excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:◆子育てしよう!( 49 )

●子育て1● ありがとうでだいじょうぶ

■東京、むさし先輩。
米の氣を使った詩を見つけました。読んでみると詩の中身も現在のあごひげ先生の心境みたいに感じてきます。ご参考までに・

平氣だ平氣だ心配するな
なんとかなるよ 大丈夫
心も体も元氣いっぱい
光り輝け 私の使命
今おこっている問題は
なんとかなるんだ だいじょうぶ
あらゆることに ありがとう
頭のてっぺんから 足のつまさきまで
60兆の細胞に
心の底からありがとう
うれしい たのしい おもしろい
よろこびがはじける私の生命
人生全てにありがとう
とびっきりのありがとう
なんとかなるよ だいじょうぶ
安心平氣の充実人生
だいじょうぶさ ありがとう
ありがとうでだいじょうぶ

■むさし先輩より、清水英郎
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 16:22 | ◆子育てしよう!

●子育て1● 練習の次の日に学校を休む・・

■修空館掲示板から

▲練習の次の日に学校を休む・・ 投稿者:ピンポーン 投稿日:2002/10/11
 小学校でこんなことがありました。バスケットを習っている子が練習の次の日学校に「バスケットで疲れているので休みます」、と連絡が入るそうです。私と息子はとても驚きました。それに今までに3,4回も続いています。どう思いますか館長さん?主人は「空手の武道は心身共に鍛えて教えるけど団体スポーツはプレーするだけで心までは教えないものな」と言っておりました。私は館長さんが「親も共に学ぶ」と言っている意味がそこにあると思いました。次の日の朝起きられずに学校を休みたいという気持は誰でも通る道だと思います。そこで親はどうするべきか。それは道場で休み癖をつけないようにするのと同じで学校も休み癖をつけさせないことだと思います。私だったら。ひきずってでも学校につれていきます。館長さんどうでしょうか。

▲返信:あごひげ館長!
 この前、台風のときに11人しか稽古に来てなくてそれで昔の話を子供達にした。昔、道場始めて3年くらい経った頃、大雪が降ったときにその時はたったの3人だった。が、その3人はいずれも途中でやめないで黒帯になったし、チャンピオンにもなったし、大人になっても頑張っているよ、と。私たちが小学生の頃は大雪でも腰の高さよりも積もったし、除雪車とかはないから車も走れなくなっていたので小学校まで一時間くらい掛けて雪をまたぐようにして歩いて学校まで行きましたね。私だけでなくみんな同じ、誰一人休んでいるやつはいなかった。。。
『疲れているので休みます』、と連絡が入る・・・。親も親だが、それって学校の姿勢そのものでもないのかねえ。なんか、校長先生あたりが、しゃきっと、学校を休まないことの大切さを伝えて欲しい。時代は変わり、昔の遊びも知らない世代が親なのだから、もっと強く親にも子にも伝えていくべきではないのかねえ・・・。

▲返信:なにいってるんですか~? 投稿者:こぐまのプーコ
 私は親の方に問題があると思いました。バスケットで疲れたから休みます、なんて言語道断、なに言ってるんですか~?と首を傾げたくなります。私だったらバスケで疲れているのは他の友達も同じ、あなただけではないの、と言って強行手段をとり無理にでも学校に送り出します。それくらいの態度をとらないとね。 いっそのことバスケより空手を習わせたらどうでしょうか?努力の精神が養われますよ!
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 16:09 | ◆子育てしよう!

●子育て2● 小野寺さんの家族

■2002/05/06 東京、むさし先輩より

小野寺さんの家で図々しくも、奥さんのおいしいお料理を頂き、お父さんとゆっくりお話しをさせていただき、東京へ帰って今思うと人生にとって何か大切な事が思い出されます。私の子どもの頃、オヤジは怖かった、お袋はうるさかったけど甘えることが出来た。おじいちゃんはオヤジよりもっともっと怖い存在でした。おばあちゃんは時々注意するけど一番優しかった。しかし一番怖いおじいちゃんにはあまり近づかないけど、おじいちゃんに褒められると神様に褒められているような気持ちになりました。おそらく子ども心におじいちゃんには何でもわかってしまう、見られただけで嘘がばれてしまうというような気持ちがあったのかもしれません。一生懸命人生を生き抜いてきた人生の先輩の顔にはそのようなものが刻み込まれているのでしょう。さらに顔つき、目つきの目が特に変わってくるのではと思います。「きちんと目を見て話しなさい」などと母からいわれたことを思い出します。またお母さんも男性には一歩譲って黙って聞いていてくれて肝心な時にポロッと話をしてくれる。また奥さんの一生懸命に歓迎してくれる心がひしひしと感じました。
都会に長い間生活すると家庭の中でも自分のことは自分で、私の時間は私の時間というようなムードが家庭の中にあり昔々の家庭というものを忘れてしまいます。自分たちはいいのですが、やはり子どもたちの教育の第一歩は家庭からだと思います。日本の文化には大切なものがいっぱいあると思います。親子関係、師弟関係、兄弟関係、上級生下級生関係、近所付き合い、となり組等の環境が学校における勉強だけでなく、えんそく、運動会、お祭り、ガキ大将を中心とした遊びなどを通じ忍耐力のある子どもたちを作っていったのではないかと思います。残念ながら私の周り(東京)にはそのような環境がほとんどありません。小野寺さんの地域にはまだまだ残っていると思いますし、自然があるし、新鮮な空気を吸ってあの素晴らしい道場で体を動かせば、子どもたちの丹田に忍耐力や正義感が刻み込まれ、いつか気がつく年齢にひまわり(お天道様を平気で見ている)のような花が咲くのではと思いました。
本当にいろいろなことで良い勉強が出来ました。また機会を見つけ、今度は都会の仲間と一緒にお伺いしたいと思っております。まずは御礼まで。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 13:37 | ◆子育てしよう!

