excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●武道と4● 現代の武道

■術と道-3  現代の武道
稲葉稔(弓道の先生)

 現代の武術は、昔の武士が実践の具として武術を鍛錬したのとは異なってきていて、より人格形成に重きがおかれている。
しかし、これによって生死を決することはなくなった時代にあるにせよ、その術技が生死勝敗を決する中で生まれて、今も実戦力を秘めていることに変わりはない。
その緊張感をもって鍛錬すれば、戦いの技と理を知り、生死を超越する気概を養うことはできると信ずる。
ここに現代社会においても武術を練磨する最も大きな意味があると思う(現代の各種の「武道」は、道の語が使われているが精神の探求を失ってしまった状態では、変質した”体育スポーツ化した武術 ”というべきかもしれない)。
 もちろん日常的に社会一般に見られる暴力沙汰は、昔とそう変わらず、武術はそのまま今の護身術としても役立つという面もある。
さらには形にあらわれず、目に見えにくい現代の高度に発達した戦いであっても、究極的には、肉体を持つ人間の意志と意志との戦いであり、敵を知り己を知りながら敵の戦力を砕き、戦意を挫くという基本原理は変わらないから、目に見えない、音に聞こえない、いわば形のない戦いの具体的基礎感覚が得られる武術の役割は、今日なお大きなものがあるといえる。
 しかも、あらたなる攻撃が生まれてあらたなる対応が求められる場合にせよ、その基礎をなすのは現在ある武術戦法である。
時代を超越した武術的天才といえども、その創造はそれまでの既成の武術の修練の中から生まれてくることは、武術の歴史を見ても明らかであろう。
[PR]
by kancho39 | 2006-05-21 16:50 | ◆武道と空手
<< ●武道と3● 術と道 ●武道と6● 真の武道の回復 >>