1001675.jpg



朝から雨の日はもちろん来ませんでした。
でも昼頃に雨が上がるとまたやってきました。

道場がすきなんだろーなーって思います。
カケスのカケちゃん、邪魔しないから毎日毎朝、遠慮なくおいでください。
食べ物とか何かほしいものはありませんか??
a0068770_1011042.jpg

突っついてばかりではこちらはよく意味が分かりませんよー!!!
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-30 10:01

銀杏(ぎんなん)の氣

a0068770_9245176.jpg


■我が家のぎんなんの木
銀杏はいちょうとも読む。ギンナンとイチョウは同じく銀杏という漢字に書く。

我が家の庭にあるギンナンの木は毎年たくさんの実をつけてくれます。
死んだ祖父(父が18のときに亡くなったらしい)が遠くから取り寄せて植えたとのことだから、もう60年以上にもなるのではと思われるが今では大木に成長している。毎年この木にはずこくいっぱいのギンナンの実がなり、年末にあちらこちらにお分けしている。近所のギンナンとは違うとかで 『餅ぎんなん』 と言うそうで実が大きく餅餅している???

a0068770_9225215.jpga0068770_9223343.jpg

[PR]
# by kancho39 | 2006-11-30 09:23

ラダートレーニング

今年もあと一ヶ月ですね。とにかく忙しい一年でした。
各地の太極拳や講座も冬休みになったり隔週になったりしています。
私もやっと心の余裕が出てきました。

いろいろ写真をアップして我が日記としましょうか。。。
a0068770_9115339.jpg
これは、数ヶ月前に神奈川の小澤先生が来たときに、ラダートレーニング用のハシゴ、先生の手作りを6個置いていったのですが、どうも足が引っかかって使えないでいました。が、いろいろ考えた末に、ガムテープで道場の回りに固定しようと考えました。固定してからはけっこう使っています。また中学三年の大昂くんが詳しく後輩たちに次はこれだーっと教えて、小さい子供たちは先輩の後に楽しそうに付いていってます。
これからのトレーニングはとにかく明るく楽しく、そんな中に厳しくかな。
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-30 09:12

JEK福島県本部が正式に設立しました!

■理事長あごひげ
チョーうれしい報告!

昨日、福島県の松本先生宅(そば料理店)を訪れて三県の代表者が集まり顔合わせを行いました。そのあと、県本部道場となる松本先生の道場に行き、第一回JEK東北地区代表者会議(出席者は各県より二名づつ)を行いました。トップが揃ったことでお蔭様をもって松本先生も安心した様子、笑顔を見ることができ、また、素晴らしい同(道)士・・山本先生にもめぐり合うことができました。以下、同行の先生方の(昨日の)感想メールをもって報告と致します。先生方大変お疲れ様でした。本当に安心しました。大変ありがたかったです。ゆうべ久しぶりにぐっすり寝れました、ありがとうございました。

※JEKには関東地区(小澤本部長)、東北地区(宮城、山形、福島)があります。流派は問いません。ただし、子供たちを主人公に、親も子も共に学ぶ共育・・の空手道を推し進めています。

■まず十年です!! 
JEK総師範 阿部先生より
a0068770_16301617.jpg
今日は嬉しかったですね。着実に1歩1歩伸び行くNPO教育空手協会の将来は楽しみです。
道を拓く者はあらゆる業もするけれど、後々の者は苦労せずにできる、ということを聞いたことがありますが、NPOの発展と後継する若人のため、努力しましょう。三年五年では本物ではない、十年続いたら本物であるとも言われます。頑張って行きましょう。
ソバ懐石料理は最高でしたね。松本先生に宜しくお伝えください。感動・感激・感謝の一日でした。山形 阿部

■JEK拡充がんばりましょう。
JEK山形 佐藤本部長より

先程 8時40分に無事に着きました。本当にお世話になり、美味しいソバを御馳走になり有難うございました。
今日は福島に行ってよかったと思いました。目指す目的の仲間が新しく出来た事は今日の大きな収穫と思います。宮城県、山形県、福島県と 日本教育空手協会の東北制覇も目の前です、小野寺先生、頑張ってやりましょう。微力ながら、山形県本部も協力させていただきます。本当に今日はお疲れ様でした。佐々木先生や奥様にも宜しく伝えて 下さい。

■大きな励みです。
JEK副理事長 佐々木先生より

今日は大変ありがとうございました。遠路お疲れ様でした。
本日の松本先生の表情、お話しの様子から気持ちを固めてくれたことが窺え本当に良かったと感じています。それは、阿部総師範と佐藤本部長が同席され、教育空手の本道を述べていただき、共に前向きにやって行くことを強調していただいたことが大きいです。
そして何より山本先生という素晴らしいサポーターがいることがわかり、今後の福島県本部の発展を予感しました。
 この頃、子ども達の相次ぐ自殺など、心暗くなるニュースばかりですが、私たちはこの教育空手の理念をいかなることがあっても崩すことなく、子供たちの生きる力を高め、人の役に立つことが素晴らしいことであり、己の魂の価値を高めるものであるということを、将来分かってもらうためにも、訴え続けて行くことが必要だと感じています。福島県にも同胞ができたことは大きな励みでもあります。阿部総師範、佐藤本部長、本当にありがとうございました。
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-24 16:37 | ◆JEK&総本部

アームレスリングって・・... 

■かもっちい 投稿日:2006/11/22

お世話様です、
今日寺子屋新聞を拝見して思い出した事があります。
何年か前に部落の旅行で体験した地引網、捕った魚はそこで空揚げとかすりみ汁にしてくれる。サケのチャンチャン焼きも振る舞ってもらった。たしか河北のんびり村だったかなぁ… 空手の皆で地引網体験もいいかなぁ~って思い付きました。すいません…

それから鏡開きのアームレスリング大会楽しみです!
若い時の私は腕力はもちろん握力だって無いに等しかったのですが、結婚して子供をもって家の百姓を手伝う様になってからチカラ仕事に自信がついたというか…、ちょっぴり自信あるぞ!みたいな… すいません、つまり楽しみなんです
私がどれだけたくましくなったのか…

■あごひげ - 2006/11/22
↓県チャンピオン中里さんのメダル
a0068770_11572394.jpg
鏡開きでのアームレスリング大会ですが、
①ママ アームレスリング
②ママ 尻相撲大会
この二種目は、私の案では時間のこともあるのでどちらかに出場者の選択性にと考えています。③ジャンボかるた大会は子供たち向けなので必ずしたい(学年別に)。
アームも尻相撲も、前回チャンプを入れて当日にアミダくじで公平に組み合わせを決めたいなと考えます。景品も賞状も今度からはちゃーんと用意したいです。かもっちいさんの書き込みとてもうれしいですね。がんばってください!!!!!

■Re: アームレスリングって... 増戸(マシト) - 2006/11/23

力仕事をしてる人はアームレスリングも強いですよね!
頑張ってください~!
あと今日、23日の河北新報に大学アームレスリングの記事が載ってるので、よかったら見てみてください~!
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-24 11:58 | ◆日程&報告

諺(ことわざ)から思う 1

あごひげ 投稿日:2006/11/19

■『虎穴に入らずんば虎児を得ず』
※「危険を冒さなければ功名は立てられない」
a0068770_1141506.gif
どんな一歩でも人は入り口でたじろいで??しまうかな。でもね、そこを親の勝手な想像範囲ではなく、『やらせて見よう』『参加させて見よう』・・という親として大人としての判断はとても必要ではないでしょうか。行事にも大会にもぜんぜん出ない人もいます。いちいち子供の渡る石橋を、子供本人ではなく親のほうで子供の陰から恐る恐る手を出し、まだ危ない、まだだめだーって決め付けてしまう家庭があります。家庭的金銭的に恵まれていない場合もありますが、または親がいつも先生よりも上にいて(自尊心)いちいち屁理屈を並べて検分している場合もあるんですね・・。

やらなければ何も見えないし、何も得られないのですよ。子供のこれからをすべて親は見えるんですか?? 見えないでしょう。だったら子供の行く末(無限大の可能性)を妨げるような親の自分だけの考えは慎みましょうよ。何でもやらせて見て、失敗して、恥をかいてもいいじゃない、、、自分を見つめてこその成長発育進歩と捉えられないでしょうか。
子供の前に立ちふさがるのは、言わば実は子供にとっては『人生の大きな損失』になっているかもしれませんよ。
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-24 11:49

諺から思うこと 2

■天上天下唯我独尊
あごひげ
a0068770_11485124.jpg
昭和49年に修空館道場を開設し現在に至る、道場から500m先の浄音寺と共に歩むことで(座禅の指導をいただいて)今日の隆盛があるといつも感謝しています。来月12月3日には合同稽古始まりのときに『成道会』(お釈迦さまが悟りを開いた日(12/8)をし、1/14鏡開きには浄音寺住職による不動明王(氣不動明王)祈願祭をします。

さて、
『唯我独尊』が、うぬぼれ、独りよがり、あるいはテレビでも、『俺が一番』という意味だと誰かが言ってました。
しかし、私が和尚さんによる座禅会を通して聞いた話は違います。たしか、お釈迦様は4/8に生まれてすぐに七歩 歩いて天に向けて右の人差し指(左は地)を指し、天上天下唯我独尊!! と言いました。その意味は、俺が一番とかうぬぼれとかではなく、、生まれてきた私一人はこの大宇宙の中でもたった一人の私であり掛け替えのない命である、というような内容だったと思います。一人一人がみんな違う、みんなが唯我独尊であり、尊い存在、尊い命だからお互いの違いを認め合う思いやりの心が必要・・・そのようなことを和尚さんが言っていました。
今日この現代社会に忘れ去った言葉がここにあるように思います。それぞれが自分を中心に自己主張し達成のためには氣に食わないものは平氣でつぶそうとしたり妨害、しいては殺害にいたる・・・なんともまあ、お釈迦様は、うぬぼれるな、他を見ろ、思いやりの心を持て!! と、もう生まれた時点で今日を憂い現代の私たちにも示していたのかもしれません。

■メールの答え
浄音寺 住職より

※和尚さん(曹洞宗)にメールを送ったところ以下のように返信がありました。


はい。館長さんの考えの通りです。文字だけの表を見て、一人よがりの人だなんて理解する方がいるのは確かです。ただ公の場でそんなふうに発言されるのは困りますね。スミレやタンポポはそれですばらしいし、蘭やカトレアもすばらしい。私達人間が勝手に 価値をつけてるんだなあ。金子みすずさんが、みんな違って皆いい、ということを詩に書いてます。すばらしい。
また こんど

■まっちゃん

極特別な信仰心は無いのですが、我家も曹洞宗の檀家。また、偶然にも息子達の通っている(通った)高校も曹洞宗。ですから、「唯我独尊」は耳にたこ、などと言うと罰があたりますが、よく耳にしている言葉です。
今更、プロ(和尚様)も言われているで、重ね書きも失礼かとは思いますが、自分も同様に聴いております。現代風に言えば、SMAPの「世界にひとつだけの花」とでも言いましょうか?他人を敬い、自分を大切に。そんな思いが込められた言葉と聴いております。
先生!少しずれますが、他の題目も含め、この一連の「いじめ」や親の未熟、他この関連で、自分は次のように思う事があるのです。「三つ子の魂、百まで」この言葉は、教育の原点を指して居るように思えます。(この投稿を続ける前に、決していじめを肯定することではない事、但し書きとして書いておきます。そして一般論として・・・・・。)では本題です。
いじめる側、いじめられる側どちらにも責任はあると思います。と言うより、共に幼児期の初期段階で、親の対応がまずかったのではないでしょうか?親(大人)の言うことを聴く。親(大人)は偉い。そのように教え込む教育これが原点だと思うのです。ここから全てが始まるのではないでしょうか?今の時代妙に、友達化した親が理想的の様に言われてます。嫌われるのが嫌で、何でもYesYesYesの親が多いと思いませんか?
親は、理解有る友達でも、ご機嫌取りの御用聞きでも無くて良いと思いませんか?
この部分を怠った(勘違いした)家庭が、他人を平気で傷つけたり、自分を傷つけたりする子供にしてしまうのではないしょうか?
世間で良く出会う光景に、○○ちゃん今日は何が食べたい?今日はどんな服着る?何処に行く?今日は帰る?稽古して行く?こんな生活を事ある毎にさせている親を多く見受けます。一見、理解が有り、「子供の意思尊重」等と言いながら・・・・・・本当に意思尊重等といえるのでしょうか?意思の尊重は、高校や大学に成って行った時、少しづつ開放して行けばよいと思います。
小さい子供に決定権を与えるのは反対です。これは、ある意味、親の手抜きです。一つ一つ親があれこれと考える必要が無いから楽です。文句を言えば、「自分で決めたことでしょ!」と一喝できます。子供に結論出させて楽しているのではないでしょうか?
例えば、季節、気温、天気予報、体調、場面を考え親の決めた服を着せる。そして中には、親が決めたものだと、不平不満を言う子供も居ますよね。そこで親が子供を言い聞かせる、なだめる、さもなければ、時には強制的に親の権限で決めつける。こんなコミニケーションが大事だと思います。一例ですが、一つ一つの事に手間をかける!ことが大事なのだと思います。

そうでなければ、子供は、親(他人)は、子供(自分)の言うことならなんでもきく。言いなりになる。「地球の真ん中に自分が居る」そんなことを植えつけているだけです。自分達の時代は父親が絶対で、飯のおかず、TVチャンネル、風呂、等の優先権は、子供に有りませんでした。だから、たまに、「おかず何が良い?お前の好きな物にしてやる」なんて言葉を親から言われると嬉しかったです。でも今の子供の環境は逆です。こんな子供達が、
自分の思い通りにならない!=切れて暴力をふるう
自分の嫌なことに直面!=関単に自分を「殺す」
自分の嫌なタイプの人間に遭遇!=簡単に他人を「殺す」
このように関連してゆくのではないでしょうか?極論過ぎるかもしれませんが、一番の根底に根付く部分だと思います。
この荒れた世の中で、子供を可愛がる(守る)事は必要ですが、自分の欲望を満たすためのペット的可愛がり=「無責任な過保護」ではなく、いずれ子供が自立し一人で生きてゆけるように導く「責任ある過保護」でなければ、荒れる一方だと思います。

