excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●武道と● 「義をみてせざるは勇なきなり」

■東京、むさし先輩より

毎年、野武士の集団に襲われ困り果てた村の百姓達が、仕官の口を探している浪人達であふれている宿場へ、腹一杯の飯を報酬として浪人探しに出かける。浪人達が武術を鍛えたのは戦いに出て手柄を立てるためであり、百姓の味方をするためではなかった。百姓達の窮状はわかるが、どう考えても間尺に合わない。
あるサムライの顔が引き締まり、コメの飯が盛られた飯椀をじっとみつめ「よし、わかった。このメシ、おろそかに食わんぞ」と決心する。

このときのサムライの心を動かしたものは何か。「義を見てせざるは勇なきなり」の精神である。その戦いで仕官や特別な報酬がなくとも、義あれば命がけで助ける。そこには打算も損得もなく、あるのは弱きを助け強きをくじく、といった「義」の心のみであった。そして、このときの「義」をふるいたたせるもう一つの徳が「勇」である。

「義をみてせざるは勇なきなり」を実行するとなるとなんと難しいことか!
現代社会において、最も消滅したのは、この「勇」である。
子供たちの“いじめ”も、組織における不正や不祥事にしても、誰もが自らの保身を考え、言わねばならないこともいえず、“長いものにはまかれろ”という方便を利用してごまかしている。それを真正面から戦おうとする勇気がなくなっているからである。
世に悪がはこびるのはこのためである。そのために武士は、「義」を遂行するための精神修行と同時に、一方において武術を鍛え、それによってさらなる勇気と胆力を積むことを要求されたのだ。武士の教育が「文武両道」といわれるのはこのためである。

「7人のサムライ」より

■あごひげ
いいですね。私の場合はどうしても空手に当てはめて考えます。そう言えば仙台のG先輩はこんな感じかなあって思い出します。先輩は、一所懸命に稽古に来る人、たとえ数人しか来なくとも一所懸命にその人のためにと教えてくれる先輩だったなあと。私の場合はやはり人数をしつかり確保してできれば採算も取れるようにしたいって考えるけどG先輩はどこまでも男義の部分で動く人。。修空館道場の新築をしたとき構造設計をお願いした。で、いくらですかと言うと、紙代しか掛かってねえから要らない!とお金を取ってくれない。大きい道場だから金額も本当は高いだろうに・・、ということでJKA仙北大会の審判に来たときに無理無理(たったの)10万円を、別の先輩に手伝ってもらい渡した。。そのG先輩、小野寺の道場は俺が立てたんだー、って他人に自慢してくれているようだ。いいなーG先輩。義を見てせざるは勇なきなり。

※むさし先輩、ちょっと違うかも知れませんが私も義を見て動きたいと思いました。ありがとうございました。
[PR]
by kancho39 | 2006-04-28 23:49 | ◆武道と空手
<< ●子育て● ■新しい人たちへ HP掲示板のお詫び!荒らしの件ほか >>