excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 12月 ( 185 )   > この月の画像一覧

自己改革のための一日一分

■自己改革
午前はゴールデンタイム  03/02/06

a0068770_2353946.gif朝の時間は脳が一番働くときです。
朝の時間にどのくらい仕事をできるかで
一日の仕事量が全く変わってきます。

朝十時までにその日の仕事の半分を終わらせない人は、
残りの半分の仕事がその日のうちに片付かなくなる危険を作り出している。
--- Emily Bronte

一日の仕事時間を大まかに5つに分けた場合、
だいたい、以下のように仕事の内容を分配するのが
脳の働きに合っているのだそうです。

-10:00:ひらめきやアイディアを必要とする仕事
-12:00:重要な決断を必要とする仕事
[昼食]
-14:30:体を動かす仕事
-16:00:午前中にやり残した仕事
-17:30:書類のまとめやルーティンワーク

(児玉 光雄「プラス思考を身につける本」より)
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 23:05 | ◆あごひげ吼える!

おらほの言葉

■しょうたろうさん(石巻)  03

・んだっちゃ=そうだよ(語尾に「?」をつけると質問系になる
・おめぇ=お前
・つくしょっこの!=こんちくしょう!
・まだや?!=え!?うそ~!?ほんとに!?
・なぬすや?=意味は「まだや?」と同じ
・しとらい=人ん家
・ちた=来た
・なさちた?=なにをしに来たの?
・むで=大きい
・こえ~=疲れた
・ひとめわり~=恥ずかしい
・おしょすい=↑と同じ意味
・おわんがい=家に寄って行ってね~
・け~=食べなさい
・しとバガぬすた!=人をばかにして!(怒り系)
・しゃねっちゃ!=そんなの知らないよ!(怒り系)
・て~げ~ぬすろよ!=いい加減にしろ!(怒り系)
・おれ~様=雷
・すっぺったの、こっぺったの=あ~だの、こ~だの
・まぐれる=気を失う、事故をおこしたなど
・つんのめる=↑とほぼ意味は同じ
・ズズババ=おじいさん、おばあさん
・がが=ばばぁ
・なす=生む
・こっこ=動植物の子供 例)鶏のこっこ
・ぶなげる=捨てる
・んでまず=それでは、また
・やがますい=うるさい
・からしずね~=↑と同じ意味
・ほいど=ホームレス
・つっぺる=海とか沼で間違って溺れること
・馬っこ=競馬
・ふねっこ=競艇
・すずず=手術
・しゃます=参る
・ぱやぱや=ちゃらんぽらんの状態を意味する
・よぴかり=夜行性(夜遊び)
・まつぺ~=まぶしい
・いずい=心地悪い状態を意味する
・くしぇ=これくらい(語尾につける)「どのくしぇ?」=どのぐらい?
・このっけ=これだけ(個数を意味する)
・すばらぐなごど=お久しぶりですね。
・あねこ=女の子
・すけちゃん=恋人、彼女
・おばんでがす~=おばんです~
・たがる=震える。同じ言葉で「たがる」は人に注目をあび、ゾロゾロと人が集まること
・いっそ~=いつも
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 23:02 | 今後の日程

●JEK&● 氣不動尊

■小野寺 峻   桃生町誌編纂委員、郷土史家
※不動明王縁日は毎月28日

総本部 修空館道場の氣不動明王について
                                
 大日如来が「変身」して見せているのが不動明王であります。
 a0068770_13311176.jpg大日如来は読んで字の如く大きな日輪、つまり太陽を意味し佛教が日本に来る以前から、日の神を天照大神として祀り、男を日子(彦)、女を日女(姫)と呼んだし、古代エジプトの人達も太陽神(アラー)を毎日拝み、それに捧げる為に巨大なスフィンクスや神殿を、恐るべき努力で造りあげてきました。
 この大日如来(太陽)、の知恵の光は、すべての生き物の上に片寄ることなく照らし、活き活き、溌刺と生かして居られます。
 平成元年に、修空館総本部大道場の新築を祝って京都の大本山大徳寺の小林太玄猊下からご寄進賜った、この不動明王像は「氣不動(尊)」と名付けられ、真剣に心身を鍛えて止まない皆さんの守り神として尊崇をうけています。
 人格完成を果たし、大日如来と同じような境地に至るまでは、激しい稽古の時、試合で相手と向かい合ったとき、或いは、これからの長い実社会で「ここ一番」という場面で、この「氣不動」が皆さん一人一人に合体しているのだと信じて、ビクともしない不動の態度で望めば、何事にも恐れず勝利者となることは間違いありません。