●子育て● 館長!聞いて聞いて!!!

■2003/3/4 ママ空いのちさんより

 a0068770_13375695.jpg氣!の修空館、さすがに他道場とは違う!と感じました。朝、会場で集まり、人数が多いためか他道場より遅いウォーミングアップになりましたが、館長が登場するまでの間、他道場には目にすることがない黒帯の先輩のリードでの準備体操でしたよ。いつも氣合いを入れてのご指導のおかげで子供達も少しずつ着実に心身共に成長しているなぁと励みにもなりました。一人一人精一杯頑張り日頃の成果を発揮しそして反省点もあることと思います。
 ママ空のみんなが頑張ってる姿を間近にし、自分の番を待っている間心の中で応援していました、ママ空受験増えて良かったなぁと。二度目の審査会ということもあってか朝からずっと緊張!というわけでもなく多くの勇者達を見渡せました。真剣な姿、かっこよかったです。でも自分の最中のことは思い出せないところがあり、やはり緊張していたんですね。自分の反省点は体力不足と感じました、通しで受けると足がかなりつらくなっていました。年をとっても健康でいられるよう体力もつけていきたく思います。
 それから館長!聞いてください!今日学校の参観日だったのですが、二学年は、大きくなったよ!という題材でそれぞれが大きくなってできるようになったことを発表し合う、という参観でした。館長!なんと! 二学年の3人は、空手の形と組手をみんなの前で発表しました。担任の先生が見たかったんだそうです。終わってから他児童から質問を受けていたようで「どうしてそんなに強くなれるんですか?」という質問に代表で○○ちゃんが答えました「先生が厳しいからです」と。私もそう思います。
上に立つ指導者によりどうにでも変われる、教えにより、技だけでなくどうにでも成長するんだなぁとつくづく思います。クラスの児童は 空手の発表を早くみたいと先生をせかしていましたよぉ。ながながと失礼しました。今後とも厳しいご指導よろしくおねがいしまーす。家で指導する立場にある親も同じなんですね、しっかりとしなくちゃ!です。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 12:45 | ◆子育てしよう!

協会仙北地区審査会で。

■2002/11  クリン坊の母より

協会仙北地区審査会お疲れ様でした。
今日の審査会、お疲れ様でした。みなさん、いろいろ感じたと思いますが、館長が挨拶の中で、「親も子供と一緒に何でも習慣づけてしましょう!そこの、スリッパきちんとしてください。」といっているにもかかわらず、近くの親達(他の道場)は、何食わぬ顔をしていて、直そうとしませんでした。なんだか、悲しい気分になってしまいました。何回か、直しにいってましたが、近くの人は手をかしてくれません。子供が騒いでいても、おしゃべりに夢中になっている親、そんなことしちゃだめだよ!と、注意が出来ない親が多かったように思います。もちろん、修空館は別ですが。いつも、館長が口をすっぱくして言っているように、級の上がりより、もっと大事なこと、しつけという部分をこれからも徹底的に指導していただきたいと思います。道場ごとの、(館長提案)最後の掃除の当番制大変いいことですね。継続してやっていただきたいと思います。館長、これからも、宜しくお願い致します。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 12:39 | ◆子育てしよう!