■トラブル・・・
あごひげ - 2006/11/21
a0068770_1149214.jpg
子供たちだけでなく大人社会でのトラブルも多いですね。みんな生きているから自己主張し、またあるときは負けたくないから策を弄してがんばる??まあきっと動物の・・弱肉強食の世界ではもっとひどいのでしょうか。。。私たちがこの世で受ける苦しみというのは実は複雑に絡み合った糸のようにもともとトラぶっているのかも知れません。人間界の性(サガ)てやつでしょうか。私が思うに、最近流行り??の自殺については、明らかに人間不信というか頼る人がいなくなり暗くて小さな箱に閉じこもった末の行き場をなくした結末かなあと思います。飛び降り、手首カット・・、むごいですね。そうなるまで追い詰めて。でも一つには、関東の友人が言うとおり、そうなってしまった原因というのが本人と親側にもなかったかという反省も出てきます。亡くなった子と家庭には申し訳ないが、同じ悲劇を起こさないためにも風化させないように激論!!したいところです。

現代っ子たちは過保護家庭、幸せ過ぎに育てられてはいないでしょうか?食べ物は好きな物を好きなだけ与えられ、欲しいものは時には何かのご褒美にとおじいさんおばあさんがしゃしゃり出て買ってやる・・、小さいときから個室まで与えられるところを見ると、まるで温室で蝶よ花よと育てられているように見えます。それでいてうちの子はこれだけ優秀、あの子に勝った、こっちがこれだけ優秀・・といつも誰かと比較しています。でもでも・・、それは言わば本人の努力というよりは親・家庭の努力の結晶であり、作られた形(かたち)であり、本人の人間的成長と自信、という部分ではどうなのだろうかと疑ってしまいます。必ずしも学校の成績が良い、空手の成績が優秀だから立派な人格完成ではないということ、つまり、学業や空手の技が上手かろうと下手だろうと・・、そこまでにいたる当人の自立心の成せる業がどれほどあったかという尺度になるのではないだろうかと私は思うのです。現代っ子たちが置かれている環境はまるでガラスの箱入りで育てられている家庭が多く、ちょっとした陰口や暴言でもそれが、学校でのいじめ?となり、失意のどん底??を味わい始めてからはもう立ち上がれない・・。親はその姿を見て目いっぱい我が子に同情しあるときは先生に喰って掛かるが道はなぜか開けない。。

昔はね、兄弟が多く、かつ、いちいち親家族の中で子供をかまってやる環境にもなかったので、めざしの一匹でも取り合うようにして生きてきたものです、どの家庭でも。世の中は実は、天氣だって晴れの日も突風の日もあるように波風があるのが当たり前であり、嫌なこと、悪いことがいっぱい起るのも、どの人だってそういう人生だ!!というところに氣が付かなきゃあね。

よく、『子供の心に傷をつけてー!!』、とか言いますよね。でも、いったいどこに心という場所が存在するのでしょうか。。
私は、
心って幸せに感じるも不幸に感じるも何があっても捉え様・・と解釈するならば未来は自由に開けるのではないだろうかと思うのです。手足だって傷がついても薬を付けなくとも自然治癒力で、とりわけ天日乾燥すればいっそう早く治ります。動物は体調が悪いときは外に出て細長い草を噛んでいたり、一週間も何も食べないでじっとしていたりして自分で治します。ほんとに。動物以上の人間だから、そこを上手に切り替えて逞しく生きて行ってほしいんだなあ、、勉強して氣が付いて努力してさ。少々のことでくじけない、『心に傷』も何も、傷のついたそこから強くなっていくと解釈のできる強い人に育って欲しいんだな。

小さいときによく家の手伝いで畑の麦踏みを手伝わされました。麦は踏まれてこそ腰が強くなり伸びても倒れない強い麦に育つとのことです。道端の雑草は、車に踏まれても、あるときは私にションベン掛けられても、でもでも何クソ人生で強く逞しくへこたれることは絶対にない。引き抜かない限りはみんな正々堂々と精一杯に生きています。みんなで考えて見ましょうよ、子供たちを置く環境をね。。。

a0068770_11505842.jpg▲館長の信ずる人生
(総本部待合室の色紙額にあり)

我が行く道よ
正しくあれ
たとえ石ころゴロゴロたりとも
我が行く道よ
大きくあれ

■麦踏みの話し
大阪の武田先生より

館長の麦踏の話、いいですねー、私も経験が沢山ありますのでよく解ります。今、遠い昔の思い出が懐かしく頭の中を駈け巡っております。私の田舎の愛媛では12月末か1月始め、麦が5センチぐらい育つと麦踏をしました。小学校の頃の私は麦踏の意味がわかりませんでした。せっかく順調に育った麦を踏んで、ぺしゃんこにするのいですからねー、可愛そうに思いました。当然、麦の成長はしばらくは止まりましたねー、でも踏まれた麦は、その内にじっくり起き上がってきます、それから逞しい麦として成長するのですねー。
 まるで人間と同じだと思いました。館長が言われる「現代っ子たちは過保護家庭、幸せ過ぎに育てられてはいないでしょうか?」ーー正にその通りーー。人間にも麦踏が必要ですねー、それも麦と同じように、小さい時にやることが大切だと思います、麦も大きくなって踏むと、麦そのものがだめになります。塾に行かせて勉強だけ出来て、麦踏の出来ていない子はいずれは壁にぶち当たると思います。世の親達は早く気づいて下さい、と思います。
a0068770_11521392.jpg
■スキンシップだよ
太極拳娘 28才 秀英

先生こんにちは、おひさしぶりでーす。お元気ですか?今日太極拳でしたね。まだ24式はちゃんと覚えてますよ。
子供たちの件ですが、今の子供たちがトラブル起こすのは、足りないものがあるからじゃないですか?親子のスキンシップが足りない人って結構いますよね。スキンシップの取り方っていろいろありますけど、私もなかなかスキンシップとれない時ありますが、ただ他のお母さんたちはしない、手作りのおやつを作ってあげたり、食事とかも好みのもの一品はつけて苦手なものも一緒に食べてもらったりと、そういうところでスキンシップ取ってます。私は無器用だから、忙しいと子供の話をちゃんと聞いてあげること出来ない時もあるので、子供たちの好きなおやつ1つつくるだけでも喜んでくれますからね。クッキーとか焼いてだすと、他の子供たちにも結構評判いいんですよ。そういうのって大事なんじゃないかなーって思いますよ。

先生、太極拳頑張ってくださいね。時間があるときに行ってみます(^0^)/
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-24 11:49

教育について

■東北プラン 淀川様より(管理) 投稿日:2006/11/14
a0068770_11374617.jpg
お世話様です。毎日、このようないじめによる子供の自殺、子供がまきこれる事件があると、本当に深刻です。心がガサつく信じられない事件です。一体、この国の教育はどこに進んでいくんでしょうか?館長、原因はどこにあると思いますか?私は要因のひとつとして考えている事があります。それは親、先生、子供のトライアングルの信頼関係がなくなってしまった事。私が子供の頃、先生に怒られ家に帰って親に言えば、お前が悪いんだ、と言われ、また怒られたものです。でも今、同様の事があったら今の親は怒った先生が悪い、と言います。もしくは悪い事をした子供の原因を他に転嫁し、うやむやにして本当の矯正指導ができない。結論、親は先生を信頼・尊敬していない事になります。先生と親の信頼関係を築き上げる事が一番の早道かもしれません。このトライアングル、もう一度考え直してみませんか?では失礼致します。草草

■あごひげ - 2006/11/14
a0068770_1139638.jpg
夜分すみません。いつもすごく大事なところでの感想をいただき共鳴しているところ大です。大変申し訳ないとは思いますがうちの親たちも何をどう考えたらいいか、というか、現実にそういう現場に直面したときに、ただただ感情のおもむくままに動くのではと思われます。よってこういう考えがあるというのをできるだけ多く情報として入れておくことで、正しい選択、判断ができる一助になればと思います。すみませんが淀川さんの文章、またまた全体メールなどで活用させてください。大変ありがとうございます。
トライアングルの信頼関係、なるほどと思います。ただ私が思うにはもう一つ、例えば授業崩壊で先生が泣いてしまって授業ができないでいる、、という状況を想像するときに、もっと強くて威厳のある先生を送り出す教育機関がほしい、あるいは、私たちのような??礼儀などに厳しい機関に子供を預けるよう奨励する、など、それぞれのところでの見直しが必要ではと考えます。先生は先生らしく振る舞えるようになった人に教員免許証を交付する、、子供は子供らしく大人の言うことをきちんと聞く子供に育てる、親たちは仕事をがんばって大人って働いているんだという背中を見せる。。そういうそれぞれの位置での努力の構図を日本社会全体で見直し修正していけないものかと考えます。
信頼関係を追及するにはあまりにも崩れすぎてどこをどう直していったら訳が分からないほどに変になっていると思います。
また明日。ありがとうございました。

■もう一つ あごひげ - 2006/11/15

>でも今、同様の事があったら今の親は怒った先生が悪い、と言います。もしくは悪い事をした子供の原因を他に転嫁し、うやむやにして本当の矯正指導ができない

そう言えば今年、最近にないとてもいやな事件・・がありました。ちょうど淀川さんが言うこれと同じです。各大会で優勝する子を持つ親ですからどこか勘違いが出たようです。でもその前に道場全体のことを考えて親たちの役員を変えていったことが(先生と親の信頼関係が崩れた?)発端でもあったようですが。変に自尊心の芽生えた親は我が子の環境だけを中心に考えるようになり指導の範疇にも入ってくるようになります。言わば勝負の世界だができれば子供のそれとは切り離したい、でも中々そうは行かない。だからこそ『子育て・礼儀・躾』の教育を柱にしていかなければならない、とこんなことがあると強く思うこのごろです。
トライアングルの信頼関係を取り戻すには淀川さんはどうしたらいいと思われますか? 何か具体的にアドバイスがあったら教えてください。時間のあるときにお願いします。

■私が思うには 石井 - 2006/11/15(Wed) 21:28 No.94

私もいろいろ見てきました。子供たちは素直でわがまま、(当たり前ですが…ヾ(^_^;)だから、いくらでも変えられるんですね、私が思うに4年生くらいまでかな?高学年になるとなかなか難しい気がします。書かれているように、親と先生方の信頼関係が薄れ、何かあると、すぐに親が口を出す!親が先生を信頼、尊敬できないのに、子供が先生を尊敬するはずがない!
私がPTAの本部役員をやってからいろいろな問題がありました。親が騒がなければ…と思うことがほとんどです。子供の話だけ聞いて、先生に抗議。子供は自分の都合いいように、自分の悪かった所は削って話します。そこで、もっと探って聞かないのでしょう?必ず原因があるはずなのに…!それを繰り返す事で、子供は親に対して不信感をいだいたりするのではないですか?本当の自分を見てくれてない、知ろうとしない。親は、こんなに、あなたの事を思っているのに…と、勘違いの愛情で子供を苦しめている。信頼できる大人がいないから、一人悩み、自殺・リストカット・ドラックに逃げてしまう子が増え続けているのではないでしょうか?
鹿又では、地域との関わりを取り戻そうと、今年度から、子供会と分館の行事を一つにし鹿又地区の祭りを作り先日行われました。地域で子供たちを守ろうという考えで、働きかけ実現しました。地域の人々と関わる事で、子供たちも変るのでは?親がダメでも、救ってくれる近所のおばちゃんと考えています。いろいろ考えていますが、長くなると自分でわけわからなくなるのでこの辺で終わります。失礼しました! m(_ _)m

■朝日新聞より
クリン 投稿日:2006/11/17

『いじめられている君へ、死なないで逃げて逃げて 』 劇作家  鴻上 尚史さん

 あなたが今、いじめられているのなら、今日、学校に行かなくていいのです。 あなたに、まず、してほしいのは、学校から逃げることです。逃げて、逃げて、とことん逃げ続けることです。学校に行かない自分をせめる必要はありません。大人だって、会社がいやになったら、会社から逃げているのです。
 次にあなたにしてほしいのは、絶対死なないことです。そのために、自分がどんなにひどくいじめられているか、周りにアピールしましょう。思い切って、「遺書」を書き、台所のテーブルにおいて、外出しましょう。学校に行かず、1日ブラブラして、大人に心配をかけましょう。そして、死にきれなかったと家にもどるのです。それでも、あなたの親があなたを無視するのなら、学校あてに送りましょう。あなたをいじめている人の名前と、あなたの名前を書いて送るのです。はずかしがることはありません。その学校から、ちゃんと逃げるために、「遺書」を送るのです。
 死んでも、安らぎはありません。死んでも、いじめたやつらは、絶対反省しません。あなたは「遺書」を書くことで、死なないで逃げるのです。だいじょうぶ。この世の中は、あなたが思うよりずっと広いのです。あなたが安心して生活できる場所が、ぜったいにあります。それは、小さな村か南の島かもしれませんが、きっとあります。僕は、南の島でなんとか行きのびた小学生を何人も見てきました。
 どうか、勇気を持って逃げてください。

■相談先
管理SS - 2006/11/18

文部科学省の連絡先は、以下の通りとなっております。

文部科学省初等中等教育局児童生徒課
電話:03-6734-3298(直通)

 皆さんの不安や悩みを受け止める相談窓口は、周りにたくさんあります。一人で苦しまず、ぜひ利用して、話をしてみてください。

◆ 全国の教育委員会などに置かれているいじめ問題相談機関について
http://www.nicer.go.jp/integration/user/map.php
◆ こころが苦しい方へ、ぜひご利用ください。【日本いのちの電話連盟】
http://www.find-j.jp/
◆ 18才までの子どもがかける電話です。【チャイルドライン】
http://www.childline.or.jp/
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-24 11:39

護身術の感想。

東松島 佐藤
a0068770_1133740.gif
お世話様です!先生は伊能君を相手にいつものように、分かりやすく指導して下さいました。伊能君も真面目に取り組んでいました。新しい子供達も自然にペアになり一生懸命頑張って覚えようとしてました、、稽古とは違う護身術に新鮮さがあったんだと思います!思うようにいかずあれこれ悩んだりしてる小さい子供達が可愛いかったですo(^-^)o時にはガヤガヤとなる場面もありましたが、すかさず上の子供達が『しーっ!』『静かに!』と静かにさせていました。。感心しました。お母さんたちも自然な形で間に入ってくれてほのぼのした感じで、できたと思います!先生と明日香でやった時に傘を折ってしまいました(×_×)護身教室が終わった後は稽古をして下さいました、、少ない人数にはなりましたが丁寧に御指導してくださいました。来年は、もっと人数が増えた東松島道場に来ていただけたらと思います!
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-24 11:33 | ◆日程&報告

第一回全国錬成の感想  Ⅲ

■東松島 遼人
3ばんになてうれしかたです

▲お世話になってます!初めての大会で不安でしたが、先輩ママが声かけてくれたりしてホッとしました。選手の子供達皆すばらしい!カッコイイ!本当に感動しました!来年は皆さんの役に立ちたいと思います!ありがとうございました!

