excitemusic

あごひげ館長の飛び蹴り!       コメント自由に書き込めますよ!     右下 Commentsから どうぞ!
by kancho39
ICELANDia
カテゴリ
全体
◆JEK&総本部
◆子育てしよう!
◆武道と空手
◆氣と空手
◆極めの空手
◆あごひげ吼える!
◆元氣が出る言葉!
◆日程&報告
JEK&
みんなの笑劇場(日記)
極めの
武道と
子育て
氣と
OB・母・ママ空
寺子屋・護身術
みんなの笑劇場(日記)
審査・審判・大会
武道と
総本部修空館道場
氣と
掲示板書き込み
各種大会の報告
今後の日程
未分類
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


●子育て2● 小野寺さんの家族

■2002/05/06 東京、むさし先輩より

小野寺さんの家で図々しくも、奥さんのおいしいお料理を頂き、お父さんとゆっくりお話しをさせていただき、東京へ帰って今思うと人生にとって何か大切な事が思い出されます。私の子どもの頃、オヤジは怖かった、お袋はうるさかったけど甘えることが出来た。おじいちゃんはオヤジよりもっともっと怖い存在でした。おばあちゃんは時々注意するけど一番優しかった。しかし一番怖いおじいちゃんにはあまり近づかないけど、おじいちゃんに褒められると神様に褒められているような気持ちになりました。おそらく子ども心におじいちゃんには何でもわかってしまう、見られただけで嘘がばれてしまうというような気持ちがあったのかもしれません。一生懸命人生を生き抜いてきた人生の先輩の顔にはそのようなものが刻み込まれているのでしょう。さらに顔つき、目つきの目が特に変わってくるのではと思います。「きちんと目を見て話しなさい」などと母からいわれたことを思い出します。またお母さんも男性には一歩譲って黙って聞いていてくれて肝心な時にポロッと話をしてくれる。また奥さんの一生懸命に歓迎してくれる心がひしひしと感じました。
都会に長い間生活すると家庭の中でも自分のことは自分で、私の時間は私の時間というようなムードが家庭の中にあり昔々の家庭というものを忘れてしまいます。自分たちはいいのですが、やはり子どもたちの教育の第一歩は家庭からだと思います。日本の文化には大切なものがいっぱいあると思います。親子関係、師弟関係、兄弟関係、上級生下級生関係、近所付き合い、となり組等の環境が学校における勉強だけでなく、えんそく、運動会、お祭り、ガキ大将を中心とした遊びなどを通じ忍耐力のある子どもたちを作っていったのではないかと思います。残念ながら私の周り(東京)にはそのような環境がほとんどありません。小野寺さんの地域にはまだまだ残っていると思いますし、自然があるし、新鮮な空気を吸ってあの素晴らしい道場で体を動かせば、子どもたちの丹田に忍耐力や正義感が刻み込まれ、いつか気がつく年齢にひまわり(お天道様を平気で見ている)のような花が咲くのではと思いました。
本当にいろいろなことで良い勉強が出来ました。また機会を見つけ、今度は都会の仲間と一緒にお伺いしたいと思っております。まずは御礼まで。
[PR]
by kancho39 | 2005-11-29 13:37 | ◆子育てしよう!
<< ●子育て1● 練習の次の日に学... ●氣と空手● 氣とは何か。 >>