excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 11月 ( 47 )   > この月の画像一覧

●吼える● 性道徳。

■東京、むさし先輩。

 あごひげ先生大変ですね。
 しかし、動物には種族存続をし続けるために本能というものを神様が備えてくれたと思います。考え方を変えればそのような本能を上手に使ってきた人間が現在地球という世界を制覇しているのではと思います。
a0068770_8453941.gif 男と女の関係も、セックスのありかたも、人間が滅びずに来たのは何でもかんでも自由だ自由だということでなく、いけないことをやったとき必ずそこには裁きが下され現在の世界になっているのではないですか。猿でも犬でも、猫でもセックスをして子供を産みます。しかし知識がない知能がない、だけど彼らは種族を守るため自分の子どもを殺されそうになる時は親が命をかけて守ります。セックスという種族存続の本能を変な知識があるばかりに楽しみに変えてしまう人間とはちょっと違うのではと思います。
 知識、知能というものは、ライオンより、オオカミより怖いものです。獣は人間を襲っても10人をいっぺんには殺せません。人間は頭脳で爆薬を、原爆を考え、さらに細菌兵器を考え10万人100万人というものを抹殺してしまいます。だから道徳というものが必要なのではないのですか。欧米にあるうるさいしきたりを無視して、欧米の自由、自由というところばかりまねて道徳が無くなると、もっとうるさい法律というものが出来てきて身動きのならない世界になってくる。欧米では人前で平気で抱き合いキスをしたりします。しかし彼らには子どもを育てるために、非常に厳しい道徳があるはずです。日曜日には教会に行き彼らは日本人とは違った道徳を学んでいます。
 箸を使えない日本人が恥ずかしい、彼らはフォークを使っていれば恥ずかしい人間ではないのです。昔、親父は決して金持ちでもなかった。地位も55歳の年齢で無くなった。それからでも母と二人で内職的なことをして3人の兄弟を大学まで面倒見てくれました。自分たちが遊ぶことをやめて・・・・そんな時言ってくれた言葉が立派な人になるのだよ、恥ずかしいことをしてはいけないよ、変なおじさんと話をしてはいけないよ等々、現在で言えば差別用語なんだということで悪いこと、良いことを教えてくれたような気がします。
 昔より自由、自由といっている現在サラリーマンの世界では、セクハラ、差別等うるさいことがいっぱい出来てきました。将来あのような人間にはさせたくない、あのようなことはまねをさせたくないと思ったことは最低限の道徳ではないかと思っております。くだらないと思ったことは自分たちの将来を担う子ども達には余りまねをさせないことですね。その人間がいるだけでも害になることだってあるはずです。
 サンフランシスコにはゲイの町があります。アメリカはゲイを認めているんですね。彼ら達がすんでいる家には旗が立っています。私たちはゲイですという旗です。日本人の風土とは異なるところで・・・・・また機会があったら書き込みたいと思っております。
しかし修空館の掲示板はよいですね!いろいろな意見が出てきます。

▲東京、昭和薬科大学空手道部  http://www.asahi-net.or.jp/~du1t-mrkw/kaue.html
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 12:22 | ◆あごひげ吼える!

●子育て2● 本当の「自分」を知ること

■むさし先輩より

道徳の道の字はヨーロッパではタオというらしい。空手道の道と同じですよ。

a0068770_0391431.gif本当の「自分」を知ること
 かって(太古)は聖人ぶって知恵を説く人なんか居なくたって、
人びとはゆったり豊かに暮らしていたし、
道徳や正義をふりかざして脅かさなくともみんな互いに慈(いつくし)みあった。
頭を絞って利益ばかり追いかけなかったからずるい銀行家も凶暴な強盗も出なかった。
いや、知恵や道徳を捨てて太古の昔に戻れと言うわけじゃあないがね、
いまも働くタオ(道)の大切な生き方のエッセンスだけは言っておきたい。
自分のなかにある素朴な素質を何よりも大事にすること…
自分のなかにある本性は、もともと、我(が)を張ったり、欲張ったりしないものだ、と知ること…
まあ、これだけは、時おり、思いおこしてほしいんだ。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 12:17 | ◆元氣が出る言葉!