■桃華ちゃんおめでとう。 カルチャー 阿部諄生

お世話になっております。全国錬成大会の成功おめでとうございます。また、カルチャーの村松桃華ちゃんの優勝は、同じ教室の者としてはとても嬉しいことです。
a0068770_713571.jpg
■蓮見副会長より!!!!! 事務局

財団法人 全日本空手道連盟 副会長蓮見圭一先生より

↓これ本物です。刺繍のお祝い電報。

第一回全国教育空手道錬成大会の開催を心からお祝い申し上げます。 選手皆様のご健闘と大会のご盛会並びに今後ますますのご発展を祈念します。

■山形の先生、事務局長より 事務局

▲山形 山口先生より
先日の大会では大変お世話になりました。18日は技術局長小野寺先生の講習会でまたお世話になります。

▲佐藤県本部長より
押忍、第一回全国大会成功、おめでとうございます。今日はいろいろとお世話になりました、無事に9時頃に着きました、皆様にもよろしく伝えてください、今後とも宜しく。 押 忍

▲山形 高橋事務局長より
お疲れ様でございましたm(__)m 今日は、大変お世話になりました。記念すべき、『第一回全国錬成大会』の【大成功】おめでとうございました。連日の準備、また皆様方が協力し一生懸命にやってる姿に感動しました。<(__)> 私事ですが、皆様とご一緒させていただき、本当に良い経験をさせていただいたと思っております。本当に有難うございました。皆様にも、よろしくお伝えくださいませ。

■選手宣誓をした!!! 小さい子 狩野三兄弟
a0068770_713663.jpg
何時も御世話様です。そしてお疲れ様です。とても素晴らしい大会でした。館長始め諸先生方、そして父兄の皆さんの協力あってこその大会だったのでは無いでしょうか。私も微力ながら関われた事、誇りに思います。又オバカ3兄弟に選手宣誓までさせていただき、もう感無量。最高の想い出ありがとうございました。子供達の反省から診ても、充実した大会だった様です。

▲永:
せんしゅせんせいまちがわないでできて、良かったです。くみてで1回しか勝てなかったのがくやしいです。次はいっぱい勝ちたいです。
▲さくら:
せんしゅせんせいまちがわないでできてよかったです。カラテに行くとやる気まんまんになってきます。
▲歩:
みんなのまえで言ったので、すごくきんちょうしました。くみてで1いになれなかったのがとてもくやしいです。つぎはぜったい1いになります。

■まけてくやしかった 小野たいせい

このまえは、まけてくやしかったです。もっとれんしゅうしてこんどの大会は、かてるようにしたいです。

★大会感想 石井 - 2006/11/14(Tue) 15:08 No.89

▲あさか…くみてで、いちいに、なってよかったです。でも、かたは、みずきくんにまけたのでくやしかったです。でも、たのしかったです。
▲夕菜…形ではベスト8で負けてくやしかったけど、組手では初めて優勝できてよかった。
▲星也…今回は負けたけどこんどの全国大会ではかちたい
▲母…会場の準備から後片付けまで、皆さん大変お疲れ様でした。m(_ _)m総務の方々はそれ以前からいろいろと準備いただいてありがとうございました。今回、大勢の父兄の方々が協力し合い、進めて来れた事、本当によかったと思います。子供はとても良い環境の中で試合ができたと思います。以前とは全く違う空気が流れていました。反省点も、もちろんありますが、それを次回に生かしていけたらと思います。ありがとうございました。
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-18 07:14

いじめ問題に私の一言 Ⅱ

■大阪、武田先生(コピー) - 2006/11/13

修空館の掲示板に私の「いじめ問題」を取り上げて頂き有難うございます。早速色々な方よりご意見があり、興味を持って拝見させて頂いております。
 そうですねー、私のいじめ体験は、個人的な単なる弱いものいじめで、今のような集団的な陰湿ないじめではなかったように思います。今のいじめを受けている子は、私の体験よりもっともっとつらい思いをしているのでしょうねー。今は、とるに足りない「私のいじめ体験」を書いたことに反省と、申し訳なさを感じております。
 それにしても、今朝のニュースでまたまた全国で、いじめによる自殺者が続いております。九州で5年生の女の子が同じ学校の生徒に集団でお金を何回も要求され、それを苦痛にして自殺しました。そしてその学校の校長が、いじめを知りながら、適切な対応をとらなかったと怠慢を指摘され、昨日、その校長も近くの山で首を吊って自殺しました。
 又昨日は大阪で中1の女生徒がビルから飛び降り自殺をしました、校長はいじめがあったものと推定して、調査を続けると言っております。今朝又埼玉県で中3、男子の生徒が自宅の倉庫で首を吊り自殺をしました。これも同級生から金品の要求に耐えられず自殺したものです。辛かったと思います、誠に可愛そうで、いじめた子には厳罰を徹底してほしいと思います。
 実は私にも、高校1年の時、上級生何人かに「お金の要求をされたこと」何回もありました。上級生の悪い子は学校では要求しませんでしたが、通学中会うと必ず寄ってきて要求するのです。金をくれとは言いません、「金を貸してくれ」と言うのです、ありませんと言うと、10円で良いから貸してくれと言います。10円とは今で言う100円ぐらいですかー、無いと言うと、もし持っていたら承知しないぞーー、脅してきます。私は家が貧しかったから、とても親にこれ以上負担をかけることは出来ませんでした。徹底的に断り続けましたーー、もしここで少ないからといって貸すと(実際は返してもらえません)、次から次と「貸してくれ」の金額が上がってくることは容易に判断できました。私は勇気がなかったので、学校の先生にも親にも言えませんでした、言っても「金を出せとは言っていない」金を貸してくれといったのだからー、後で返すのだからーーと逃げられます。私は何回も合う度ゆすられました(ゆするとは金品の要求をされる事です)。が絶対に出しませんでした、ポケットには10円以上ありましたが、無いといい続けました、ポケットを調べれば分りますので、殴られことを覚悟しました。でも殴られれば、顔に傷が出来るから、先生にも親にも言えると思いました。幸いなことに、ポケットを調べることはされませんでしたし殴られることもありませんでした、そして悪い上級生は卒業し、ゆすられることはなくなりました。人に辛い思いをさせた人は、それ以上に辛い人生を送ったと思います。
 今は全国でいじめの問題が注目されております、いじめに合っている人はもちろん、いじめを目撃した人も、親、先生、信頼できる人に勇気を持って相談しましう、きっと良い結果が出ると思います。

■ちょーびっくりしました!!... あごひげ - 2006/11/13(Mon) 15:38 No.80

私のほうが、、武田先生がイジメに合っていた・・などというタイトルで書いて申し訳なかったと思いました。
でも武田先生、なんにも経験のないものは少なくとも机上での論理であり実体験から出たものではないですから全て想像で言うものです。先生の下の書き込みには驚かされました。金を貸して!! どこにもありそうなことですが、どこでそれを断ち切るかが問題であり勇氣の居ることですよね。武田先生は小さいときから勇氣のある人だということが分かりました。空手の教えを通じてひとりでも多くの子に、正しい『勇氣の使い方』を伝授してくれるように願っています。

※武田先生、イジメラレ体験、、、大変恐縮で申し訳ないのですが私の掲示板にもコピーさせてください。本当にすみません。でも、毎日毎日連鎖的に自殺が起きています。私たちは空手を教えていればいいというものではないでしょう。勝ったとか負けたとか、、もうそんな次元ではない私たちの指導レベルの向上と努力がのぞまれているときだと思います。生きている限りは自分の出来ること、一つでも多く社会のためになるようにがんばりたいと思います。自殺者よ、ちょっと待て!! 死ぬ勇氣があるのなら奮い立て!!! できないと思うからできないんだ、死ぬ氣でやったら何でもできるんだ!!!!!

■はー 若奥様 - 2006/11/13(Mon) 22:13 No.81

私は親の悪いとこツツキしてるんじゃなくって・・(してるか・・)子供との密着度が増している割に、給食費を払わないとか・・朝ごはん食べてない子とか、宵っ張り体質とか、親として果たすべきところは放棄してしまうバランスの悪さってなんなんだろうなと思ちゃうわけです。

■若奥様 あごひげ - 2006/11/13(Mon) 22:35 No.82

>私の時代の親に比べると数段今は感心をもって子供をみているのに、イジメの深刻さは増しているし、不登校・ひきこもりも増えている。どうなっちゃってんだろ。

つまり面倒見ている分よけいなお世話ということではないかな。面倒見すぎるというか、何でもお母さんは理解してくれるみたいな感じだから小さなことの積み重ねで何の不自由もなく育てた結果の結末ってやつではないかと思う。『うつ病』『自律神経失調症』で・・、という患者が昔と比べると非常に多いね。で、娘に付き添ってくるのは必ず母親で、最初に症状を聞くが答えるのは必ずお母さん、というのが共通点。子供がしゃべろうとすると母親がすぐ口を出ししゃべる。『この子は病気なんです、この子のことは私が何でも知ってます』・・、そんな感じの感じ。。。だから最初から間違っているのです、この親子。言っても通じないし中々氣付かない。病気なのは実は母親のほうなんだー、と思う。。。
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-14 13:11 | ◆子育てしよう!

いじめ問題に私の一言 

■大阪、武田先生(コピー) 投稿日:2006/11/12(Sun)

今、学校でのいじめ問題が表面化しております。自殺者が次々出ておりますが、学校としては自殺の原因がいじめでは無いと主張して、世間の非難をあびております。先日も文部科学大臣に手紙で直訴した生徒がおり、文部科学省が夜中に緊急記者会見をを行ない、マスコミが大きく取り上げておりました。手紙を出した子供は、これ以上改善が見られないようなら、11/11中に自殺すると宣言しておりました。今日は11/11日ですが、現時点では自殺者が出たというニュースがないようなので、一安心です。手紙を出した子は東京方面の子だそうで、多分その方面の学校関係、教育委員会の方々の努力が実ったのであれば嬉しいことだと思います。
 私は先日、道場生の前で次のようなことを話しました。
1.皆さんがいま学校でいじめに合っていたら、私に報告し相談しなさい、私が出来るだけの事はやると言いました。
2.逆に皆さんが、いじめのグループには絶対に入ってはいけないーー、いじめられる子にも多少の非はあっても、いじめる理由があっても、いじめる方がはるかに悪いと言いました。そして同時に、グループでなくとも、弱いものをいじめたり、弱いものに暴力をふるったりする人は人間のくずだといいました。
 道場生達は真剣に聞いてくれましたが、--正直に言いますと、私達の道場生の中にも心配な道場生がおります、根は悪い子ではないのですが、すぐかっとなる子、悪いグループに引っ張られそうな子ーー、休憩時間中に、子供達のふざけあう姿を見ても、注意しなければーーーと思うことがあります。道場の責任者として今後とも気を引き締めて行きたいと思っております。
 今日はあえて自殺をしようとする子にも言いたいと思います。それは自殺する勇気があれば何でも出来ると思うのです。自殺する子にとっては大変な苦痛でしょう、人にこの苦しみがわかるかーと思っていることでしょう。がよく考えて見て下さい、死ぬ勇気があれば、もっと多くの人に相談してください、学校の先生が取り上げてくれなくても、両親、友達、先輩、警察に行ってもいいのですよーー、勇気を出して下さい、きっと良い方向に行くと思います。
 それから貴方はまだ子供です、世の中、悪いことばかりではありません、これからの将来に明るい、楽しいことが一杯あるのです、つらいいじめはその一時のことです、時間が解決してくれます、ここを辛抱すればこの経験が貴方のこれからの将来に有益なこととなるでしょう。
 いじめを受けやすい人にアドバイスをします。それは人より優れた良い面を認識し誇りに持てることを探して下さい、又持つように努力して下さい。私も実は小学生の頃はいじめられておりました。腕力はなく、気が弱く、けんかも弱く、石を投げられたり、かばんをを破られたりしておりました、そんな私を見て親父は農業の仕事で私を徹底的に鍛えました。小学高学年になるとけんかは相変わらず弱かったですが、勉強より農業の手伝いで自然に肺活量が増えてきました。夏休みは近くの大きな深い池で遊ぶのですが、もぐり距離競争が得意になったのです、私をいじめる子は池でもいじめようとするのですが、私はもぐった時息が長く持つという自信がありました、いじめっ子は私を池の中に沈めようとしました、その時私はそのいじめっ子を抱きかかえ一緒に池に沈みました。いじめっ子は必死でしたが、私は余裕がありました、何回か繰返すといじめっ子は泣き出しました。はじめて私が勝ったのです、その日からいじめはなくなりました。たった人より、もぐる時間が長かっただけで、私には大きな自信になりました。何か一つ自信になることがあればいいなーーと思いました。
 今我々の道場にはご両親のお陰で空手をやることが出来る、恵まれた環境にある皆さんがおります、どうか空手の黒帯を締めて下さい、それまで続けて下さい、きっと将来の自信につながると思います。

■大阪の武田先生の一言 あごひげ - 2006/11/12(Sun)

武田先生もイジメに合っていた・・・。
ん~、何となく、今現在も、非常に紳士的で生真面目なので・・先生の子供時代が少しは想像されるわけですがやっぱりイジメの対象になっていたのでしょうかねー。昔の、先生が受けていたというイジメは現代のイジメ構造と似ているでしょうか。武田先生は農業をやったことで肺活量が増えてもぐり(潜水)が得意になり、あるときもぐりでイジメっ子に勝ったことで自信をつけた、と言っています。
するといじめっ子は一人だったのでしょうか。。。
現代のイジメは社会構造そのもののようにも思います。一人では何もできない。誰か強い子とか勢いのある子がいるとそちらに傾いて加勢する、またはそういう子を頼りにして勢いをつける・・。つまり、寄らば大樹の陰、というか、エーイ、エーイ、ばっかやろ~~って別の力も働いて、なおかつ自分自身のストレスのはけ口もあいまっていいか悪いかなど関係なく、しかも継続的に、病氣みたいに陰湿に、弱い子を死ぬまでやっっけてしまう・・。そういう感じなのかなあって思います。

■私も一言 東北プラン 淀川様より(管理) - 2006/11/12(Sun)

