excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●吼える●鳥さんのように

■東洋の知恵
 社会生活の変化によって最近の人たちはおおらかな氣持ちを失っています。いつもイライラピリピリして生活している人が多いようです。喜怒哀楽などの感情を激発させることは「氣」という側面から見てもいいことではありません。「氣」はゆったりとおおらかな気持ちでいた方が活発に働いてくれるのです。「氣」が働くことによって血液循環も良くなり神経系やホルモンの働きも良くなります。その結果、新陳代謝も高まり、心身が調整されていくのです。
a0068770_761110.jpg いつも精神的に安定していない状態でいたのでは「氣」は十分に働かず心身の状態も良くなりません。確かに日常の生活には心を乱す出来事がたくさんあります。しかしそうした事にいちいち反応したのではきりがありません。最近の人は我慢の限界がひと昔前の人より低くなっているそうです。つまりすぐ切れてしまうのです。この傾向は年々高まっているようですから、わたしたちはまず耐えることを学ばなければいけないのですかね。ただ我慢しろと言ってもなかなか難しいことです。
 そこでお薦めするのは、以前にもご紹介したことのある客観的観照という方法です。目の前の出来事にすぐ過敏に反応してしまうというのは、人
がそれにあまりにも入り込んでしまうからです。つまり主観的でありすぎるためです。客観的観照というものの見方は空高く飛んでいる鳥が、はるか下の地上を眺めているように、自分や自分の周囲で起きていることを客観的に見ることです。何かトラブルが発生したら醒めている自分を天井位のところにおいて、怒って切れそうな自分や困っている自分を第三者的なところから眺めてみるのです。サイレントボスとも言うらしいのですが、こうして離れた所から観察するようなくせをつけると、かなり楽になるものです。目先のことに巻き込まれてしまうと、溺れかかった人のようにパニックに陥って冷静な判断力が失われます。そのため後で考えたら「何であんな馬鹿なことを」と思うような軽率な失敗をしてしまったりするのです。
 物事を客観的に捉え冷静に処理することができれば、だれでも今よりおおらかな氣持ちで生活できます。せっかくこの世に生まれてきたのですから、イライラピリピリして生活するより明るく楽しく過ごしていくほうがずっといいと思います。
[PR]
by kancho39 | 2006-06-08 07:06 | ◆あごひげ吼える!
<< 第十五回 遊びの寺子屋 感想 発表会お疲れ様でした。 >>