excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●吼える● 親たちへの注意事項! 

あごひげ館長 投稿日:2006/06/23

注意事項!=新人、審査、団体
a0068770_17275665.gif
■新しい人
特に東松島、河北カルチャー石巻には一度に新しい子が、それぞれ20人以上も入りました。活氣がありますね。この中から花帯が出ていっそう子供たち同志がお互いに刺激となり頑張ってくれることを願っています。稽古は、審査会が近づくにつれて指導者も熱を入れて檄を飛ばし、怒鳴り声もあるでしょう。が、長い目でのヒトコマであることを念頭において、ああいうこともこういうこともみ~んないい経験!と捉えること、そういう話を親のほうから子供にできるようにしてくださいね。みんな子育ては初めてなのです。何十年ぶりかで子育てをしているという人はいないと思います。みんな初めてですから、子供の右往左往・・に親まで振り回されてシドロモドロ・・となることのないようにどっしり悠然と長期戦の構えでお願いいたします。

▲受験の可否
最初の色帯は花帯です。私が発案し始めた色帯なので、世界でここだけの帯かも知れません。今度の昇級審査会では、30本は不足するであろうと想像し、今準備中です。尚、こちらでいくら頑張っても(あるいは親のほうでカリカリしても・・)子供本人に中々集中力が付かなく稽古についていけない子、これは次回にさせてください。焦ることはありません。他の子と比べるから親の要らざる自尊心、見栄・・でストレスになってしまうのです。もっと自然体に、親は氣構えをしっかり作るべし!親の背中は大きな鏡なのです。

▲自立って?
新しいお母さん、子育ては、子供たちの自立を導くことが先決であり、そのためには親もまた子離れ?というのかな、進めてみてください。いつまでも子供とずーっとベッタリ・・という親子がたまにいますが、何かある都度我が子を異常な目で追い、大人としての自分を忘れてしまっているようです。人生は積み重ねの上にしか成り立ちませんから子育てが終わる頃に氣付いてももう遅いのですよね。親もまた、子育て渦中の今こそ正しい学びを求めつつ、『教育空手』を推し進めるNPO日本教育空手協会の道場において成長できるよう努力しましょう。。。

■段、級への思い
子供たちは色帯の取得に目を輝かせて頑張っています。小休止になると、どういう訳か色別に遊ぶのが多いようで、例えば黒帯集団の中に茶帯が入っていくこともなかなか子供ながらに出来にくいのでしょう。色帯となり、さらに徐々に色が濃くなって茶帯を迎えます。黒帯の一歩手前では、うんと苦労して黒帯を取得したものほど黒帯としてのよろこびがあり、風格が備わり、地に足が着いて先輩となり、小さい子の世話も含めて一氣に人間形成の向上さえ見え隠れする瞬間でもあります。

▲親に厳重注意!
時々ありますが、あっちの子は何級でうちの子は何級になったとか、いくつ上がったとか、、、子供が言うならまだしも親同志で話をしていたりします(大会の後のメダルでもそう)。見栄っ張り体質と言うか成長していない親ほど、自慢に走ったりしやすいです。親子でそういう話をするというのも空手道の目的目標、本質を忘れた行為です。そういう親体質は道場全体の和を乱す一因にしかなりませんから、はっきり注意しておきます。

■団体戦メンバー
8/5 全日本少年武道錬成大会(8チーム出場)  日本武道館
8/19~20 全国中学生大会(団体2チーム出場)  京都

▲この二つの大会は、団体戦、一チーム3人であり、誰かが抜けると補充ができませんので他の2人は宙に浮いてしまいます。さらに、予算関係も大幅に修正をしたり、日程、世話人、準備体制まで練り直し、会合まで余分に開かねばならないこととなり、他に大変な迷惑を掛けてしまうことは、社会人であればみんな分かるはずです。子供の管理をよろしくお願いいたします。

▲当日、試合に出れるかどうかは・・、指導者にも(稽古の成果を求める)夢がありますから、うちの子は試合に出れなかったとか・・、そういうイヤミはあとでは絶対に言わないでくださいね。大人氣ない、つまり親が(自尊心が災いして)成長していないということです。
子供が団体戦メンバー入りめざして、心の葛藤をいくつも乗り越えて当日を迎えるのですから、子供たちは大きく成長しているのです。もしもそういう話が聞こえてきたならば親自身が恥ずかしい状態である、ということを最初に言っておきます。

▲小澤先生
7/27~29 に、神奈川の小澤師範が団体戦強化に来てくれます。この3日間は日中のみ稽古予定!
[PR]
by kancho39 | 2006-06-23 17:28 | ◆あごひげ吼える!
<< ●吼える● 初段~弐段 亀田の親父・・メンチ切り大会?! >>