お世話様でございます。
私も子を持つ親として最近、学校で問題になっているイジメが原因による自殺…けっして対岸の火事とは思いません。小野寺館長による日頃の教室の活躍を新聞等で拝見しています。小野寺館長の指導のもと子供らは幸せです。
上部(うわべ)だけではなく心から、わからせる指導ではありませんか!素直で真っ直ぐな成長をするだろうと…その子供は間違いのない子になる、と考えます。イジメ事件の報道は氷山の一角に過ぎないようです。親が現実から逃げたら苦しんでいる子供は誰を頼りにすればいいのでしょうか?子供の成長過程で幼児の時に見た親の姿勢がかなりのウエートを占めるそうです。子供の躾をする前に親が基本的な生き方・生活をしているかどうかですね。子を見れば親がわかる、言われる所以はまさにその事かもしれません。子供が良くなるのも悪くなるのも親が基本なんです。最近、他の子供や親を見て自分自身を返り見る時があります。ドキッ…とします(汗(どうしようもない親がいて…)。小野寺館長は子供に言いながら間接的に親も指導・矯正している姿に共感を覚えます。いただいたメール嬉しかったです。本当にありがとうございます。どうか親と子、心の啓発にご指導いただき私にも色々教えて下さいませ。はずかしい子供にだけは育てたくありません。また大人になった時、親としての自分を鏡のように見てみたい気持ちです。
では長々と申し訳ありませんでした。今後とも宜しくお願いします。失礼致します。

■私もひとこと 若奥様 - 2006/11/12(Sun) 23:12 No.75

学校が、先生が・・教育委員会が・・と、メディアでも取上げられてます。確かに、トンデモない教師も中にはいるけれど、昔と比べてそんなにそんなに質が落ちたのか?っと考えると、そうそう大差もないように感じてます。
どちらかといえば、親のあり方かかわり方が・・随分と変わったんじゃないかと思う。
PTA役員のお母さん達のあのハードさはなんでしょう?連日学校へ・・あれは通学。そんなに何をやる事があるんだろうかっと不思議でならない。学年、学級の役員を引受ける親の中にも、先生と近いところに居たら情報が入ってきやすいから・・とか、学校の様子が子供の様子がよく見られるからなどという人が多いし。
時には、担任の先生ばかりか、学年主任、そして教頭先生、そして校長先生にクレームを言いにいく親もいたりして。我が子を守るのは私しかいないっと言うことなのか?どっか勘違いしてないかい?。常に子供の尻を追いかけて、口を出し・・学校に要請をし続けていくのだろうか・・・。
私の時代は、子供の態度の悪さとか・・先生に怒られるような内容は、家庭に原因というか責任を感じていたように思う。高校のときなんて、女子でも先生に叩かれたっし殴られた、親にそのことを言おうもんなら・・「お前の態度が悪かったんだろ」っとまた怒られたもんでした。
子供から目を離さず仰視し続けること、子供の為に甲斐甲斐しいことが母性という風潮がどうもしっくりこない。
けども・・給食費払わない親とかいたりして、なんだかチグハグな世界・・。
私の時代の親に比べると数段今は感心をもって子供をみているのに、イジメの深刻さは増しているし、不登校・ひきこもりも増えている。
どうなっちゃってんだろ。

■淀川様。 あごひげ - 2006/11/13(Mon) 08:00 No.77

>子供の成長過程で幼児の時に見た親の姿勢がかなりのウエートを占めるそうです。
そうですね。特に10歳くらいまでが一番重要であるとアメリカの研究学者も言ってました。三つ子の魂、と言います。三歳くらいまでは親の愛情(抱きしめる)を充分に掛ける。そして4~5歳くらいからは子育て・躾を中心にして愛情を掛けて行くということでしょうか。その愛情とは時には叱り時には抱きしめる、つまり三歳のころとは違って親もまた子供以上にステップアップした付き合い方をしていかなければならないと思います。
(何度も言うけど・・)
最近来た見学のお母さんが、道場の元氣ハツラツな子供たちの稽古を見て尻込みしたか・・、どうする-っ?? って子供に聞いています。聞かれた子供はただでさえ、ウルトラマンの世界と違うなーとびっくりしているのに、あっお母さんもやっぱり・・と思った結果は、やる、なんて言うはずがない。私が『お母さん、親がいいと思ったら親の権限で、やろうね!!、って決めてくださいよ』、と言ったら、なんと、目ん玉をひんむいて!!・・『私が決めるんですかーぁあ??!!』って語尾をあげて強い言葉で言われましたー(驚)。
学校崩壊って言葉を聞いてからしばらくになる。学校の先生が教室の中で(生徒が騒いで)授業ができないと泣いていたり、先生が子供たちに、もういいですか-?? って伺いを立てていたりするそうな・・。どうだろうかねー。頭の成績でばかり教師を養成していないだろうかーって思うのも一つ。もし、館長が一日教師で行ったら大変なことになるねその授業。『うるさいっー!!! 言うこと聞かねーのはどいつだー!! 出て来ーい!!』、ということだね。ただし、一日授業だからこれでいいけど、正式に教師としてはきっと親の誰かが学校、教育委員会に、『何で子供を怒鳴るのか!!、義務教育なんだから勝手でしょ!! 』とかなんとか変な理屈で抗議殺到でしょうねきっと。。。

▲今日は朝から患者が忙しい・・。またあとで時間を見て書きます。

■若奥様。 あごひげ - 2006/11/13(Mon) 11:40 No.78

>我が子を守るのは私しかいないっと言うことなのか?
こういうのは勘違いだね。子供の先を見ないで我が子を守ってどうすんだろうか。動物でもあるまいし、人間てみんな教育を受けているわけだから、どうして今子供たちに、辛さとか悔しさとかの方が必要なのかー、なんてのはいろんな本やテレビでも見ていれば分かりそうなものだがなあ。しかし、親たちは現実には自分の子が何か疑いを掛けられたり、悪さを追及されたりすると『逆上』し、子供の味方になろうとする親はたしかに増えています。だいたいは『変な自尊心』が邪魔をしてのどうしようもない行動なんだろうけどね。つまりみんな成長してないんだ。体だけは大人になり結婚し子供を作っても、自分が子供レベルではどうしようもないじゃないか・・。
若奥様・・、『親にそのことを言おうもんなら・・「お前の態度が悪かったんだろ」っとまた怒られたもんでした』、てね、それはかなーり昔の懐かしい時代のことかも知れませんよ。。

>給食費払わない親とかいたりして、
いるだろうねそういう人も。給食費払わないで、んじゃ誰のお金でご飯食べるの??他人が納めたお金で我が子も食べているの?? 死ぬわけじゃないし食べさせなきゃいいんだよ、そういうところには。でもかわいそうだからとか、教育委員会で問題にされるとか、なんか分からないがこれまた変な理屈で学校の先生もまた毅然とした態度を取れないのでしょうかねー。。『義務教育』って言葉も悪いかもね。国が決めていることだから学校に行ってやってんのー、てな感じなのだろうか。義務教育ってのは国が政策として義務を果たすということではなくて、実は親がしっかり子供を見る『子育て・躾の』期間ということではないのだろうか・・。

最近時々、学校に講師として呼ばれるようになりました。卒業する子供たちに向けての講演だったり、浜のほうでは立志式、文化祭での講演、今月末には(大崎市)某中学校から。私の場合は子供たちに向けての脱力からの集中力とかやる氣とか、あとはいつもの感じで檄を飛ばす。親たちもいっぱい、先生達も勢ぞろいの中では緊張もするが(私自身の)日頃のうっぷん晴らしにもなっているかなあ・・。
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-13 14:43 | ◆子育てしよう!

来年の全国大会に向けて

■周りの意見様ありがとう。 若奥様 - 2006/11/08

について
実はこのカキコミには心配しています。書いた人は、多分・・大会の為に一生懸命お手伝いというか、主体性をもってやってた人だと思うけど・・。
ただ、こういうボランティアというのは・・気持ちの問題もあるから、全員が平等にもてる物でもないし・・ね。
なんとなく、イザコザとした関係を作ってしまったり、役員でがんばっている人VS新しい人みたいな構図となってしまうよね。
飴玉・・っと言っていたけれど、それもね・・あまりない話だけど・・小さい事から何から何まで重箱の隅を突くようなことを、お仲間同士でそれも、公の場でいうのは言われたほうも反省するどころか反対の感情を抱くような気もする。親間でもトラブルにもなりかねない。

ごめんね、ひとこと・・。我が子を応援したい感情は誰にでもあると思うし、それを一言で「バカ」の骨頂的言い方はよくないとおもう。運動会だって学習発表会だって・・なんだって、我が子の姿を追うのも、応援するもの親なれば自然な事だと思う。
親だけがエキサイトするということを、館長は・・教育を通していけないと言っているのは私はよくわかるけれど、ちょっと・・ストレートに捉える人は、応援することも我が子のがんばりを見てやることも罪的に捉えている人もいるんじゃないだろうかと思う。
私も長い子育ての中、一応腑に落ちない事でもやるべき一通りの委員・役員、当番はやってきました。時には、我が子が事情で参加出来ないときにでも、同じように我が子が誰かのお世話になっているっとお礼返しだと自分に言い聞かせてやりました。でも、それも・・その先には我が子の為だから・・はありますよ。
ただ、それは強要するべきものでもないし、個々の家庭の事情もそれぞれ違いもあるし、なので・・他の次期役員さんに「私もやったんだから!やって!!」とは言えませんでした。

>親としての捉え方、などをマニュアル化していきたいと思うところです

私はこういう方向は嫌いです。マニュアル化にすれば簡単なことですけれど、そうする事で・・意にそぐわない親は居られなく?居たくなくなると思います。そう思いませんか?
ここのカキコまれるお母さん達のお話を見ていても、熱心な方々ばかり(周りの意見さんも)だし、常識から逸脱した風には思えません。この流れがなのですから、その空気に任せるのがいいのではないかなっと思います。

■いいねいいね!!!!! あごひげ - 2006/11/08

両方の意見が出ていいと思います。
東松島の佐藤会長と石井普及部長はいつも全体を見ていてくれる人だから他の古い人たち、総務や役員達も同様の意見だと思います。それに対し若奥様、あなた意外と切れますね。そうそうマニュアル化反対!! はなるほどと思いました。マニュアル化しなくともこうやってみんなの意見が出てくること自体がみんな真面目に教育空手に取り組んでいるんだなってたしかにそう思います。周りの意見さんもきっとご機嫌斜めのところにそういう感じ方(勘違いかも)があったかも知れないし。むしろこのことで他主催の大会ときちんと方向性がはっきり異なっていることに再認識した書き込みでもあったかも知れません。
一つ氣になるのは・・、バカの骨頂・・たしかにそういう書き方もしたね、私。それはね、他の大会、例えば今年は県の交流スポーツ少年団大会、あれは間違いなく、そういう親たちが子供たちががんばるコート脇に陣取ってK1やプロレス会場にも似たような観戦? の仕方をしていて醜かった、というようなことを書いてきたと思うし。若奥様、このあごひげのそういう意見もまた空手界には貴重だと思うが、そういう意見というか言うやつを排除しようという空氣のほうがどこか間違っている、、、つまり、あなたが言っていることに多少の矛盾とまではいかないが、いろいろ右も左も両方に考えられるすごい若奥様だー、、と感じたわけです、少しね。
でも、こういう論議好きです。
どうか、周りの意見さん、あなたが言いだしっぺですからね。最初に言われた人たちの名誉もあるよ。主催者として、親たちも指導の範疇に入れてきた私もよくよまくその辺を知りたいところだよ。引き続き、反論でもいいから思い切って書いてください。
・・・では、ちょっと忙しいので確認もせず送信ボタンだー。管理スタッフ、文章修正あったらオネガイ。。

◆排除うんぬんは実はあなたに書こうとしたのではないけど、分かるよね、、、まあいいかー。若奥様燃えろーーーー!!!。

■これでいいのか… 周りの意見② - 2006/11/07(Tue) 02:55

試合に勝つ度に飴のご褒美をあげていた親がいた……もらいたいから子供も必死で頑張ってた。でも親は試合もろくに見ないでヘラヘラしゃべってばかり…子供達はとっても立派だった大会だけれど親がね…

■周りの意見様ありがとう。 あごひげ館長 - 2006/11/07

ご意見ありがとうございます。大成功とみんなは思っていても実はいろいろそういうこともあったと思います。いつの時代でも親の方が成長が遅いものです。子供は素直に毎日のように学び、成長発育発展を遂げていても、親のほうが子供の動向にいちいち一喜一憂、オロオロし、中々離れられない、つまり育っていないと思われます。
そういう部分では、私も子の親ですし、審判の先生方も会場内みんなでそういう努力をしなければならない、と氣付くのが私たちの団体であろうと考えます。他人を非難することは簡単だがんじゃあ自分はどうだったのかということも忘れないようにしたいですね。

勝つたびに飴玉をやっていた親はきっと教育とか言う前にゲームだったのでしょう。試合は子供にとっては『ゲーム感覚でもいいから負けないでやれ!!』、と私は指導してきましたがそこに親が飴玉を持って入るのはそれはもちろん勘違いです。試合もろくに見ないでへらへらしゃべっているのは自分の子供にしか興味がないし向上心がないからでしょう。心に余裕のない人の行動です。
まあまあ、いろんな親がいます。一つの精神的な病気だと思えば時間の掛かることであるけれども私たちの団体の中ではそういう心も自然な形で浄化できるような組織体制、親としての捉え方、などをマニュアル化していきたいと思うところです。

ところで周りの意見さん、以下の点お願いします。

①まずは回りの意見、ではなく『私の意見』に名前を変えてくださいよ。よく問題を起こすグループが使う言葉が、『みんながこう言っている』という言葉であり、実は・・、一番自分が頭に来ているけれどもそれだけでは弱いから誰々も言っているとハクを付けるやり方です。私はそういうの嫌いですね。なので、今度は是非私にメンと向かって直言もしてください。あなたの目、大事にさせていただきますから。それで、できれば、非難だけではなく、じゃあどうやったらそれを改善できるか、という点でのアイデアも一緒にお願いします。

②私は以下、反省というよりは『来年はこうしよう』という項目を少しづつ作ろうとしています。あなたからも以下、私のような具体的追加項目はないですかねー?? なお、私が書いた以下の項目については私の反省ですから以下には触れないで別のことを書いてほしいです。
・・反省
①審判の名札ほしい
②パンフレットに救護先生の名前
③反省用ハガキほかは朝に早く渡す
④コート係は全部宮城県でやる
⑤審判員に渡す袋詰めをしておく
⑥CDコートに小さい子の係り3人必要
⑦1ヶ月前にメダル賞状記念品を準備
⑧5コートにしCDEコートは6メートルで
・・・・・

