excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


特別審査会

■高橋 愁

すいません…感想遅くなりました。まだ字が書けませんので会話したのを伝えます。今日頑張ったねと言ったら、
『一回だけ怒られだ…あどピンクになって良かったぁ!』
との事でした…。
▲母の感想)
お疲れ様でした。親も子供も勉強になった一日でした。はな帯と初めての賞状を家族に見せている姿を見てこれからも頑張って続けてほしいと思いました。
a0068770_14493758.jpg
■梶原母子

▲梶原大輔より∞
きょう、からてやってつかれました。
▲梶原陽子より∞
午前の練習で、もうへとへとで、どうしようと思いましたが、1つ1つ丁寧に指導していただいた事が、午後になんとなく動きに出せたような気がしました。初めてだったので、声だけは大きく出せるように、と思ってやりました。終わってから体がガクガクふるえてしまいました。ものすごい経験をしたとゆう感じです。ありがとうございました!

■東松島 後藤

▲1年 悠希
>ひきてをちょとだけさげる。きあいをいれる。ひとをみないでやる。ひがしまつしま ごとうゆうき
▲母の感想
審査日が近付くにつれ、練習後はご飯も食べずに爆睡していた悠希。憧れの花帯目指して頑張っていました。今日はなんとも言えぬ独特の凛とした緊張感のなか、どの子の小さい背中も強く逞しく見えました。私も肩が凝るほど緊張しましたが、子供たちはそれ以上の気力で、挑んだことでしょう!審査の先生方、お世話頂いたお母様方、子供達、またいつも厳しくも暖かい館長、ありがとうございます。
子供たちの姿を通し、私も日々家事育児仕事を時間に追われこなしているだけでしたが、何にしても「一生懸命」という心構えがいつしか薄れてしまっていた様に思えます。一つでも「一生懸命」がある日々、私もとりいれていきます。
>午前の練習では、初めて1中武道館以外にいき、とまどい私から離れられなかった悠希。知らない場所、知らない子たちのなか、不安な表情でした。私の励ましも心に届かず、一歩が踏み出せずにいました。そんな悠希を、四年生のあすかちゃんとりのちゃんが手を引き、声を掛けてくれました。それをきっかけに自然と輪に入れたようです。
いつもお世話ありがとうございます。先輩の声の何と心強い事でしょう!きっと大人の知らない所で、みんなが誰かの支えにとなっていて、それが自然に行われているのだと思います。素晴らしい絆ですね!
>館長がいつも「井の中の蛙」とメールに記載しますが、実感致しました。こんなにすごい事を見ました!大収穫です!
>ありがとうございました。

■桃生 今野さん
▲沙耶反省
>うんそくが遅いのでもっと速くできるように頑張りたいです。基本のとき習ってないことを言われ焦りました。稽古不足と勉強不足だったと思うと涙がでました。これから頑張って2月には昇段審査を受けられるようになりたいです。
▲母の感想
>今日はお世話様でした。
驚いたこと
その1、館長はほとんどの子の名前と顔が一致していると言うこと。○○道場ダレソレ!近頃の私は顔は分かるけど名前が出てこない…というのに館長はすごいです!
その2、河北カルチャーの子達上手ですね!ビックリしました。もちろん他の道場の子達もまだ習って数ヵ月しか経っていないのにみんな頑張ってやってましたね。
其の3、進行がとてもスムーズで時間通り終了したこと。
審査くださった先生方、お世話くださったご父兄のみんなさんのおかげです。
>母の決意…娘、息子とも泣いているうちは空手は絶対辞めさせない!強制的でも!(≧ε≦)これからもよろしくお願いします。

■鹿又 伊藤
▲小1 広樹
>きいろおびになれてよかったです。でもれんしゆうのときみたいにできませんでした。つぎはもっとがんばってむらさきおびになりたいです。
▲広樹父
>9級をもらった前の審査会と比べると気合いとやる気を感じました声もでていたと思います。今回黄色帯をもらったことで上にあがりたいという欲もでてきたようです。今後ともよろしくお願いしますあと、啓太なんですが次回2月の受審となるのでしょうか?