●子育て1● げんこつ問題・・。

■大阪の武田先生より

 a0068770_8574953.jpg館長、色々な問題がありますねー。我々の道場のげんこつ「道場内体罰」の実態をここで言いますと、軽蔑されるかもわかりませんが、私の指導力不足はさておいて、あえて述べてみたいと思います。私の道場ではげんこつ、足払い、尻たたき、道場内引き回し、道場外放り出し等、あたり前のようにやっています。先ず注意します、再度注意をし、無視しほっとく訳にはいかんなー、と思った時、子供達はげんこつをもらいます。但しげんこつは「こぶ」は出来ないけれど、痛さがしみる程度、いずれも怪我をしない程度に、しかし自分か悪かったと反省できる痛さを感じることが前提になります。(ただ人間の出来ていない私は時々感情的に怒ることがあり反省する事も度々です)
 我々の道場は小学校の体育館を使用させて頂いており、保護者の見学は自由です。練習始からずっとおられる人もいるし練習後半では30人ぐらいの人が見られております。私は保護者がいようがいまいが差別しませんので、両親の見ている前でげんこつを入れられ、大きな声で叱られる事も多々あります。悪い事は悪いのです。お蔭さんで私は道場開設以来一度も保護者から苦情を言われた事はありませんので、保護者からある程度認めてもらってると感じています。
 最近新しく入会した子供の中に、注意をすると反抗的な態度をとる子がいます、私を睨みつけます、多分親にとる態度も同様であると思います。このような子供は絶対に許しません、空手道場には反抗期はありえない、との考えを押し通しています。このような子は通常道場外にほり出されます。
 私は奈良、薬師寺の元管主、高田好胤法話集を聞くのが好きですが、その中で「やさしさ」について述べているところがあります。やさしさとは厳しいことがあって初めてやさしさを感じることが出来る、最近の親はただやさしいだけ、何でも子供の思うままに要求に応ずる、このことは、やさしさではなくただ甘いだけだ、といっておられたのを思い出します。
 学校の先生方には申し訳ないが、体罰が必要な時も多々あります。体罰も含めた厳しさがあり、そこに子供の幸せを願う気持ちがあればいいと思います。空手道は武道です、そこには精神的にも肉体的にも厳しさが絶対に必要と思います。

▲大阪府 交野市青山支部 http://www5e.biglobe.ne.jp/%7Ek-aoyama/
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 12:08 | ◆子育てしよう!

●子育て2● 子供を野放しにするな!

■かまぼこさん

a0068770_11242286.gifあるお店に勤務してます。そこは、いつも家族連れでにぎわうのですが、決まって玩具売り場は、子供でいっぱいです…最近の親ってさあ~子供に何教えてるのかね?子供はさあ、買ってもいない玩具を箱やぶって、中身出して遊んでるし!(金払ってから、箱あけるのが普通だよ!)店の中で飲食しながら歩きまわるし、(飲食物が商品に付いた跡があった!…結局、その商品は廃棄したんだよ!)おまけに、アイスの食べこぼしそのまま放置していくしさあ~(ベロベトして、掃除しても、落ちないし~匂いが残ってしまった!)一人でなんにもできない子供を店の中に放置しないでよ~もう!あとしまつが大変なんだよ!おまけに親まで一緒に店の中で食べ歩き!みっともないからやめてくれ~お店に入ったら、子供と一緒に楽しく買物してね~お願い…きちんと物事の判別つくまで、親はもっと子供にマナーとか行儀作法をきちんと教えて欲しい!今の若い親はその辺ができない人が多いような気がする(`_´メ)もう・・・最低!私達店員の立場では、こんなこと、お客の前ではぜったいに言えない!…あ~すっきりした。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:58 | ◆子育てしよう!

●子育て3● ダイキハハの子育て

■ダイキハハより

※左脳は理屈、計算  右脳は情緒、美しいと思う心
※父に母が守られている安心感があれば親子関係がよりよいものになる
※子供が同じことをしていて、怒られる日と怒られないときがある。母を信じられないと子供は思う。
※子供の「好き」をいっぱい言う。
※愛情イコール関心
※母親が幸せだったら子供は幸せに育つ。
※1~2歳の子供がつめをかじっり、髪をひっぱたりする、頭をぶち続ける。それは自己破壊(自分がきらい)イコール母が悩んでいる。
※感情を言葉で出してあげる。うながしてやる。言葉に出ないと態度が乱暴になる。
※母親がしあわせでなければ子供に愛情をやれない。
※子育てがいやになったら、お母さん目いっぱい遊んでもいいよ。
※母の苦しい生き方が子供の心の無断の侵入になる。
※協力して!と父に言ってはダメ。
※「お父さん一緒に子育てしようね」といってみる。
※「わたしって偉大だ!」っていってみよう。
※父にやってもらったら「ありがとう!うれしい!!」とオーバーにいう。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:55 | ◆子育てしよう!

●子育て2● 教育の基本は敬

■むさし先輩より。

いたいけな子供は愛で育つと、今までもっぱら力説されておりました。
しかし「論語」や「孟子」などを読むと、それでは足りない、さらに「敬」が必要だと書いてあります。
子供は愛を要求すると同時に「敬」を欲する。可愛がられたい、愛されたいという本能的要求と同時に、敬する対象を持ちたい、そしてその対象から自分が認められたい、励まされたい、という要求を持っています。
その愛と敬が相まって初めて人格ができていく。
愛の対象を母に求め、敬に対象を父に求めます。
「立派な人はそんなことはしませんよ」と注意すれば、子供の「敬」の心と「顧みる」心は連動しているのだ。そしてそこから自分は「恥ずかしい」と思う気持ちが働きだす。
注意しなければならないのは、恥ずかしいと思う気持ちは尊敬するような人格に触れたときに起きるということだ。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 11:30 | ◆子育てしよう!