③それから一つ、ここは実は、『あごひげ』という空手界(ネット)の有名人・・が主の掲示板です(毎日100人以上の不特定多数の人が見る全国版)が、これからJEKを世に出し、この道を通じて社会貢献して行きたいとする私たちとしては、外に出す親たちの意見というものも、これは外に出していいかどうかをよく考えて書き込みいただきたいし、出してはならない部分と捉えるものは是非とも個人メールで、と考えます。この大会を大成功に導くために日夜、ほんと、毎日毎日いっしょう懸命に総本部に足を運びやってくれた役員、総務スタッフへたちの感謝の念を置き去りにしマイナス部分だけを大きく捉えたのでは歯車も狂ってしまいます。成功のよろこびに浸り、次回への自信とエネルギーにしていく部分こそ私は強くしたいと考えます。ご協力をお願いします。

■来年に向けて思ったこと 副事務局長 佐藤真紀 - 2006/11/07

私も来年にむけて思った事を報告しておきます。(忘れないうちに・・・)

①外部から来てくれる選手、保護者の皆さん用に外靴入れる袋が必要だったと思います。(もちろん、玄関に置いた靴はキレイに並べられていましたが・・)
②試合が終わった未就学児の世話係(監視係??)も必要ですね。今回は東松島の新しいお母さん達に急遽お願いしました。(菅原魁人君のお母さんが中心になって引き受けてくれました)
③外部の団体の案内係、お世話係もあったら良かったと思いました。朝の2階への誘導や、パンフレットの渡し忘れないかの確認、試合中に何か不都合な事がないか2階を確認したり、ごみを集めてもらったり・・大会後の2階の片付けも誰も行かないでいたら神奈川の父兄の方がゴザをたたんだりしてくれていたので・・案内係と名札を付けて、分かりやすくするといいかなと思いました。

それから、これは個人的な反省ですが、学年を間違えてエントリーさせてしまった子が一人いました。(東松島の阿部光希ちゃんです。)朝のうちに会長さんが氣づいてくれて修正しましたが、申し訳なかったです。間違いをなくすために・・と考えたのですが、トーナメントが出来上がったら印刷前に各道場の会長さんにチェックを入れてもらう。とか、参加申し込みの時に申し込み一覧表のようなものを作って、学年、性別を書いて道場ごとにまとめて提出してもらう。などの方法はどうでしょうか?メールでの申し込みの場合も学年を入れてもらえば、助かりますね。

今年良かったところはそのまま継続して、反省点はどんどん改善して、来年につなげていくようにしたいですね!

■あのですね。 あごひげ - 2006/11/07

今日さっき、掲示板匿名の方の投稿について、東松島の佐藤会長と電話で話をしました。
『もしや、その人は勘違いをしているのではないかな・・??』、ということでした。東松島の若いお母さんたち、実は係員になってもならなくともみんなで氣Tシャツを着てお手伝いしましょう、ということで佐藤さんたちのお手伝いを自主的にしてくれたそうです。若いお母さん達がみんなでやってくれたので私は何にも仕事がありませんでした、とも言ってました。そういう状況をとらえて、もしやこの人たちのことを言っているのであれば大きな勘違いですよ、ということでした。『周りの意見』さんの今朝の書き込みについては、私は、まだ佐藤さんからこの話を聞いていない段階では以下のように返答しています。

※書いた方の時間が・・2:55 ですね。
悪いところだけが目についたのかどうか、いいところは氣付かなかったのかどうか。こういう場合は大抵、自分の子が負けたりすると不機嫌となりマイナス部分だけが頭に残って誰かを攻撃したくなる、小言を言いたくなる・・そういう人もいます。さてどうでしょうかねー。できれば、良かったところを出してください。よろしくおねがいしますね。

■お手伝いいただきました。 東松島 佐藤明美 - 2006/11/07

第1回全国練成大会 館長お世話様でした!先生方、遠路いらしてくださいました皆様、そしてスタッフの皆様、大変大変お世話様でした!感動の1日でした(=^▽^=)子供達も一生懸命でしたね。。どの子も、どの子も必死に勝負してましたv(^-^)vスミマセン、賞状を運ぶ仕事だったので役員にもかかわらず、あっちこっち見ながら本部席まで行ったり来たりしてました、、それから東松島の皆さん、頼りない会長の私をフォローして頂きましてホント感謝の一言です!古い皆さんはもとより、新しい皆さんも何かの手伝いの時のためにと気Tシャツを着て来てくれて、お弁当係の仕事もみんなで手伝ってくれました(;_;)何も言わなくても手伝ってくれました(;_;)ホント嬉しかったし感動しました!…なのでボーッとしてる私としましては新人ママ達のチームワークに感心するばかりで…大事にしていかないと!!と思いました(*^ー^*)4月に入ったばかりで先月の寺子屋も嫌な顔せず手伝ってくれたのにもかかわらず、今大会でもチームワークよく動いてくれましたo(^-^)o…私は幸せな会長です!
ホントにそう思いました!!これからも宜しくお願いしますねm(_ _ )mとにもかくにも皆様、大変お世話様でした!館長、大会大成功おめでとうございます\(^◇^)/

■若いお母さん方、頼もしい... 石井 - 2006/11/07

〈反省〉
◎スリッパの準備をしてなかった…来賓の方が来てあわててしまいました。
◎後片付けですが、閉会後すぐにバタバタと机と椅子を片付け始まったので、途中でストップしていただきました。修空館以外の選手、保護者などが会場から出るのを待ってからの方が良いと思います。追い立てるようで失礼かと思いますし、人の出入りしている時に机を運ぶのは危険かとも思いました。後片付けも、皆さんに一旦集まっていただき、それぞれの担当者の指示で、協力し合えればと思いました。
※皆さん朝からとても協力的で、仕事を探してよく動いていただきました。後片付けもです。私はず~っと玄関にいたので、中の事はわかりませんが…ヾ(^_^;私の見える範囲にいたお母さんたちは、頑張ってましたよ。若いお母さんがた頼もしいですね。(^-^)
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-07 23:50

全国錬成大会の感想 その2

■きんメダル取れた!!! 良と沙恵 - 2006/11/05
a0068770_1764729.jpg
▲良…はじめてのたいかいできんメダルとしょうじょうがもらえてうれしかった。しあいがちゃんとできてすごくよかった。
▲沙恵…形は返事、あいさつ、氣合いはできたけど、立ち方が高くなってしまったので一回戦でまけてしまいました。組手は技もしっかりきめて、準優勝までいけました。悪いと思ったところは、技がワンパターンだったからだと思います。これからの練習もがんばって来年にむけてもっとがんばりたいです。
▲母…今日は大変お疲れ様でした。昨日のマット運び、会場準備から今日の大会進行、後片付けまで、本当にみんなで協力して大会を無事に終える事ができて、とてもうれしかったです。今年入門した新しい子達も頑張ってましたね。お母さん達にも小さい子のお世話していただいたりして、とても助かりました。遠路来ていただいた、山形、神奈川、仙台の皆さん、審判員の先生方にも感謝の氣持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!これからも子供達を中心にして、道場を盛り上げていけるように協力させていただきたいと思っています。館長はじめ、先生方これからもご指導よろしくお願いします!

■勉強になりました。 審判員 中舘 - 2006/11/05

教育空手杯第1回全国大会成功おめでとうございます。朝の挨拶、気合いに始まりそして試合、いままでにない学びの大会だったと思います。私自身審判という大役をお受けし、他の先生方の迷惑になりはしないかと悩みもしましたが、子供達だけでなく、審判もみな勉強という館長の言葉をきき、頑張ることができました。旗を持つ手が汗びっしょり、緊張した顔はきっと怖い顔だったろうなと思います。先生方ありがとうございました。
▲彩乃の感想、
今日の試合は自分のなっとくのいく試合ができたのでよかったです。形ではベスト8までいけたのでこんどはベスト4までにはいりたいです。組手はなおすところがあるけれど好成績をとれたのでよかったです。大会運営にあたられたみなさま本当にお疲れ様でした。遠くから参加頂いた皆さんありがとうございました。そしてまた次の大会でおあいしましょう。

■皆さんが協力しあって。。  高橋愁 - 2006/11/05(Sun) 22:51 No.38
a0068770_17215266.jpg
がんばってできたよ!の一言でした。じっちとお父さんにもきちんと報告してくれてましたよ(^0^)/今日第一回目の錬成大会お疲れ様でした。初めての試合でどんな感じなんだろうと思っていました…。総務や役員さん方ご苦労様でした父兄のみなさんも協力し合っていて、良いスタートでした。第二回目の時の子供成長を楽しみにしたいと思いました。

■とても悔しかった・・・ 侑女 - 2006/11/05(Sun) 22:53 No.39

▲侑女・・・三年生男女形で三位決定せんまで勝ちつづけましたが、ももえちゃん負けてしまいました。とてもくやしかったです。でも、つぎの大会には負けないようにがんばりたいと思います。組手では一回せんまけだったので二回せん、三回せんとすすめるようにがんばりたいです・
▲母・・・全国練成大会お疲れ様でしたm(__)m今回初めてコート係になって、前の日は心配で眠れなかったのですが、今日、無事に終わってよかったです。
本当にみなさんご苦労様でしたm(__)m

■館長が少し遠い人に・・ 梶原大輔 - 2006/11/05(Sun) 22:54 No.40

▲大輔より‥さいしょは、やなきもちだった。でも、やったらたのしかった。
▲母より‥いつもギリギリの時間に着いてしまう私は、役員の方々のきびきびした姿に惚れてしまいます。いろんな帯の、色々な技を見て、なんだか素敵な事が待っているような気持ちになりました。大輔は、訳がわからず、緊張していたようでしたが、自分から組手も出ると言い、いつもよりいきいきしていました。嬉しかったです!館長が、少し遠い人に感じました。でも、すごいって思いました。失礼な言葉でしたらすみません‥!!今日はありがとうございました。

■大会の感想 奥野 瞬 - 2006/11/05(Sun) 23:12 No.41

▲父
館長、指導者や役員の方々父兄のみなさん、今日は大変お世話になりました。第一回は大成功でしたね!みんなの力が一つになったからだと思います。私自身、何も役にはたてませんでしたが今年の反省点をまとめて来年に向けて今からスタートしたいです。開会式の館長のあいさつは心の底から感動しました。一人じゃないって良いですね!
▲瞬→
第一回の練成大会はいい記録をだせませんでした。次のこの大会ではいい記録をのこしたいです。
▲愛→練成大会でいいけっかをだせませんでした。つぎの大会ではかちたいです。また練成大会がんばるぞー

■第一回全国錬成大会の... 青木 かい - 2006/11/06

第一回全国錬成大会、大成功おめでとうございます。これも館長や総務の皆様、スタッフの皆様のおかげですね。本当にお疲れさまでした。遠く神奈川や山形、福島、仙台からの皆様、審判員の先生方、本当にありがとうございました。今回の大会は、他の大会と違い学びの大会となりとても良かったと思いました。
 カイ:組手では強い攻撃をしてしまい、反則となってしまったのでこれからはもう少し技を考えながら出せるように頑張って稽古したいと思いますので宜しくお願いたします。形は基本から少しずれてしまったと思いました。これからは、基本から頑張ります。

■いい一日を実感・・・ 雄勝 萌衣 - 2006/11/06

館長の涙で始まった今大会!大成功でしたね!!!!

萌衣……形は全部で五回し合しました。こんなにしたのははじめてでつかれたけど三位になれてうれしかった。組手は三回し合して一位になりました。さいごの東西たいこうせんもがんばりました。やっぱりさちえちゃんはカッコイイでした。またけいこがんばって勝ちたい、さちえちゃんみたいにならたいです。

■スゴイことをした! 統制幹事長 今野 - 2006/11/06

いつもお世話様です。本日はたいへんお疲れ様でございました。私たち団体はとてつもなくスゴイことをした!…今、率直に感じています。あれだけの諸先生方やご父兄に協力していだき、無事成功出来たのは紛れもなく館長の強い信念がそう導いたのではないでしょうか。自分の師が小野寺館長であることが誇りであります。また、あらためて修空館で学んで来た空手道にものすごい価値を感じました!。そして今日の大会では言葉に言い表し切れない感動と自信を実感させられました。
今後とも館長の片腕に成れるよう頑張ります。ありがとうございました。
他の反省はのちほど。

■今までにないくらい勝って 豊里 秋山 - 2006/11/06

▲母
今日は、先生方はじめ役員の皆様、ご父兄の皆様、大変お疲れ様でした。私は、帯係と呼び出しをさせて頂いたのですが試合の流れがよく把握できておらず選手の子供達をはじめスタッフの方々に迷惑を掛けてしまい申し訳なかったです。でも、勉強になりました。大輝は選手の多いなか形も組手もベスト8に入り本人にとってはかなりの進歩でした。
▲大輝
今日は今までにないくらい勝って形も組手も3回戦までいきうれしかった。もう少し勝ちたかったのにくやしい。今度の試合ではもっとがんばる!

■カメラのシャッターが・・... 余目、庄司保護者会長(代理書き込み) - 2006/11/06
a0068770_1722183.jpg
余目空友会
スポ少保護者会長 庄司 善則

小野寺 館長様

今迄の2年間、先ずはお疲れ様でした。そして早朝からの今日一日、本当に気の休まらないお姿を間近で拝見しておりましたが、多忙な一日でしたね。最初から最後まで陣頭指揮を執っておられましたが、本当に抜かりの無い名指揮で御座いました。
館長の「審判長注意」の時に感極まり、目頭が紅く(熱く)言葉に成らないお姿を間近で拝見しておりましたが、カメラを向けてシャッターを押して良い物か躊躇して仕舞い、カメラを向ける事が出来ない位にあの時の体育館の空気は神聖なもので御座いました。それは帰りの道中、バスの中でも話題になった程です。あの瞬間のシャッターチャンスにシャッターを押す事の出来なかった小生、やはり未だまだ未熟者です。
館長の熱き想いを感じ胸が熱くなりました。
末筆になりましたが、これから益々のご活躍をお祈り申し上げますと共に、地元タッフの方々に支えられての館長でも在らせられますので、縁の下のスタッフの方々にも何卒宜しくお伝え下さい。

■目についた場面が 周りの意見 - 2006/11/06(Mon) 12:56 No.51

自分の与えられた係り分担を最後までやらず他のコートの応援をしていた親が数人いた!自分の子供の時は大声を上げていた。みんな、自分の子の試合を見たいのを我慢して与えられた係りを頑張っているのにその人達を見てとても残念におもいました。今大会の唯一の反省点かもしれません!