■氣不道明王(望月天生 作)

 不動明王とよばれるのは、火を観想して動ぜず、あらゆる障害を焼きつくす大智の火を身から発するといわれるからである。
 不動明王への信仰は、密教がさかんになった平安初期からひろまり、悪を断じ、善を修し、国や個人を守るものと考えられた。とくに江戸時代には、不動尊信仰に排他生がなく、どのような宗派のものでも信仰することができたために、東国民衆にひろく信仰された。
 像容は明王のなかでは唯一の1面2臂で范髻(しゃけい)とよぶ花形の髻(もどり)、蓮華を頭にいただき、辮髪(べんぱつ)を左肩にたれ、猛炎をせおい、忿怒の形相(ぎょうそう)をして、右手に利剣、左手に羂索(けんさく)をもち、盤石座(ばんじゃく)に坐る。両眼を大きく見ひらき、唇をかみ、2本の芽(きば)は天地を向く。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 09:49 | ◆JEK&総本部

●JEK&● 時にはえびす様・・・

■関東、まっちゃん先生より  01/08/31
※JKA全国大会終了後に。

あごひげ先生へ

a0068770_9423258.gif飽くまでも、子供に厳しく言う時、
なに言ってんだよ、自分は口だけで、
俺らには・・・・・・と言わせたくなく、自分でも頑張りました。

偉い先生方は、嫌でもたくさん増えます。
でも、子供の目線で、締めたり、誉めたりしている人は殆ど居ません。
すこし段位あがると、審判やったり、指導員といって、
子供の目線からどんどん離れてゆきます。
何時までも、子供のそばにいて、コートのそばにいて、叱咤激励することが
したいんです。(自分の子は勿論、道場の子供皆にたいして)

先生はいつもやられていますよね。
毎年ちゃんと、見させていただいております。
だから、強いんですよ。先生のところは。
練習量や技術力だけではあそこまでにはなりません。
後ろに、ひげはやして、
時には鬼のように、時にはえびす様のように。・・
信頼関係がなければ。

段位が上がるにつれ、忘れてしまうんですよ。
コートに並んだ時の、緊張感、怖さ、時には、頭の中真っ白になること。
口から、心臓飛びだしそうなこと。

そんなとき、いつも見てくれている、
おじさんがそばに居れば、少しでも心の足しになりますよね。
そんな立場で何時までも居たいんです。
(なかなか理解してくれる人居ませんが・・・)
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 09:42 | ◆JEK&総本部

●極めの● 動きの早い相手との組手

あごひげ資料より
a0068770_9292964.jpg

 動きの早い相手と組手をしたときに陥りがちなミスが、相手の動きに惑わされていつの間にか居着いてしまい、反応が遅れるケースがある。常に小刻みで良いので動く事。ペースを握られてしまうとアレヨアレヨと試合時間が進んでしまい、氣が付いたら実力の半分も出せないで終わってしまう。それを防ぐ為にもけして相手のスピードに惑わされずにプレッシャーを与え続け少しづつ前に前に、、、試合の主導権をけして相手に渡さない様にした方が良い。けして相手の動きに釣られない事。これをやれば、居着きも防げるし相手にプレッシャーも与えられる。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 09:29 | ◆極めの空手

●氣と空手● 股関節を柔らかくする方法

■神奈川県友人 杉山先生(鍼灸師)  03/09/22

これはストレッチを常に行うというのが遠回りのようで近道だと私は思います。
肩関節と股関節は同じ臼関節です。ちょうど窪み(肩なら肩甲骨、股関節なら骨盤)にボール(上腕骨頭と大腿骨頭)がはまっているのですが、実は両者はちょっとした違いが。肩関節はよく脱臼しやすいですが、それはボールがはまる窪みが浅いからなんです。股関節の方は肩に比べると窪みがボールを覆う面積が大きいんです。また動きでも違いがあるのですが、肩関節の方は例えば腕を横から耳の横に付けるように動かすとしたら、ボールは窪みの中を滑って転がりながらある高さに腕が上がった時点で窪みの斜め下あたりにカクッとはまり込むような動きをするのです。