■小さい子教室 井手段
▲母
今日の審査会お疲れ様でした。館長はじめ、先生方、スタッフの方ありがとうございました。ママ空をはじめて以来、いつも稽古の時はみんなの後ろでみきとくんと遊べるのをいつも楽しみにして、泣いたり騒いだりしていていた息子がどうにかこうにか審査をうけることが出来、嬉しく思い、また成長を感じます。稽古の時はよく泣いていて館長に「泣くと女になるんだぞ~」と言われていましたが、家に帰ってから、「本当は泣きたくないんだけど心は館長に怒られると涙が勝手に出てきて止まらなくなるんだよー」と言っていました。また、今まで先輩方にお世話されるばかりだった咲が今日は弟や自分より小さい子のお世話係りと言うことで(お役に立てたかわかりませんが)緊張していたようです。これからもどうぞよろしくお願いします!
▲年中 心
引き手をちゃんとするのとうでをちゃんとのばすのをいわれた。あと声もおおきくするのをいわれた。たいきょくしょだんまちがわなかったよ。はなおびもらってうれしい。

■弘氣会田村
▲6年 早輝
>☆次のしけんに向けて、こしを低くするのを直して、黒帯めざしてがんばりたいです。
▲3年 光識
>☆もっとがんばって、黒おびになりたいです。次のしけんにむけて、おけいこをがんばりたいです。
▲母
>☆一人がすべてしょい込むのではなく、役割分担を上手くされているなぁと思いました。出来る事を率先して行っている。ほとんどの方が初対面でしたが挨拶を交わしたりすることが出来、今後も交流を深めたいです。また、我が子供達は楽しかったの連発です。ありがとうございました。

■東松島 岡田さん
▲3年隆斗
>引き手が前に出ないように気をつける。
>今日はちょっと下をむいてしまったから、これからは、正面を見て、いっしょうけんめいやる。
>気合いがいいと言われたから、これからも、気合いを入れてがんばります。
>

■仙台(富谷)山田さん
>今日は大変お世話になりました。
親も子も学びそして、厳しさの中に楽しみを覚えた1日となり大変勉強になりました。
▲6年【山田琢磨】
今日の審査で、僕は色々なことを学んだ。
たとえば、僕の悪いところを言ってもらて、その悪いところを修正して、いくということなどです。そして、僕は今日学んだことをそして悪いところを言ってもらったことを、次の大会にしんけんに、いかして行こうと思いました。

■桃生 佐々木さん
▲1年【歩夢】
あしおもっとあげるのと こえおだすことおいわれた!あしたからがんばります!

▲【歩夢母・幸子】
本道場に着いてから『やりたくない病』が発症してしまいましたが、何とか最後までやり通し、結果はな帯を頂くことが出来ました。帰宅途中『火曜日は道着着ていこうね』の言葉に今後の成長に期待が持てました。子供共に達成感溢れる一日となりました。

■雄勝道場 阿部さん
▲あべ千早
ぼくのわるいところは、きあいとひきてです。かんそうは、すこしかり六きゅうだったので、くやしかっです。こんどに、がんばります。

■東松島 石川さん
▲母
>今日は本当にお疲れ様でした。最後まで緊張しました。こんなに頑張って練習したのは初めてでした。すごくいい経験をしたと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
▲1年けいすけ
>…ぼくは、もっとまいあしをまげたい。いろいろうまくなりたい。たいきょくしょだんをうまくやりたい。いしかわ けいすけ…

■東松島 渥美さん

▲年長 はると
>しゅぎょうあんまりやらなかたじょうずにできませんでした
▲母
>感想遅くなりましたすみません
>昨日は大変お世話になりましたありがとうございます。ビンク帯をいただき朝からながめてはうれしいようです。昨日の事を忘れずに空手教室に通ってほしいです黒帯の先輩方ちいさい子の面倒をよくみてくれいつかあんなふうになってくれたらなぁと思います。

■今野道場 佐藤さん
▲年長 さくら
佐藤さくらまだ文章が書けないので聞いた時の言葉です「今日はね~気合いがちいさかったあとね~本物ぴんくになったよ」との事です

▲さくら母
館長先生方スタッフのお母様方本当にご苦労様でした。子供達の一生懸命な姿やはり良いものですね。

■小さい子教室 五野井
感想遅れてしまい申し訳ありません
昨日は親子共々お世話になり ありがとうございました。…すべてが初めてのことで 子供より私の方が緊張してしまいました。子供達全員が懸命になって稽古する姿を拝見し、なにかふだんの自分が恥ずかしくなってしまうような気持ちになりました。言葉にならないものが伝わってきました。初めての昇級のこの感動…初心を忘れることなく…今後も継続していってほしいと思います

▲年長 ごのい つかさ
こえをもっとおおきくだす。くろおびになっても一生やめません。いっしょうけんめいがんばります。
▲小2 五野井 耀
ぼくは黒おびになってもがんばります。多きい人にやられないようにするためです。あとじぶんのみをまもるためです。
[PR]
by kancho39 | 2006-09-25 10:07 | 審査・審判・大会
<< 遊びの寺子屋 運動会 熊谷先生より >>