excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●子育て● 子守りと子育て

■一期一会 (あごひげ代行書き込み)
a0068770_8242852.jpg
最近、子守りをしていれば子育てをしていると勘違いしている親御さんがふえてきているように感じることが多いですね。簡単に言ってしまえば子守りはただ安全に過ごすこと。子育ては安全はもちろんの事、人としての人格形成や能力形成にも責任をもたなくてはなりません。子育てには責任が伴います。この境が曖昧になっているように思います。
「親」という字は、「木の上に立って見る」と書きます。木の上に立つことで遠くが見えてきます。子供には未来が読めません。未来を読める親が子育てするわけですから、今みえていることだけでなく、先のことをしっかり見て子育てするのが親の役目である。先の見える親が、しっかり未来を考えてあげ、生きる意味の据え方を教えなくてはいけない。私はそう考えています。そう言った意味でも、子育てにも真剣に取り組んでいる修空館の姿勢はこれからもほかの道場運営のこれからを考える上で大きな指標になるものと思います。
もういつの事だったか忘れましたが、大リーガーの松井秀樹選手のお父さんが「大リーガーでの活躍は、才能があったからなんでしょうね」とのインタビューに答え、「秀樹の才能は努力できることです」と答えていました。いい言葉ですね。努力は、いくらでもできます。やるかやらないかは自分しだいですからね。道場では、子供たちの生きる力、輝く力を引き出してやってほしいと願っています。
[PR]
by kancho39 | 2006-09-04 08:22 | ◆子育てしよう!
<< 県スポ少大会報告 18.9.10 東北大会の感想 >>