a0068770_8302120.jpgまずここで私が言いたかったのは、肩関節のような動きの自由さを股関節に求めるのはまず前提として考えに入れないほうが良いということです。また大腿骨頭には大腿骨頭靭帯などがしっかりと大腿骨を骨盤の窪みにホールドしようと頑張ってくれています。さて構造的な部分はさておきまして、どのようにしたら股関節がやわらかくなるか。関節の硬さは基本的にその関節の周りの筋肉の硬さが影響していますので、関節をやわらかくしたいとなるとその周りの筋肉をやわらかくすることを主眼としなければならないと思います。
 そこでその筋肉ですが、まずは
①腿の前にある大腿四頭筋、そして腰骨から腿の前を通って膝の内側に付く
②縫工筋、骨盤のお尻側(板の間に座るとゴリゴリ当たる骨がありますよね、そこです)から膝の左右に走る
③ハムストリングス群、そして恥骨から膝の内側の方に走る
④内転筋、最後に腰骨の横辺りからひざの外側に付く
⑤大腿筋膜張筋と腸脛靭帯をストレッチしましょう。

①と②と③は同時にストレッチです。足を前後に大きく開き、前に出した足は膝を90度よりも大きな角度にしておき後に出した足は出来るだけ伸ばしておきます(このとき後に出した足の膝は下についてもかまいません)。
そしたら体を前に倒しながら前に出した膝よりも内側に両手を着きます。そのまま左右に重心を傾けると、前に出した足ではハムストリングス群が、後に出した足では①と②の筋肉がストレッチされます。④は言わずと知れた開脚ストレッチですね。さて⑤ですがこれはまず足をクロスして立ちますがこのとき両足の間隔はちょっと広めにしてください。そして上体は前に垂らします。
次に例えば右足を後にクロスした場合腰を右後ろに倒すようにします(左足を後にした場合は腰を左後ろに倒します)。こうすると⑤の筋肉が伸びているのが分かると思います。こういったストレッチを暇さえあれば(テレビ見ながらなど)やっていると、股関節はやわらかくなりますよ。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 08:31 | ◆氣と空手

●子育て1● 親の子育て十ヶ条

■親の子育て十ヶ条  某資料より

a0068770_0541241.gif1. 子どもを放任しない
2. 子どもを甘やかさない
3. 子どもに善悪のけじめをつけさせる
4. 子どもにいつも希望とやる氣を持たせる
5. 子どもに過度の期待を背負わせない
6. 2つ叱ったら 3つほめる
7. 幼い時から しつけを怠らない
8. 笑いのある家庭をつくる
9. 家庭こそ 最も身近な社会
10. 親子の対話を忘れない
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 00:50 | ◆子育てしよう!

●子育て2● 子どもが育つ魔法の言葉

■ドロシー・ロー・ノルト  PHP研究社

※世界10ヶ国で愛読。数百万人が共感した子育ての智恵

a0068770_0461093.gifけなされて育つと、子どもは人をけなすようになる。
愛してあげれば、子どもは人を愛することを学ぶ。

子どもをすくすく育てたい、素直でやさしい子、正直で我慢強い子に育ってほしい、
自分を信じて強く生きていける子に成長して欲しい      。
親なら誰でもそう願うはずです。あるがままの子どもを見つめ、
その子の個性と長所を伸ばしていくのが親の役目です。
この本はお母さんお父さんに、そんな子育ての智恵をさずけてくれるのです。

★分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
★誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
★とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
★子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
★親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 00:46 | ◆子育てしよう!

●元氣が● 七つの習慣

■『七つの習慣』  スティーブン・R・コヴィー

▲第一の習慣
ユダヤ人のフランクリン、第二次世界大戦時に強制収容所へ送られた。両親、兄弟、妻と収容所で病死、あるいは毒ガス室へ送られて妹以外の家族全員が亡くなった。フランクリン自身も、拷問や数知れない屈辱を受けた。フランクリンは裸にされ独房に拘禁された。そこで彼はナチスの兵士たちが決して奪うことの出来ない自由を発見した。看守たちは彼の置かれた環境をすべてコントロールすることができた。しかし、フランクリン自身は、自分の置かれた状況を客観的に観察できる。彼の基本的アイデンティティーは犯されることはない。彼はその状況下でどう影響されるかを自分で選択できた。

収容所にいる間、フランクリンは他の状況を頭の中に描いた。収容所から開放され、大学で講義している場面を想像した。その教室にいる自分を想像し、拷問を受けている最中に学んだ教訓を生徒たちに説明している状況を思い描いた。