■大会感想 井手段咲と心 - 2006/11/06(Mon) 12:58 No.52

第一回全国練成大会、お疲れ様でした。子供達のがんばりももちろんの事、準備・運営と本当にたくさんの方々の協力体制は素晴らしいと心より感じています。このすばらしい道場の中の一員であることを光栄におもいます。
昨日は心(五歳)もはじめて出場させていただいたのですが、一日もつかなあと心配しちましたが、午後は小さい子のお母さん達に託児(?)までしていただいてありがとうございました。
▲咲・今日大会で一番くやしかったのは、くみ手の三いけっていせんです。おなじおびの人にまけてくやしかったです。かたは、ベスト8で黒おびとたいせんして、まけました。とてもくやしかったです。
▲心・あいさつとおすっちゃんといったよ。

■期待しています。 
仙台カナ母より - 2006/11/06(Mon) 14:56 No.53

全国錬成大会の開催おめでとうございました。
機械的に試合をこなし終わらせるというものが一般的な大会の中、趣向を凝らし、空手を通じた教育を前面に打出した「学びの大会」に、充実した一日を過ごさせて頂きました。大勢の子供達の腹の底から出す気合いは、感動的で涙が出そうなほどとても良かったです。
スタッフの皆様には、明るく笑顔で迎えて対応頂きました。理事及び審判員の先生方、本当にお疲れ様でした。第一回ということですから、いろいろ思慮もあったかなあと勝手に想像はいたしておりますが、大成功、盛会のうちに終えたわけですから、どうか今後は無用に遠慮せず、前に前にと『教育空手道』を推進され、多くの子供たちに夢と希望を与えるべく益々ご活躍いただきたいと期待しています。

■回し蹴りほめられた 小さい子 渥美和彦 - 2006/11/06(Mon) 15:15 No.54

ぼくは、からてのたいかいがありましたくみてで、まわしげりをしたら、あいてのメンホーにあたりました。うれしかったです。私は試合の様子は見られませんでしたが父親が仕事の合間に見に来てたらしく、夕飯を囲みながら試合の様子を二人で話していました
> “まわしげりカッコよかった”と誉められ照れ臭そうに o(^-^)oていました 今回母は、初めてコート係の帯係で、皆さんの足手まといにならないようと必死でした。試合が終ったときはホット安心しました 子供と一緒に“ハラハラドキドキ”の一日でよい経験になりました。ありがとうございました。

■親の送迎の力だ~!! 加茂匠(中2)母 - 2006/11/06(Mon) 15:38 No.55

全国練成大会お疲れ様でした。緊張しながらも初めてのコート係に挑みました(^_^)v どの父兄も自分の役割に責任を持ってちゃんとこなしていましたね!総務の方々のチームワークと仕事ぶりには感心しているばかりです…。そして裏方さんの働きがあったから私達が今日一日満足して過ごせたと思います。皆さん気付いてましたか…?あんなに大勢の人が使用したトイレがいつも綺麗でした。お茶を飲みすぎた私がトイレで会うのはいつもD母でした。彼女もお茶を飲みすぎたのでは無く、常に見回っていたのです。この道場にお世話になって6年過ぎますが、父兄の底力っていうのが最近になってようやくわかってきました。私もその一員だっていうのが誇りに思います(*^_^*) 皆さん今日一日ありがとうございました。

追伸;
そういえば東西戦が始まる時 ウチの匠はお世話役でそこにいるのだと見ていました。まさか選手だとは…!昔をさかのぼりますが、ウチの子はとてもヘタクソでした。それをふびんに思った私達夫婦は同級生に追い付きたくて、毎日河南はもちろん鹿又、本部、豊里に通いました。中学生の部で優勝出来たのも指導者のお陰でもありますが、本人の努力と親の送迎のタマモノでしょう~! 一軍選手になるには子供の努力と親の送迎!身をもって学んだ父兄の言葉ですが、これ、間違いない!古い…? 失礼しました、おやすみなさい…

■大会の感想 奥野 瞬 - 2006/11/05(Sun) 23:12 No.41

▲父
◇館長、指導者や役員の方々父兄のみなさん、今日は大変お世話になりました。第一回は大成功でしたね!みんなの力が一つになったからだと思います。私自身、何も役にはたてませんでしたが今年の反省点をまとめて来年に向けて今からスタートしたいです。開会式の館長のあいさつは心の底から感動しました。一人じゃないって良いですね!
▲瞬→
第一回の練成大会はいい記録をだせませんでした。次のこの大会ではいい記録をのこしたいです。
▲愛→練成大会でいいけっかをだせませんでした。つぎの大会ではかちたいです。また練成大会がんばるぞー

■勉強になりました。
審判員 中舘 - 2006/11/05

教育空手杯第1回全国大会成功おめでとうございます。朝の挨拶、気合いに始まりそして試合、いままでにない学びの大会だったと思います。私自身審判という大役をお受けし、他の先生方の迷惑になりはしないかと悩みもしましたが、子供達だけでなく、審判もみな勉強という館長の言葉をきき、頑張ることができました。旗を持つ手が汗びっしょり、緊張した顔はきっと怖い顔だったろうなと思います。先生方ありがとうございました。
▲彩乃の感想、
今日の試合は自分のなっとくのいく試合ができたのでよかったです。形ではベスト8までいけたのでこんどはベスト4までにはいりたいです。組手はなおすところがあるけれど好成績をとれたのでよかったです。大会運営にあたられたみなさま本当にお疲れ様でした。遠くから参加頂いた皆さんありがとうございました。そしてまた次の大会でおあいしましょう。

■感想 高橋愁

がんばってできたよ!の一言でした。じっちとお父さんにもきちんと報告してくれてましたよ(^0^)/今日第一回目の錬成大会お疲れ様でした。初めての試合でどんな感じなんだろうと思っていました…。総務や役員さん方ご苦労様でした父兄のみなさんも協力し合っていて、良いスタートでした。第二回目の時の子供成長を楽しみにしたいと思いました。

■侑女・・・

三年生男女形で三位決定せんまで勝ちつづけましたが、ももえちゃん負けてしまいました。とてもくやしかったです。でも、つぎの大会には負けないようにがんばりたいと思います。組手では一回せんまけだったので二回せん、三回せんとすすめるようにがんばりたいです・
▲母・・・全国練成大会お疲れ様でしたm(__)m今回初めてコート係になって、前の日は心配で眠れなかったのですが、今日、無事に終わってよかったです。
>本当にみなさんご苦労様でしたm(__)m

■大輔より‥
さいしょは、やなきもちだった。でも、やったらたのしかった。
▲母より‥
いつもギリギリの時間に着いてしまう私は、役員の方々のきびきびした姿に惚れてしまいます。いろんな帯の、色々な技を見て、なんだか素敵な事が待っているような気持ちになりました。大輔は、訳がわからず、緊張していたようでしたが、自分から組手も出ると言い、いつもよりいきいきしていました。嬉しかったです!館長が、少し遠い人に感じました。でも、すごいって思いました。失礼な言葉でしたらすみません‥!!今日はありがとうございました。

■大会の感想 渡邊 - 2006/11/06

▲俊輝:
たくみくんにはじめてまけてしまい、くやしかった。のぶひこくんはやはり強かった。こんどはもっとけいこがんばって、またいちいをとりたいです。
▲母:
息子三人の行事が重なってしまい、午後からの参加でほとんどお手伝いも出来ず本当に申し訳ありませんでした。俊輝の試合も見られなかったので、その代わり、たくさんコートの子供達を応援しました。凌馬君の涙に、私も本当に嬉しかったです。また、先月は出張で週の半分しか石巻にいれず、あまり稽古に送れなかったので俊輝にはかわいそうな事をしてしまったと思います。
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-06 15:51 | 各種大会の報告

第一回全国錬成大会の感想... 

■黒澤兄弟 投稿日:2006/11/05

▲2年 依純:
組手で3いになったのが、とてもうれしかったです。こんどのもくひょうは1いになることです。なんでも、1いになります。ぜったいになってみせます。がんばって、ここまでやりきって、おきゃくさんに見てもらって、とてもうれしいです。おわったあとはスッキリしてきもちよかったです。ヨッシャー。
▲4年 優斗:
自由形の時いまいち、じゅおんが思うように行かなくてくやしかった。もっとじゅおんを練習したいです。組手は3位になったけど、気がすまなかったから1位になるように頑張ります。毎日空手に行って練習してたからよかった。これからも毎日いきます。
▲母:
第1回全国錬成大会を無事終了出来、ホッとしています。お世話様でした。Bコートの練習を通し、西地区の新しいママさん達とも仲良くなれ一致団結することが出来たこと嬉しく思います。Bコートの先生方にもなれない私達に、緊張をほぐしてくださる言葉や、サポートをしていただき、とてもいいムードで試合進行出来ました。ありがとうございました。そして何より優斗と依純が初めての入賞が出来たことがうれしかったです。特に優斗は強敵ぞろいの4年生です。毎日稽古に行って頑張っていますが、いままで入賞まで行ったことがありませんでした。入賞しなくても、毎日続けて稽古に励むこてが大事と子供達に伝えてきました。その成果が出たと思います。この入賞をきっかけに、もっと勝ちたい、やればできると意欲と向上心を持ってくれればと思います。
a0068770_2335922.jpg

■ つぎのたいかいでもかちた... 
今野三兄弟 - 2006/11/05

第1回全国錬成大会おめでとうございます。教育空手杯にふさわしい素晴らしい大会で、感動の1日でした♪館長はじめ諸先生方、お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。
▲大樹~今日の大会は形一回戦まけで組手は三回戦でまけてしまいました。こんどの大会ではぜったい勝ちたいです。勝つためにはもっとけいこをがんばりたいです!
▲美鈴~
きょうわたしは、くみてでわたしのともだちさなちゃんにまけてしまいました。でも2いになれたのでうれしかったです。くみてでは3いでちょっとかなしかったです。こんどの3月の大会でかつようにがんばりたいです!
▲瑞樹~
つぎのたいかいでもかちたいです
きんめだるを2ことってうれしかったです

■狩野三兄弟で好スタート!
庵原晃太と母より - 2006/11/05

今日は指導者ならびに審判の皆さん、それに大会前日まで準備をしてくださった大会役員の方々、本当にご苦労さまでした。それから遠くから大会に参加してくださった、神奈川・山形・仙台の皆さん、本当にありがとうございました。第一回の教育空手杯全国錬成大会、大成功でしたね!
▲晃太感想・・
オレは、くみ手のとき、このまえの大会よりはよかったです。キザミとかちゅうだんを出せたのでよかったです。
▲母・・
狩野三兄妹の選手宣誓はとても元気があって、今日の大会の好スタートを切れたっていう感じでしたね。

■お世話になりました! 
山形、佐藤本部長 - 2006/11/05

押 忍、第一回 全国 大会成功、おめでとうございます。今日はいろいろ と お世話になりました、無事に9時頃に着きました、皆様にも よろしく 伝えてください、今後とも 宜しく。
押 忍

■気合いと返事が出せた!! 
吉田美里と匠 - 2006/11/05

▲匠:きょうぼくは組手のけっしょうせんでけりばっかりだしていたら、相手につきをだされててんすうが入ってまけました。でもはじめて2位になれてうれしかったです。つぎはゆうしょうできるようにがんばりたいです。
▲美里:
形は決勝戦で負けて2位でした。でも気合いと返事がちゃんとできたので良かったです。組手でも決勝戦で負けてしまいました。次はもっと早く引き手をとるようにしたいです。形も組手も優勝目指して頑張りたいです。
▲母:
今日はみなさん大変お疲れさまでした。これまで何十回と大会を経験してきた中で一番感動した大会でした。朝の館長の言葉で涙をもらい、技術局長の気合い指導、高橋先生の組手指導…などなどこれまでにはなかったとても内容の濃いすばらしい大会でしたね!子供たちもみんな気合いが入ってたし、父兄の方々も自分の係りに責任をもって尽した事で進行もスムーズにできたと思います。
一つだけ気付いた事は、形の表彰を午後にした事によって午後の組手の試合の選手が揃わなくて開始できなかったので、表彰はその都度行った方が良かったのかな、と思いました。
本当に一日お疲れさまでした。今夜はゆっくりと休んでくださいね!

