excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●氣と空手● 股関節を柔らかくする方法

■神奈川県友人 杉山先生(鍼灸師)  03/09/22

これはストレッチを常に行うというのが遠回りのようで近道だと私は思います。
肩関節と股関節は同じ臼関節です。ちょうど窪み(肩なら肩甲骨、股関節なら骨盤)にボール(上腕骨頭と大腿骨頭)がはまっているのですが、実は両者はちょっとした違いが。肩関節はよく脱臼しやすいですが、それはボールがはまる窪みが浅いからなんです。股関節の方は肩に比べると窪みがボールを覆う面積が大きいんです。また動きでも違いがあるのですが、肩関節の方は例えば腕を横から耳の横に付けるように動かすとしたら、ボールは窪みの中を滑って転がりながらある高さに腕が上がった時点で窪みの斜め下あたりにカクッとはまり込むような動きをするのです。

a0068770_8302120.jpgまずここで私が言いたかったのは、肩関節のような動きの自由さを股関節に求めるのはまず前提として考えに入れないほうが良いということです。また大腿骨頭には大腿骨頭靭帯などがしっかりと大腿骨を骨盤の窪みにホールドしようと頑張ってくれています。さて構造的な部分はさておきまして、どのようにしたら股関節がやわらかくなるか。関節の硬さは基本的にその関節の周りの筋肉の硬さが影響していますので、関節をやわらかくしたいとなるとその周りの筋肉をやわらかくすることを主眼としなければならないと思います。
 そこでその筋肉ですが、まずは
①腿の前にある大腿四頭筋、そして腰骨から腿の前を通って膝の内側に付く
②縫工筋、骨盤のお尻側(板の間に座るとゴリゴリ当たる骨がありますよね、そこです)から膝の左右に走る
③ハムストリングス群、そして恥骨から膝の内側の方に走る
④内転筋、最後に腰骨の横辺りからひざの外側に付く
⑤大腿筋膜張筋と腸脛靭帯をストレッチしましょう。

①と②と③は同時にストレッチです。足を前後に大きく開き、前に出した足は膝を90度よりも大きな角度にしておき後に出した足は出来るだけ伸ばしておきます(このとき後に出した足の膝は下についてもかまいません)。
そしたら体を前に倒しながら前に出した膝よりも内側に両手を着きます。そのまま左右に重心を傾けると、前に出した足ではハムストリングス群が、後に出した足では①と②の筋肉がストレッチされます。④は言わずと知れた開脚ストレッチですね。さて⑤ですがこれはまず足をクロスして立ちますがこのとき両足の間隔はちょっと広めにしてください。そして上体は前に垂らします。
次に例えば右足を後にクロスした場合腰を右後ろに倒すようにします(左足を後にした場合は腰を左後ろに倒します)。こうすると⑤の筋肉が伸びているのが分かると思います。こういったストレッチを暇さえあれば(テレビ見ながらなど)やっていると、股関節はやわらかくなりますよ。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-27 08:31 | ◆氣と空手
<< ●極めの● 動きの早い相手との組手 ●子育て1● 親の子育て十ヶ条 >>