▲第二の習慣
マネジメントは物事を正しく行うこと。リーダーシップは正しいことをすること。
マネジメントは成功のはしごを能率よく昇ること。リーダーシップは掛け違っていないか判断すること。一例として、ジャングルの中で斧を持って道を切り開いている作業チームがいる。マネージャーはその後方に立ち、斧を研いだり、方針や手順のマニュアルを作り、スケジュールを組んで、作業がうまく行くように管理する。リーダーは、ジャングルの中で一番高い木に登り、全体を見渡し、「このジャングルは違うぞ」そう叫ぶ人なのである。

リーダーとして、変わらざる中心ががなければ、変化に耐えることはできない。

▲第三の習慣
自己管理を可能にしてくれるのは自由意思である。それは意思決定をし、その決定に沿って行動する力である。周りの環境に左右されず、周囲の環境に作用を及ぼし、自己の描いたビジョンを主体的に実行に移す能力のことである。

効果的なマネジメントの定義は、「重要事項を優先する」ことである。リーダーシップは「重要事項」とは何なのか決めることであり、マネジメントはそれを優先して、毎日、瞬間瞬間において実行することである。マネジメントは自制する力であり、実行力である。

▲第四の習慣
他の人と相互に学習し、相互に影響を与えて、相互に利益を得る姿勢が必要である。

「Win-Winを考える」

▲第五の習慣
人と接するとき、独善的であったり、自分自叙伝を押し付けたりしている。どちらもお互いに理解されたいと思っている。しかし、会話は独り言を言っているもの同士で展開し、相手の中で何が起きているのか、最後まで本当に理解することは出来ない。

誠意を持って、相手を理解しようとし、話の中身を自分の言葉に置き換え、感情を反映するとき、相手に大きな精神的な空間を与えることができる。それは、相手が自分の思いと気持ちを整理できるように助けることになる。あなたが本当に聴いて、そして理解しようとしていることが分かるにつれて、相手が奥底で考えていることと、実際あなたに話していることのギャップが消えていく。魂と魂の交流が始まるのである。やがて、彼の中に、最も大切な思いや傷つきやすい内面を、あなたに見せても良いとうい信頼感が出てくる。

▲第六の習慣
相乗効果とは何なのか。全体の合計が各部分の和よりも大きくなるということである。

例えば二つの植物を近づけて植えると、根は重なり合い、土壌を肥やし、それぞれを別々に育てるよりも良く成長する。また、二本の木材を重ねれば、一本で支えられ重量の和より、はるかに大きな重量を支えることができる。

▲第七の習慣
森の中で一所懸命ノコギリをひいているきこりがいる。汗だくになって、大きな木を切っている。
「少し休んで、ついでにノコギリの刃を研いだらいかがです。そうすれば仕事がもっと早く片付きますよ」きこりはこう答えた。「刃を研いでいる暇なんてないさ、切るだけで精一杯だ」

第七の習慣は、自分自身という最も大切な資源を維持するために、最新再生させることである。
肉体、精神、知性、社会・情緒面。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 00:31 | ◆元氣が出る言葉!

●元氣が● 福運を呼び込む

■渡部昇一  致知出版
福運を呼び込む  人間における運の研究 

大事なのは、子供にどのような親のイメージを与えるかです。どのような環境にあっても「お母さんはお前の本当のお父さんを愛している。尊敬している。感謝している。誇りに思っている」というイメージを子供に与えなければなりません。
それが親たる者の根本的な分福であり、植福でしょう。それができれば、どんな環境でも子供は基本的な素直さを保持して成長するものです。

▲運が良くなるためには、女神に好かれなければならない。女神は笑いと謙虚を大いに好む
米長邦雄名人

■人間における運の研究
・惜福
たまたま自分に与えられた福を使い果たすことなく取っておくこと。そうすると、いっそう福が廻ってくるという。

・分福
自分に来た福分を独り占めしないで、人と分かち合うこと。この工夫によって、よりいっそう大きな福がやってくる。

・植福
たとえば農家の人が裏山に杉の苗木を植えておく。その杉の木が大きくなる。そのころ自分はすでに老いるか死んでしまうかして、その恩恵をこうむることはないであろう。しかし、子孫の役に立つこともあるだろう。そういうことで木を植えておく。これが植福です。

積極果敢な生き方を身につけた人は、この「惜福」「分福」「植福」の工夫に向かっている。この工夫のある人ほど、目先の利害にガツガツしない。だからますます幸運の女神が微笑むといえよう。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-26 23:56 | ◆元氣が出る言葉!