■ 一生懸命の姿に感動しまし... 
山形事務局長 高橋 - 2006/11/05

お疲れ様でございましたm(__)m
今日は、大変お世話になりました。記念すべき、『第一回全国錬成大会』の【大成功】、おめでとうございました。連日の準備、また今日も、皆様方が協力し、一生懸命にやってる姿に、感動しました。<(__)> 私事ですが、皆様とご一緒させていただき、本当に良い経験をさせていただいたと思っております。本当に有難うございました。皆様にも、よろしくお伝えくださいませ。高橋

■素晴らしい氣合いの入った... 
玉田先生より - 2006/11/05

ご成功おめでとうございます。素晴らしい氣合いの入った大会に感激いたしました!大会開催までの道程は決して平坦な道ではなかったと思います。その苦難を乗り越え今日を迎えられたのも、館長を頭に教育空手協会の先生方、ご父兄の方々さらに主役の子供達かと思います。館長が挨拶を始めた時、言葉にならないことが館長のいままで今回の大会開催までの苦難等が脳裏を過ったものと感じました。こちらももらい泣きしそうになりましたが、心で泣いて顔は平静さを保のが辛かった!男は人前では涙を見せるなと若いころ先輩に言われたことを思いだしぐーと堪えてました。今日11月5日(大安)選手諸君の活躍はもちろんのこと、大会を影で支えて下さったご父兄の皆様、ママ空の皆様、大変お疲れさまでしたm(__)m。第二回大会に向け、今日今稽古している選手もいるのでは?大変でしょうが来年も素晴らしい氣合いの入った大会が開催されますよう心から願っております!
押 忍

■我が子の成長見ました。
鹿又 伊藤兄弟 - 2006/11/05

▲伊藤広樹
きょう、ぼくはがんばりました。でもめだるがもらえなかたのがくやしいです。またけいこがんばります
▲啓太
きあいはでてたとおもいます。かたもできたとおもいます。らいねんめだるをもらえるようにがんばりたいです。
▲広樹母
仕事のため、お手伝いできなかったのですが今日はは本当にありがとうございました。子供達も去年より少しは成長したかなぁ?と感じています。今後ともよろしくお願い致します。

■素晴らしい形や組手を見ました
カルチャー 池田 - 2006/11/05

☆いけだひろと(少1)
はじめてたいかいにでてたのしかったけどかたのしあいでまけてくやしかった。またたいかいにでたいです。
☆母
今日は館長はじめ先生、お世話役の保護者のみなさんお疲れ様でした。初めての大会で一回戦敗退でしたがいい経験ができました。すばらしい形や組手を見る事が出来てよかったです。

■素晴らしいスタッフですね... 
米山 ハジメ - 2006/11/05

お世話になっております。ハジメ母です。今日の全国大会の成功おめでとうございました。今回私は会社の研修が重なった為大会の運営に協力出来なくて申し訳ありませんでした。今日も会場に行った主人から逐一メールで報告受け、大会の様子を想像しておりました。さえちゃんママを中心に皆さんが頑張って運営していった事と思います。素晴らしいスタッフですね。館長もこの大会に向けての色々な準備本当に大変だったと思います。今晩はゆっくりお休み下さい。またこれからもご指導を宜しくお願いします。

■ きんメダル取れた!!! 
良と沙恵 - 2006/11/05

▲良…はじめてのたいかいできんメダルとしょうじょうがもらえてうれしかった。しあいがちゃんとできてすごくよかった。
▲沙恵…形は返事、あいさつ、氣合いはできたけど、立ち方が高くなってしまったので一回戦でまけてしまいました。組手は技もしっかりきめて、準優勝までいけました。悪いと思ったところは、技がワンパターンだったからだと思います。これからの練習もがんばって来年にむけてもっとがんばりたいです。
▲母…今日は大変お疲れ様でした。昨日のマット運び、会場準備から今日の大会進行、後片付けまで、本当にみんなで協力して大会を無事に終える事ができて、とてもうれしかったです。今年入門した新しい子達も頑張ってましたね。お母さん達にも小さい子のお世話していただいたりして、とても助かりました。遠路来ていただいた、山形、神奈川、仙台の皆さん、審判員の先生方にも感謝の氣持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!これからも子供達を中心にして、道場を盛り上げていけるように協力させていただきたいと思っています。館長はじめ、先生方これからもご指導よろしくお願いします!
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-05 22:40

いざ、出陣!!!!!

■いざ、出陣。 
佐藤惟祖母 - 2006/11/05(Sun)
a0068770_6585086.jpg
おはようございます。佐藤惟祖母です。いよいよ日本教育空手協会の第一回全国錬成大会おめでとうございます。今朝方、河南の地には、雷鳴轟き地固めの雨が降りました。これはJEKを祝う天からの贈り物のように思います。今までのご苦労今日はどこまでもどこまでも威風堂々館長の元皆かっこ良くいきましょう。その晴れの会場に同席させていただく喜びありがとうございます。惟には体調不良、お友だちが辞めて行く様に心が揺らいだ時もありましたが、御恩の返し方、けじめのつけ方を教えたつもりです。
[PR]
# by kancho39 | 2006-11-05 06:58

教育

■あごひげ - 2006/11/03(Fri)

>大会当日パンフレットを早々と手に入れ、山組みを見て何回戦目で○○とあ当たる。どうしよう。勝ちあがれないかも!?そんな声をあちこちで聞きます。

そうそうおバカな親たちってそうです。子供以上に相手を知り尽くし各学年ごとにどの道場のどの子がどれくらいのレベルかを的確に把握していますね。特に茶帯黒帯になり期待されるようになると子供そっちのけで親も熱くなりやすい。子供が一試合終わるたびに一喜一憂しドキドキハラハラし、帰ってくるとところ構わず誰が回りにいようと関係なく我が子を指導しています。まあ、道場によっては、『親もビデオで勉強し子供に教えてください』、『親も一緒に指導してください』、と普段の稽古でも親たちが道場内に正座あるいは腰掛けて稽古中も熱心に声を掛けているんなそうですが(当方のクレージーな地域ですが)。ビデオ見て試合をたくさん見ていっぱい出稽古もして親たちは目も肥えて口だけは達者になっていくんですわー。
わたしはこういう親たち嫌いなので、稽古の見学を禁止にしています。稽古中に帯がほどけむようと立ち方が悪かろうと一切声がけは禁止、余計な声を出そうものなら親を叱ります。迎えに10分前に来ます。親は見ていれば指導者が何を言いたいかは子供たち以上にすぐ分かる、それで声を掛けたくなる、あるいは親同士で稽古中にも関わらず稽古以上に大きな声で雑談したくなる・・・、こういう場合、『親、ウルサイー!!!』と大声を出し、一喝します。親も親、入門はますます低年齢化し、さっきまで高校生だったような親たちも増えていますから、親の躾もこちらにとっては必要不可欠となります。
ということで、親でもあるけれどもきちんと稽古し努力し指導員となり、かつ、その指導方針であれば問題ないし素晴らしいです。子供だって納得の良きパートナーにうつっているでしょうね。親子鷹、がんばってください。。

■まっちゃん - 2006/11/02(Thu) 23:32 No.20

>これはこれは身に覚えがある。だって気になるんだもの。ここは、昔の親も今の親も気になるところだし・・ここを見逃すと・・子供はだらける。成績なんていいじゃないか~っと言われるかもしれませんが、いや!そんなことはない。良いに越したことはない。

全面的に悪いというのではないのです。比較する対象が問題だと思います。
身近な○○ちゃんが比較対称だと、あまりにもリアルで子の心が荒みます。
親だって叱りが怒りになり、躾から有る意味のいじめに変わります。

自分の場合で空手に例えてみます。私は人並み以上に日本一を息子達と目指して来ました。そして進行形です。しかし少し考え方が違います。
殆どの父母は、大会当日パンフレットを早々と手に入れ、山組みを見て何回戦目で○○とあ当たる。どうしよう。勝ちあがれないかも!?そんな声をあちこちで聞きます。今更なにをじたばた・・・・・と何時も思います。何の偶然性を求めて参戦してきているのでしょうか?私は大会会場で一番にサブアリーナ(練習会場)に出向きその日の選手のレベルを見ます。上位半分以上は大概試合前に稽古してアップしてますよね。そして概略で自分の息子の相対的なレベルを図ります。今日のレベルの大会なら良いところベスト8だと思うとそれをその日の基準値として決めます。それに対しての結果でアドバイスや時には、叱り、褒め言葉を付け加えます。そして良くも悪くも次への課題を必ず与えます。子供もこの方法(論理)だと納得します。
これは比較相手は何時もの息子自信の実力が相手です。他人の○○選手でも、友達の◇◇ちゃんではないのです。10の力しか無い子が突然試合会場で15の力出せません。勉強も同じ。普段の学力以上の力は出せません。
レベルを上げるのは、地道な普段の稽古(勉強)だと思います。
本当の日本一を目指すのは、普段の稽古中が中心です。それを大会会場で披露するだけです。
皆さん、大会会場や、試験会場でのミラクルを期待しすぎていませんか?
これが私の考え方です。大したレベルではないですが、自分の息子達は幼稚園の時に描いた思惑通りに進んでくれています。
大きな目標を目指して、小さな目の前の出来事にはあまり気を取られない。そんな感じで我ら親子は生きてます。
若奥様子育て、苦しんで、楽しんで下さい。自分の子供です。異質な考え方かもしれませんが参考にしてみてください。

やっぱり「若奥様」は先生の奥様ではないでしょうか?時間が証拠です。ふすま越しに送信ボタンを押すタイミング見ていてたのです。多分!!なんちゃって!

■ チョーびつくり!!! あごひげ - 2006/11/01(Wed) 23:46 No.19

>空手に期待するものは精神的なところとなりますよね。

みんなそうあってほしいのです。が、最初はそういう氣持ちで入っても人間ていつも変わるんですね。館長応援します、と言いいろいろ世話役で手伝ってくれていた人があるとき豹変するときがある。信頼していた人に裏切られた感覚かな。人間だからお互いの環境とか置かれた立場って違うから考えも随時変わってはいいと思うけど、でも最終的にはみんなのためにではなく、我が子、、というよりも自己主張のためにそういう役職についていたかったのかー、て役員を改選したときのことですがそう思いました。
だからなおさら『主人公は子供たち』を掲げて、大人の世界のごちゃごちやを極力排除しないと変な方向に行ったりするので要注意と思っています。このことは形は違っても空手の組織の問題であったり、政治家の世界でも似たようなことはたくさんあるのでしょうね。

>>・他人の成績と自分の子供の成績を比べて、必要以上に気にする親
>これはこれは身に覚えがある。だって気になるんだもの。

そうね、たしかに言われてみればある程度はそれで正常かもしれないですね。でもその延長で、ひどいときは親同士が名前を呼び捨てにしたり、あるいは私にいちいち相手側のことをチクったり・・ということもありました。子供自身がライバルとして認定し頑張るのはいいけれど、親が子供以上に親同士、相手の親を意識した言動ってのはいかがなものか、と思うわけです。子供にとっても必要以上、というか訳の分からないプレッシャーを掛けることで子供たちは空手を嫌いになっていいくわけです。

>そんな事なんて大した事でもないというか、。生活上どうでもいいというか。
そう、ここにみんな早く辿りついてくれればもっと大きな目で我が子を見られるわけですね。
若奥様はもうそういう心境のねんだいでしょうか・・・、おーっと禁句でした。

■若奥様 - 2006/11/01(Wed) 22:55 No.18

『若奥様』の響きに喰らい付いてくれて・・ありがとう。
館長様へ
>あなたはとても真面目な若奥様ですね
そりゃ、自分の事ならまだしも我が子の事となるならば、真面目に考えますよね。それは、当たり前のことだし親の責任でもあるし。
サッカーならば、中田とか中村とか、野球ならば・・イチローとか松井だとか、そういうなんてんですか・・ど素人な親でも現実追いかける追い駆けさせてみたい夢って存在すると思うんですけど、空手って・・ど素人には、そういう存在に値するヒーローって知らないんですよ。極真でしたか?あの、ほれっ・・熊を倒したとかいう大山?なんとか?くらいしか・・分からない。『熊を倒せる人間に!』っと、親が期待をするのもちょっと無理もあるし、やっぱり・・空手に期待するものは精神的なところとなりますよね。
そういう期待感は、私だけでなく誰でもあるんじゃないですかね。

まっちゃん様
どうもこんばんは、はじめまして『若奥様』です。
本来の意図・・私が伝えたかったことはそこにあります。気付いてくれてありがとうございます。
勘違いする親・・
これですね、、あ~私も引っ掛かるとこありますね~。空手といわずとも
・他人の成績と自分の子供の成績を比べて、必要以上に気にする親
これはこれは身に覚えがある。だって気になるんだもの。ここは、昔の親も今の親も気になるところだし・・ここを見逃すと・・子供はだらける。成績なんていいじゃないか~っと言われるかもしれませんが、いや!そんなことはない。良いに越したことはない。
っとは言っても上に書いたように、
>大人になって仕事して結婚して子供育てて、そんな事なんて大した事でもないというか、。生活上どうでもいいというか。
ここにたどり着いてしまうんですけどね。へへ。
すみません、私は館長の奥様ではないです。


■あごひげ - 2006/11/01(Wed) 22:55 No.17

>失礼というか!全くその通りというか!よく言い当てた!というか・・・・もしかして先生の奥様が別の部屋からペンネーム「若奥様で」投稿しているのでは?

笑ったー!面白いね掲示板て。顔が見えない。で、若奥様・・という響きにあごひげ同様に関東のまっちゃんだ。うちの愛妻は 若奥様10/31(Tue) 00:24 こんな時間にはもう口をあんぐりでブ○ネしてますよ。化粧すると若く見えるけど夜は化粧を取って寝てるから怖い、、見ないようにしてます。。

イジメられ・・については、、これは人生の空手版だと思ってるんで、あるときは押されるけれどもあるときは押し返す、あるときは中段にもぐって一発いいのを当ててやる。まだ試合は始まったばかりなんでフットワーク使って逃げる振りしてるだけですよ。あごひげは常に学習し成長してるので大丈夫です。。

それにしてもその勘違いする親、面白いっすね。そのまんまです。どこに行っても同じような勘違い親はいるってことです。

みんなあるね、面白いこれ↓
・形振り構わず「日本一になることだけを目的」とし、空手の下手な子供を馬鹿にする親
  →いるね。何様になったつもりか!!
・小さい子供に決定権をやたら与え、「あなたが自分で決めたことでしょう!」とやたら切れる親
→いるね。小さい子には威張っていても子供が大きくなったらどう変わるかだ。
・自分の子供が大会で優勝すると、親も子も他の人より偉くなった気がする親
  →たくさん見てきた。まさに勘違い親のお手本です。何を勘違いしたか指導の範疇にも入りたくなるようで・・。
・他人の成績と自分の子供の成績を比べて、必要以上に気にする親
  →あるある。自尊心が高いのか、脳ミソが半分なのか、居ますねこういう親。
・大会において子供の敗退に切れる親
  →子供が負けると笑顔がなくなりしゃべらなくなる。世話人の立場も忘れてしまう。

まあ、今度はいい親のことも書きたいですね。


■ (割り込み) まっちゃん - 2006/11/01(Wed) 14:37 No.16

投稿者の「若奥様」の響きに つぅい 誘われて!!
>大人になって仕事して結婚して子供育てて、そんな事なんて大した事でもないというか、。生活上どうでもいいというか。
大事なのは、ここですねぇ~!この一行に思う事が有ったので書きます。(本来の若奥様さんの意図からは外れてるかなぁ?!)

空手界、勘違いする親
・形振り構わず「日本一になることだけを目的」とし、空手の下手な子供を馬鹿にする親
・小さい子供に決定権をやたら与え、「あなたが自分で決めたことでしょう!」とやたら切れる親
・自分の子供が大会で優勝すると、親も子も他の人より偉くなった気がする親
・他人の成績と自分の子供の成績を比べて、必要以上に気にする親
・大会において子供の敗退に切れる親
自分の子供をどうしたいのか?
空手の道場で何を期待しているのか?
自分の子供は、ディープインパクトでは無い。
勝つことだけが目的ではない。最終的には空手で頂点を目指して、その苦労の中で人間性を磨く!!だと思うのですが・・・・・

それにしても、「イジメられ上手な館長」ですか。。。。。。。失礼というか!全くその通りというか!よく言い当てた!というか・・・・もしかして先生の奥様が別の部屋からペンネーム「若奥様で」投稿しているのでは?


