excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●氣と空手1● 丹田(エンジン)

■あごひげ

 a0068770_1559359.jpgまず氣合いって何かな、いつどんなときに使うのかなって考えてみたい。氣合いとは声に出すことですが、氣を込める状態で物事を進めようとする場合もありますね。これは氣を内に秘めた氣で打つ状態、かなあと思います。そもそも氣とはなんでしょう。氣とはこの世のあらゆるものを成す微粒子であり、常に生成、成長、変化、発展を遂げている根源的なものです。誰かが『タメを作るな』と言いました。また、『タメはいらない』とも言いました。。でもちょっと言葉のすれ違いかも知れませんが私の解釈は異なります。臍下丹田に溜め込むのではなく、エネルギーの源となる箇所としての氣の集まるところ・・エンジンをしっかり押さえておくということだと思います。けっして居つきではありません。 生成、変化、発展・・ですから、生き物であれば特にそこに基本的に元々あるもので、元々あるものをどう活用していくかだと思います。氣を放出する・・ これは出っ放しではないです。また出たらなくなるものでもありません。
 a0068770_16114100.gif 出ながら入ってくるのが臍下丹田の氣であり、私たちは空手の鍛錬のなかでそういう修業をしています。ヨガではチャクラという場所があります。代表的な場所としては(丹田名で言うと)上丹田、中丹田、 そして臍下の下丹田です。氣功ではこれら氣を巡らすことを小周天、大周天運行などと言い、身体全体にエネルギーを運ぶ功法があります。
[PR]
by kancho39 | 2005-12-04 08:42 | ◆氣と空手
<< ●JEK&● 流派は? ●氣と空手2● 氣と発声(氣合い) >>