●子育て1● げんこつ問題・・。

■大阪の武田先生より

 a0068770_8574953.jpg館長、色々な問題がありますねー。我々の道場のげんこつ「道場内体罰」の実態をここで言いますと、軽蔑されるかもわかりませんが、私の指導力不足はさておいて、あえて述べてみたいと思います。私の道場ではげんこつ、足払い、尻たたき、道場内引き回し、道場外放り出し等、あたり前のようにやっています。先ず注意します、再度注意をし、無視しほっとく訳にはいかんなー、と思った時、子供達はげんこつをもらいます。但しげんこつは「こぶ」は出来ないけれど、痛さがしみる程度、いずれも怪我をしない程度に、しかし自分か悪かったと反省できる痛さを感じることが前提になります。(ただ人間の出来ていない私は時々感情的に怒ることがあり反省する事も度々です)
 我々の道場は小学校の体育館を使用させて頂いており、保護者の見学は自由です。練習始からずっとおられる人もいるし練習後半では30人ぐらいの人が見られております。私は保護者がいようがいまいが差別しませんので、両親の見ている前でげんこつを入れられ、大きな声で叱られる事も多々あります。悪い事は悪いのです。お蔭さんで私は道場開設以来一度も保護者から苦情を言われた事はありませんので、保護者からある程度認めてもらってると感じています。
 最近新しく入会した子供の中に、注意をすると反抗的な態度をとる子がいます、私を睨みつけます、多分親にとる態度も同様であると思います。このような子供は絶対に許しません、空手道場には反抗期はありえない、との考えを押し通しています。このような子は通常道場外にほり出されます。
 私は奈良、薬師寺の元管主、高田好胤法話集を聞くのが好きですが、その中で「やさしさ」について述べているところがあります。やさしさとは厳しいことがあって初めてやさしさを感じることが出来る、最近の親はただやさしいだけ、何でも子供の思うままに要求に応ずる、このことは、やさしさではなくただ甘いだけだ、といっておられたのを思い出します。
 学校の先生方には申し訳ないが、体罰が必要な時も多々あります。体罰も含めた厳しさがあり、そこに子供の幸せを願う気持ちがあればいいと思います。空手道は武道です、そこには精神的にも肉体的にも厳しさが絶対に必要と思います。

▲大阪府 交野市青山支部 http://www5e.biglobe.ne.jp/%7Ek-aoyama/
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 12:08 | ◆子育てしよう!

●子育て2● 子供を野放しにするな!

■かまぼこさん

a0068770_11242286.gifあるお店に勤務してます。そこは、いつも家族連れでにぎわうのですが、決まって玩具売り場は、子供でいっぱいです…最近の親ってさあ~子供に何教えてるのかね?子供はさあ、買ってもいない玩具を箱やぶって、中身出して遊んでるし!(金払ってから、箱あけるのが普通だよ!)店の中で飲食しながら歩きまわるし、(飲食物が商品に付いた跡があった!…結局、その商品は廃棄したんだよ!)おまけに、アイスの食べこぼしそのまま放置していくしさあ~(ベロベトして、掃除しても、落ちないし~匂いが残ってしまった!)一人でなんにもできない子供を店の中に放置しないでよ~もう!あとしまつが大変なんだよ!おまけに親まで一緒に店の中で食べ歩き!みっともないからやめてくれ~お店に入ったら、子供と一緒に楽しく買物してね~お願い…きちんと物事の判別つくまで、親はもっと子供にマナーとか行儀作法をきちんと教えて欲しい!今の若い親はその辺ができない人が多いような気がする(`_´メ)もう・・・最低!私達店員の立場では、こんなこと、お客の前ではぜったいに言えない!…あ~すっきりした。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:58 | ◆子育てしよう!

●子育て3● ダイキハハの子育て

■ダイキハハより

※左脳は理屈、計算  右脳は情緒、美しいと思う心
※父に母が守られている安心感があれば親子関係がよりよいものになる
※子供が同じことをしていて、怒られる日と怒られないときがある。母を信じられないと子供は思う。
※子供の「好き」をいっぱい言う。
※愛情イコール関心
※母親が幸せだったら子供は幸せに育つ。
※1~2歳の子供がつめをかじっり、髪をひっぱたりする、頭をぶち続ける。それは自己破壊(自分がきらい)イコール母が悩んでいる。
※感情を言葉で出してあげる。うながしてやる。言葉に出ないと態度が乱暴になる。
※母親がしあわせでなければ子供に愛情をやれない。
※子育てがいやになったら、お母さん目いっぱい遊んでもいいよ。
※母の苦しい生き方が子供の心の無断の侵入になる。
※協力して!と父に言ってはダメ。
※「お父さん一緒に子育てしようね」といってみる。
※「わたしって偉大だ!」っていってみよう。
※父にやってもらったら「ありがとう!うれしい!!」とオーバーにいう。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:55 | ◆子育てしよう!