■最後の言葉、笑ったー!!! あごひげ - 2006/10/31(Tue)
a0068770_1785246.gif
>イジメられ上手な館長はどう思います?。

あのー、私の場合はイジめられることでエネルギーがどこからともなく入って来て、、、ちっくしょー~~って芸能人がいたけどあんな感じかなあ。結果として自分が頑張っていられる大きな力になっているのですからイジメしてくれる人ありがたいし、大好きですね。。

と皮肉はさておいて、
たしかに、
>TVで「そんな事で死ぬな!」というコメントが少ないのが残念だと思いませんか?

すみません。テレビ全然見てないけど、最近毎日のように、イジメ自殺とか、長期に軟禁したとか、母が子供を、子供が親をてな感じではもう麻痺してます。昔、たしか、ニューヨークの裏側って殺人レイプがひんぱんの世界、そんな感じって聞いたことあるけど、つまりは日本人の意識レベルももう教育もくそも、自分達の好き放題に生きていければいいーってか!!! ざけんな!!! 大和魂、武士道、日本人の誇りはどこに行ったのだ!!!

と怒って見たいけど、やはり、一番は『教育』のあり方だね。新聞テレビでは、、阿部総理になり教育問題を一番に?取り上げていたけれど、けどけどけどさ、何とか委員会とかそういうのはすべて扉をシャットアウトして話をしているようだね。話し合いの中身が見えない、そういうのはどうなんだろうかってまず思います。世の中には・・、あごひげ館長も含めて・・子供たちの未来、教育に非常に熱心に取り組もうとしている人たちだって各職域(社員教育)にも、各団体にもたくさん居るはずです。そういう人たちを応援して行くシステム作りってのはどうなっているのかな。。何とか委員会で骨子を作るのもいいけどさ、未来をあずかる、学校の先生、スポーツ・武道界の持って生き方、それこそ、先生達の教育が先ではないかと私は思うのです。先生と言われている、子供たちの教育環境になっている私たち、そういわれている先生たちといえど結構悪いことしてるし問題になってるし、イジメの原因になってたりしてるさ。どこか、日本全体の歯車が狂ってきているんだと思うね。
どうしたらいいんだろうか、
私にできることってなんだろうか、っていつも考えてJEKも進みたい。
教えて、あなたの意見。

■続き あごひげ - 2006/11/01(Wed)
a0068770_8463011.jpg
>小梅太夫のことかしら。

名前知らない。おばちゃん風になんか女装してたように思う。あともう一人、中身は覚えてないけど、竹刀を持ってセーラー服着て観客と対話するような独り言? の芸能人いたね。芸能人の世界もだいぶ変わってきているんだねー。

>空手なり武道を習い事させるとき、親が求めるものは独特の世界観の躾であったり、強い心であったり、忍耐力を養えれば・・の精神部分への期待

あなたはとても真面目な若奥様ですね。我が道場? 他の道場? まあどっちでもいいけどそういう捉え方はすごくうれしいし、そういう親が増えてくれると有難いですね。つまり、若奥様のような考えは本当は正常だし子育てをするに必要な親心だと私は思うのですが。。どうも最近の入門状況を見るに親の信念!!は薄く子供を横目で見ながら、ときにはご機嫌を伺うようにしての入門が多くなったということ。先日ね、またまた子供に『○○くんどうするーっ?』ってしつこく子供に聞いている親がいたので、近づき、『お母さん、親がいいと思ったら親の判断で決定し道場に入れてくださいよー!!』と言ったら、逆ギレ? されてしまった、、、。『私が決めるんですかー?!』って目を丸くして言いやがるんだよね・・・。アホですかーあなたは・・!!、と思ったね。。。
だいたいはウルトラマンとか、何かカッコいいマンガの世界でも想像して空手道場にやってくる親子? なのでしょうが現実は、声出せー、返事しろー、氣合い出せーー・・が多く、大きな声で、かつ全員が揃って、異様な雰囲氣に写って唖然!とするのではないかと思う。で、子供の、『こんなはずでは・・』の顔色を伺いながら親は入門に自信をなくし? 子供にその決定結論を託すわけですな。一事が万事これからの子育てもこんな感じなのでしょうね。すると、子供が思い悩み、あるときは誰々ちゃんにシカトされたとか・・、そう子供に言われると逆上し、文句だけは学校、教育委員会に目をむき出しにして言えることは言えるんだよなーこれが。どう言うわけか我が子供にだけは弱い・・。そんな風に私は最近の親を見て思いますがいかがでしょうか。。
名誉のために言っておくと、我が道場では私(他の指導者も)がこの通り思ったことをズバズバ言うし、古い親たちもみんな修空館道場のやり方としてよく理解してくれているので『道場そのものの体質? 』にもなっており、時にはそれが方針、親たちの指針になって居るようにも思います。まあ、若奥様は(なんとなくですが・・)男氣・・のあるお方のようなのでこれからもどうぞその信念を曲げないでしっかり子育てをお願いしたいし、若い人たちの模範になってほしいですね。。。
・・と言うと、、、少し先輩に当たる若奥様かなあ・・と。

>どうやったって大人の悪いは無くならない、悪代官みたいなのはいつでもいて

そうねー。でもそういう大人も子供のときがあったよね。どこでどう悪い大人たちが増えたか、ですね。私は一番に『大元(おおもと)』が悪いと思いますよ。政治家に、行政側に、学校の先生に、お寺の住職も警察官もテレビのコメンテーターも大学教授も・・・。昔はほとんどなかった悪いことをする職域の人たちが今はテレビでは、子供たちを取り巻く環境の悪化、性犯罪、イジメ、殺人・・それ以上の量で次々に悪さが、テレビ、新聞をにぎわしています。たしかに世界全体の問題かもしれないが、でも日本は島国で平和憲法もある独立国家。他の国と違うやり方ってないのか、って思います。まずは、いろんな犯罪をいかにも誘導するようなテレビ新聞雑誌の悪辣ページの排除でしょうね、まず私が総理だったら!ズバリ指摘し関係各期間に研究委員会を急げと命令します。。。
夜遅くにテレビのチャンネルを回すと、内容がひどすぎる、昔から深夜番組と言ってね、いろいろエロいのやらあったけど、今は子供たちも夜遅くまでテレビを見ている時代になったし、コンビニにも夜遅くまで出歩いているのだから、『未成年禁止』と表示したってそんなの意味ないって・・。
大事なことは、子供を取り巻く環境作りという意識の問題だと思うよ、一番に。
だから、私たちにも大きな責任があると思うし、一人一人の親がもっと強く我が子の行く末に責任を持った生き方をしてもらいたいと思うわけです。

弁舌のときもあるというか・・、とにかくべらべら、制限時間25分で書いてしまいました。出かけます、これからも若奥様、よろしくお願いします。

教育
■若奥様 投稿日:2006/10/31(Tue)

いつぞや・・運動会の時に、走るのが遅い息子を持つ母が「私ね~、走るの遅かったのよ~私に似たのね~」とワッハワッハ我が子をみて笑ってました。
きっと、その母も子供の頃は足が遅い事がコンプレックスだったんだろうし、でも・・大人になって仕事して結婚して子供育てて、そんな事なんて大した事でもないというか、。生活上どうでもいいというか。

最近、中・高校生のイジメによると思われる自殺が連鎖していますよね。
学校が悪い・いじめが悪い、親が悪い何が悪い、勿論そうだと思います、っし、イジメにあった子にとっては耐え難い日常だったんだろうと思う。
TVで「そんな事で死ぬな!」というコメントが少ないのが残念だと思いませんか?本人にとっては「そんな事」で片付けられないのだろうけど、そんな事で片付ける強さを育てないとイカンのではないか・・と。
5年先10年先に、ワッハワッハと笑い飛ばしてしまう時が来るかもしれないのに、。

そう思いませんか?イジメられ上手な館長はどう思います?。
[PR]
# by kancho39 | 2006-10-31 17:08 | みんなの笑劇場(日記)

神奈川全国大会速報!! 

投稿者:事務局内海 投稿日:2006/10/08(Sun) 22:30 No.1595
館長より、神奈川の全国大会の速報が届きました。

《JEK山形分》
◎1~2年男女混合形
  準優勝 斎藤述比呂 
◎5~6年男子形
  準優勝 佐藤一成 
◎5~6年男子組手
  準優勝 佐藤一成
  第3位 佐藤友希 
a0068770_859514.jpg
《JEK宮城分》
◎3~4年男女混合形
  準優勝 大槻廉
  第3位 千葉まみ
  第4位 青木耶比
◎3~4年女子組手
  準優勝 千葉まみ
◎5~6年女子組手
  優勝 佐藤沙恵
  準優勝 吉田美里
  第3位 中舘彩乃

《親たちの感想》

■来年もお願いします!!! 奥野 父 - 2006/10/10
神奈川の大会では、館長始め父兄の方々には大変お世話になりました。大会だけでなく、バスでの移動や宿泊と…子供たちにはスゴく良い経験だったと思います。今回、私も行きたかったんだけど、仕事の都合がつかなくて行けなかったけど、まわりのお母さんたちに一人で行った瞬を見て頂いたので感謝してます。。来年こそは私も一緒に行きたいって思ってましたから… できれば来年も参加できる方向で館長には検討して欲しいです。 二日間本当にご苦労さまでした。

■継続は力なりデスヨね! 廉の父 - 2006/10/11
 いつもお世話になっております。来年は優勝したいと反省文を読んで、親としてこれからも廉と共に頑張って行きたいと思います。 継続は力なりデスヨね!これからもご指導宜しくお願いします。

■神奈川全国大会!! 神奈川県・小澤 - 2006/10/11
a0068770_934524.jpg 神奈川へ迎えた側として、また来年も参加したいと聞いてありがたく感謝の氣持ちでいます。あいにくの天候の中を出発、渋滞渋滞続きで到着して稽古・夕食・ミーティングで1日目が終わり。翌日の大会は天候に恵まれ(すぎ)て27℃の中で試合。試合は白熱の戦いが各コートで行われていました(1・2年生、形試合には昨年の全小2位の選手VS美鈴)審判をしたコートではある団体の1・2年生の礼・気迫のすごさに驚きの一言でした。山形JEK選手・修空館の選手ともに氣合の入った試合をしていました。
たいへん過密なスケジュールの中お越し頂いた阿部総師範・佐藤山形県本部長・斉藤先生お疲れ様でした、ゆっくり話す時間もなく失礼いたしました。
宮城JEKの選手・監督・お母さん方神奈川の印象はいかがでしたか?とぉ~い!田舎?(神奈川=横浜だけ知ってる?)それでも懲りずに、ぜひまた来てくださいね、待っています。

■神奈川とても楽しかった!... 英治母です - 2006/10/11
神奈川の全国大会とても楽しかったです!!
和やかな雰囲気、会場みんなが選手に応援とてもよかったです。英治はメダルは取れなかったけど、怖いだろうに一生懸命相手に向かって行く姿に成長が見られ親としてとても嬉しく思います。これからも親子共々宜しくお願いします(^O^)

■来年もまた!!! まみ 母 - 2006/10/11
a0068770_94783.jpg  館長、小澤先生お疲れ様でした。そしてありがとうごさいました。まみの母です 今回初めて大会に参加してまずとても楽しかったです。天候も悪くどうなる事か不安でしたが、何とか神奈川に着いた時は、ほっとしました。大会の雰囲気もとても良く沢山応援する事ができました。まみも自分の力を精一杯出し思っていた以上に良く出来たので喜んでいました。でも修空館の子は元気が良くていい(^0^)/ 他の子供達以上に返事も良かったし氣合も凄かった。本当に皆頑張りました。また来年も是非行きたいと思いました。

■神奈川大会 雄勝道場 カイ - 2006/10/11
  館長、小澤先生お疲れ様でした。今回の大会は皆頑張り結果も良かったですがそれだけでなく次回に繋がる良い大会だったと思います。氣合いもでておりましたし、先輩後輩関係なく子供達皆がお互いに応援しあい励まし合い仲間同士まとまりJEKらしさがでておりとても雰囲気が良かったですね。今度はNPO大会に向けて皆更に頑張ってくれると思いますのでご指導を宜しくお願いいたします。皆で来年も神奈川の大会に出場したいと話しておりましたので宜しくお願いいたします。館長、小澤先生本当にありがとうございました。

■ 神奈川全国大会!! 今野 母 - 2006/10/12
  館長・小澤先生はじめ、世話人の皆さん大変お世話になりありがとうございました。神奈川の大会はすごく温かな雰囲気で子供達も伸び伸びと大会に望み、選手全員頑張りましたね!大樹と美鈴は今回の大会に参加し、新たに目標ができたようです。(特に美鈴は、組手の一回戦負けがかなり悔しかったようです)今後共ご指導の程宜しくお願い致します。いつも影の力になって頂いている内海さん。今回みんなをまとめて走り回ってくれたゆかりちゃん。本当にありがとうございました♪

《子供達の感想》
a0068770_914450.jpg
▲カイ『組手は思うようにできなかったけど猫背が本番になおせて良かったです。形は最初少し緊張したけど自分なりに頑張りました。来年は優勝したいので頑張ります。』
▲英治『今日は形も組手もメダルを取れなくて悔しかったです。11月の試合では優勝したいです』
▲大樹『組手の時、思うようにできなかった。相手のスピードに合わせてしまって負けてしまった。』
▲廉『今日は全力をだして頑張れてすごく良かったです。来年は準優勝ではなく優勝したいです』
▲瞬『今日は去年よりレベルが高くて勝てませんでした。でも来年は中学生になって腕を磨いて優勝したいです』
▲美鈴『組手は一回戦で負けてしまったけど、一歩も下がらないで出来ました。形はベスト8まで入りましたが、今度は優勝目差して頑張ります。』
▲まみ『形では3・4年男女形で3位になりうれしかった土曜日の夜に自分で駄目だった所を注意しながやったので良かったと思う、 組手は積極的に攻める前に相手に突きなどで攻められてしまい決勝で負けてしまったけど2 位になれうれしかった。』
▲彩乃『目標にしてた事ができた。組手は上位にいけたし、背の高い人にも攻撃できて良かった。』a0068770_901574.jpg
▲紗恵『形は上位にいけなかったけど、後ろ足を伸ばす事ができた。組手は優勝できて良かった。上段をうまく決められて良かったです。』
▲美里『形は上位にはいれなかっけど、全力でできた。組手は準優勝になって嬉しかった、少しだけしか上段刻みができなかった。次の試合では、いっぱい技を出して優勝したい
です。』
[PR]
# by kancho39 | 2006-10-08 22:38 | 審査・審判・大会