早起きしよう。

■C. Colton

「50年生きることができる」と確実に言える人はいない。
しかし、望みさえすればどんな人でも
40年間を50年の密度で生きることができる。
早起きをしよう。
一日を完全に獲得するために。
一日を最大限に活用しよう。
自分が何かを得ることが出来る人や、
自分が何かを学ぶことができることが出来る人のためだけに
一日を使うことによって。

早起きをすれば、
同じ長さの年数の中でも
もっと豊かな人生を送ることができるようになる。
それだけでなく、
生きる総年数そのものを長くすることができる。
早起きをすれば、
生きることをさらに楽しむことができる。
それだけでなく、
楽しみの総量そのものを増やすことができる。

a0068770_0375567.gif早起きによって、24時間をフルに活用できるようになります。
それだけでなく、早起きの習慣は、健康な体を作り、我々の寿命を伸ばしてくれます。。。と自分に言い聞かせよう。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:35 | ◆元氣が出る言葉!

●子育て1● 生きているからには

■坂村真民詩集より

生きているからには
しょぼしょぼとした
目なんかせず
生き生きした
魚の目のように
いつも光っていようではないか

生きているからには
くよくよした
泣きごとなんか言わず
春の鳥のように
空に向かって
明るい歌をうたおうではないか

生きているからには
できるだけ世のため人のため
体を使い
あの世へ行った時
後悔しないように
発奮努力しようではないか
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:33 | ◆元氣が出る言葉!

●子育て2● 教育の基本は敬

■むさし先輩より。

いたいけな子供は愛で育つと、今までもっぱら力説されておりました。
しかし「論語」や「孟子」などを読むと、それでは足りない、さらに「敬」が必要だと書いてあります。
子供は愛を要求すると同時に「敬」を欲する。可愛がられたい、愛されたいという本能的要求と同時に、敬する対象を持ちたい、そしてその対象から自分が認められたい、励まされたい、という要求を持っています。
その愛と敬が相まって初めて人格ができていく。
愛の対象を母に求め、敬に対象を父に求めます。
「立派な人はそんなことはしませんよ」と注意すれば、子供の「敬」の心と「顧みる」心は連動しているのだ。そしてそこから自分は「恥ずかしい」と思う気持ちが働きだす。
注意しなければならないのは、恥ずかしいと思う気持ちは尊敬するような人格に触れたときに起きるということだ。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:30 | ◆子育てしよう!

●元氣が● 人生の記念日

■むさし先輩より
※「大人の友達を作ろう」 中谷彰宏

修空館の掲示板はいろいろな人との出会いがあります。
人と出会うことによって、人は成長する。
人間がどれだけ生きたかはかる尺度は、何日生きたか、何年生きたかではない。
どれだけ人間として成長したかです。
人と出会うことによって、1年分成長出来る瞬間がある。
人と出会わないために、1年間成長ゼロの時もある。
1年間ずっと付き合ってくれる人かどうかは関係ない。
今まで考えたこともないようなことを教えてくれた人。
義理も何もないのに助けてくれた人。助けてあげた人。
癒してくれた人。癒してあげた人。
人から癒されることが、自分の救いになるのではない。
人を癒すのが自分の救いになることがあります。
誰かを助けるチャンスに巡り会えたことで、人生の幸せが生まれてくるのです。
人との出会いによって、時間の深さも密度も違ってきます。
誰かと出会う日というのは、すべて人生の「記念日」です。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:25 | ◆元氣が出る言葉!

●元氣が● 青春とは。

■サムエル・ウルマン

青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方を言う。薔薇の面差(おもざ)し、紅(くれない)の唇、しなやかな手足ではなく、たくましい意志、ゆたかな想像力、炎(も)える情熱をさす。青春とは人生の深い泉の清新さを言う。
青春とは臆病さを退ける勇氣、安きにつく氣持ちを振り捨てる冒険心を意味する。時には、二十歳の青年よりも六十歳の人に青春がある。年を重ねただけで人は老いない。理想を失うとき、初めて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。苦悩、恐怖、失望により、氣力は地に這い精神は芥(あくた)になる。
六十歳であろうと十六歳であろうと人の胸には、驚異に曳かれる魅かれる心、おさな児のような未知への探究心、人生への興味の歓喜がある。君にも吾にも見えざる駅逓が心にある。人から神から、美、希望、よろこび、勇氣、力の霊感を受ける限り君は若い。
霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ、非款の氷にとざされるとき、二十歳であろうと人は老いる。頭(こうべ)を高く上げ希望の波をとらえる限り、八十歳であろうと人は青春にして巳(や)む。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:21 | ◆元氣が出る言葉!